かんながら

阿部敏郎の公式ブログです。

2008年08月

日本全国どこに行っても、その土地の人情があって、みんな一生懸命に生きていて、やっぱりこうして旅するのもいいなって、それが素直な感想です。 実は講演会自体はどこを切り口にしたらいいか少し迷いました。 というのも、このブログに共鳴して来てくれた人と、精 ... 続きを読む
日本全国どこに行っても、その土地の人情があって、みんな一生懸命に生きていて、やっぱりこうして旅するのもいいなって、それが素直な感想です。


実は講演会自体はどこを切り口にしたらいいか少し迷いました。

というのも、このブログに共鳴して来てくれた人と、精神世界的な話が初めてな人とでは、話の入り口は違うわけで、その戸惑いが出ちゃった。

みなさんが書いてくれた感想は、おおまか好評でしたが、僕としては学びの多い一日でした。

学びが多いというのは収穫が多いということで、これを契機にさらに高いレベルを目指したいと思います。


自分では自分のことを、類まれな怠け者と思っていますが、こうして見ると、けっこう上昇志向で、なかなか見所があるやつだなと、そんな自分を再発見しています。


「もっとできるはずだ」と感じる「もっと」は可能性なわけで、いまに満足するのも大切だけど、いまに満足しないのも大切だって、やっぱり何事も両面あるなと思うわけです。




そんなこんなの僕は、今日は奥さん孝行で、加賀の温泉に行ってきます。





みなさんもいい日曜日をお過ごしください。






押せばあなたもアベファミリー ポチッ、ポチッ

   


このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は金沢まで車で迎えに来ていただきました。 七尾に来るまでの道のりは、日本海に沈む夕日を眺めながらのドライブで、また沖縄とは一味違った趣で、こちらも本当に素晴らしい景色でした。 ここに呼んでくれた女性は、市の中心街でパワーストーンやネパールの曼荼羅 ... 続きを読む
昨日は金沢まで車で迎えに来ていただきました。

七尾に来るまでの道のりは、日本海に沈む夕日を眺めながらのドライブで、また沖縄とは一味違った趣で、こちらも本当に素晴らしい景色でした。

ここに呼んでくれた女性は、市の中心街でパワーストーンやネパールの曼荼羅などを売っている元氣ショップ 「ら・む~」というお店をされているのですが、僕は石にはまったく関心がなく、なんだか怪しいお仕事ですねって笑って言っていたのですが、実際にパワーストーンを手にしてみると、理屈ではない不思議な感覚を得ることができて、世の中には僕の知らない神秘がたくさんあるんだなって思いました。


そんなわけで今僕の腕には、お気に入りのパワーストーンのブレスレットが巻かれています(笑)




今日の講演会は、市がバックアップしてくれて、市長さんの挨拶から始まるそうです。

来てくれた皆さんにとって、僕の話が何かしら生きるヒントになってくれたら幸いです。


と言っても、実はまだ何を話すのか決まっていません。

いつもぶっつけ本番ですベー




今の時代はどこもかしこも閉塞感に覆われていて、出口が見えない状態です。

いま僕たちに必要なのは、やり方を試行錯誤することではなく、人生観や幸せ観の大前提を見直すことだと思います。


産業革命以降、生産と消費によって幸福を追求してきました。

もちろんこれからもその傾向は続くでしょうが、同時に、足を止めて、いまここにある幸せを感じ取れるような心の状態を学ぶことが大切だと思います。


未来に幸せや充足を求めるのではなく、いまここにすでにあるものに感謝するような生き方です。




今日は午後3時の開演です。


ピアノも用意してくれたし、ギターも持ってきたし、講演とコンサートがひとつに溶け込むようなイベントにしようと思っています。


それじゃ、また報告します。






今日もここに来てくれてありがとうございました。






押せば命の泉わく ポチッ、ポチッ

   



七尾のホテルにて

このエントリーをはてなブックマークに追加

去年、県の教頭先生たちの総会で講演させてもらったことがご縁で、多くの学校関係の講演をさせてもらってきましたが、昨日は恩納村教育委員会の講演をさせてもらいました。 教職員の皆さんが対象だと思っていましたが、一般の方たちも多数詰めかけてくれました。 話 ... 続きを読む
去年、県の教頭先生たちの総会で講演させてもらったことがご縁で、多くの学校関係の講演をさせてもらってきましたが、昨日は恩納村教育委員会の講演をさせてもらいました。

教職員の皆さんが対象だと思っていましたが、一般の方たちも多数詰めかけてくれました。


話す内容はこのブログに書いているようなことですが、多くの皆さんが、気持ちが楽になったと言ってくれます。


外からは見えないですが、僕たちはそれぞれにたくさんの荷物を抱えています。

その多くが自分の考え方に起因していることがわかれば、解決の糸口が見えてきます。


ブログやラジオとの違いは、実際に生でお話しすると目の前の皆さんの反応がよくわかるので、言葉がその場に応じて変化し、適切になる気がします。



さて、今から能登の七尾市に行ってきます。

このブログを読んで共感してくれた一人の人の呼びかけで実現したことですが、すでに300枚近いチケットは完売とのことで、まことにありがたいことです。

実は温泉が大好きなので、能登に行くのはすごく楽しみにしていました(^o^)

明日が本番ですが、またここで報告しますね。



昨日恩納村からの帰りの車の中で妻と、いろんなところで講演ができたらいいねと話しながら家に帰ったら、偶然にも日本各地から講演会を開きたいとの問い合わせが複数あり、びっくりしました。

何故思ったことがこんなに早く実現するのか・・・それにしても早すぎですよね。


これからも流れのままに、自分にできることは何でもやっていきたいと考えています。



ルンルン♪

朝から上機嫌の僕です。



それじゃ行ってきますニコニコ





こちらの応援もよろしくお願いします。

   

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日いただいた相談メールにこのようなものがありました。 その方は、あるサークルを運営しているのですが、最近は生徒さんが集まらなくなってしまったのだそうです。 どうしたらいいかという相談でしたが、そのメールには、どんなに人数が減っても募集広告は出して ... 続きを読む
先日いただいた相談メールにこのようなものがありました。


その方は、あるサークルを運営しているのですが、最近は生徒さんが集まらなくなってしまったのだそうです。

どうしたらいいかという相談でしたが、そのメールには、どんなに人数が減っても募集広告は出してこなかったと書いてありました。


その理由は、

「求めなければ与えられる」

という言葉を誰かから聞いて、それを信じたからだそうです。



このようなケースは、様々な場面で見かけます。

精神世界ブームの危うさの一つは、言葉を鵜呑みにしてしまうところです。




「求めなければ与えられる」という言葉は真実です。


しかしその言葉には前後があり、その言葉を発した状況があるはずです。



いなくなった生徒さんを、ただ待っていても増えることはありません。

そのような状況では、起きている事の分析や、計画の再構築が必要です。


そして結果を手に入れたいと強く望むことです。


「求めれば与えられる」・・・この言葉も真実です。





真実は相矛盾する2つの側面を同時に含んでいることがあります。



たとえば・・・



人生で唯一確実なことは、僕たちがいつか必ず死ぬということです。

僕たちには永遠の命が与えられているので、決して死ぬことはありません。




人生で起きることのすべてはあらかじめ決められています。

人生は自分次第でいかようにも変えられます。




生まれ変わりや前世は幻想にすぎません。

僕たちは無数の生まれ変わりを繰り返してきました。




人生に意味などありません。

いつかあなたは人生の大きな意味を知るでしょう。





すべては「ひとつ」の同じものからできています。

この世には何一つ同じものはありません。





これらすべては真実です。


この相矛盾する二つの真実が一つに統合されるところに、宇宙の真実があります。



言葉では何一つ語ることはできませんが、それでも昔から真実の言葉が残されてきました。




僕たちに必要なのは、言葉そのものを持ち運ぶことではなく、その行間に秘められた意味を感じ取ることだと思います。

言葉は固定されていますが、意味は生きているからです。







今日もここに来てくれてありがとうございました。






多くの人に届きますようにクリック協力お願いします。

   

このエントリーをはてなブックマークに追加

今までの人生で見た、最も美しいものの話をします。 それは悠久の昔から無数の命たちが、何万回もの生まれ変わりを繰り返しながら織りなしている、想像を絶する壮大なタペストリー(芸術的な織物)です。 しかもそれは生きていて、様々な光を発しながら、多くの襞( ... 続きを読む
今までの人生で見た、最も美しいものの話をします。


それは悠久の昔から無数の命たちが、何万回もの生まれ変わりを繰り返しながら織りなしている、想像を絶する壮大なタペストリー(芸術的な織物)です。

しかもそれは生きていて、様々な光を発しながら、多くの襞(ひだ)が揺らめくように躍動しています。


その美しさは完璧で、大いなる命、大いなる存在の全貌です。


こともあろうに、その縦糸と横糸は、まさに僕たち一人ひとりが瞬間瞬間に編み出しているのです。

でも僕たちは、日々その糸を編むのに忙しくて、あまりにも糸に近すぎて、自分が全体のどの部分を担っているのかもわかりませんし、全体像を見ることもできません。


一瞬でもその全体の荘厳な美しさを見れば、起きていることはすべて完璧であり、地上の我々の目からどのように見えようが、すべては必要で、すべては起こるべくして起きていることを確信します。

あなたもその姿を一目見れば、どんな糸の一筋も、どんな一瞬も、何一つ変えようなんて思わないでしょう。


実は、すべてを肯定すると言うのは、この視点に立って初めてできることなのです。

視野が極端に狭まった状態では、いくら言い聞かされても納得できません。

せいぜい、「すべてはOKだ」って、思いこもうとするだけです。


いまこの瞬間も、宇宙規模のタペストリーは完全な姿でその美しさを表現しています。

そこには、まさにいまあなたがどのような状態であれ、そのあなたの存在が一役買っているのです。


そして、あなたというたった一人の人がいないだけで、この壮大なタペストリーも存在できないのです。


そんな姿を一瞬でもかいまみれば、自分という存在の素晴らしさ、偉大さを、心の底から知ることができます。



以前、「人生には意味がない」と言いましたが、この壮大な視点において、自分という存在のとてつもない意味を知ることができます。


人生の意味とは、部分(自分)と全体(宇宙)との関係の中で生じることなので、全体を知って初めて意味がわかるのです。

自分の人生をいくら考えても理解できませんし、意味を見出すことはできません。



だから考えは無用です。



ただ生きること・・・それでいいのです






今日もここに来てくれてありがとうございました。







多くの同胞に届きますように

   
このエントリーをはてなブックマークに追加

じゃ、ちょこっとメッセージ。 秘訣はね、何かになろうとしないこと。 今ではない何か、今あるがままの自分以外の自分、そういう姿を追いかけないこと。 何故かといえば、あなたも僕も、今あるがままの自分以外には成れないからです。 愛にあふれた人 ... 続きを読む
じゃ、ちょこっとメッセージ。





秘訣はね、何かになろうとしないこと。

今ではない何か、今あるがままの自分以外の自分、そういう姿を追いかけないこと。

何故かといえば、あなたも僕も、今あるがままの自分以外には成れないからです。


愛にあふれた人、優しい人、気持ちの美しい人、穏やかな人・・・

たとえそういう人になれたとしても、また違う自分が必ず出てきます。


その動きが生きるということなのです。

そのことを「あきらめる」ことが秘訣です。

それは真実の道に、足を一歩踏み入れたことになります。


それをあきらめた時・・・あきらめるとは「あきらかに見極める・事実を潔く認める」という意味ですが・・・他者に対する見方も変わります。


他者もあなたと同じように一定ではなく、様々な側面が表れては消えているのです。


そう思えば、人を許すことはそれほど難しくないでしょ。




いまあるがままの自分にくつろぐ練習は、とても効果的です。


それはあなたのエネルギーの漏れを最小限にしてくれます。

不安やストレスから解放し、あなたをイキイキと楽しい気分にしてくれます。


これまで何千年にわたって人類は、自分に様々な改良を試みてきました。


道徳家や宗教家や教師たちの教えを信じて、様々なことを自分に強いてきました。

ある特定の言葉を繰り返したり、特定の行動様式に従ったり、特定の修行に取り組んだり・・・


その結果、人類の何が変わったというのでしょう。

何も変わりません。


あいかわらず人間は人間なのです。



ポイントは、それでいいんだということを認めることです。



何になろうとしているんですか?

今の何がダメなのですか?



秘訣は、何かになろうとしないことです。


この簡単なことができなくなっているくらい、人生の多くの時間を何かになるために、誰かになるために使ってきたことに気づいてください。


いいじゃないですか、これで(^o^)






今日もここに来てくれてありがとうございました。







多くの人に届きますように

   
このエントリーをはてなブックマークに追加

たった数日お休みしただけなのに、ずいぶん長いことご無沙汰しているような気になってしまうのだから、ここの存在感は僕にとっても大きいということですね。 でもやはりお休みは大切だと思いました。 張られたゴム紐が緩んだことで、気持ちがリフレッシュしています ... 続きを読む
たった数日お休みしただけなのに、ずいぶん長いことご無沙汰しているような気になってしまうのだから、ここの存在感は僕にとっても大きいということですね。


でもやはりお休みは大切だと思いました。

張られたゴム紐が緩んだことで、気持ちがリフレッシュしています。


これからも時々休憩しながらということを前提に、また今日も書いてみます。



僕には、世界を変えようとか、人類を救済しようとか、そんな大それた使命感はありません。


そもそも世界だとか、人類だとか、そんなものは存在していないとさえ思っています。

それは人が頭の中で作り上げたイメージです。

この世に存在しているのは、僕であり、あなたであり、個人が生きているだけです。


云っていること分かりますか?




だからこのブログは、僕からあなたへの私信です。


なぜなら、あなたに伝えたいことがあるからです。







伝えたいことのひとつ・・・それはあなたと僕は「同じもの」でできているということ。


あなたの中に僕の霊が生きているということではないですよ。

霊魂というものがあって、それが人間の中にあって、死んだら身体から出て行くというようなイメージが定着していますが、それは間違いです。


たしかに僕たちは霊的な存在ですが、霊魂という分離した別個の魂が、ひとつずつ人の中にあるのではなく、宇宙という巨大な魂がひとつあって、それが個々の物質化された肉体を生かしているのです。


したがって霊的には「個」は存在していません。


このことを理解するには、天動説が地動説に変わるくらいの、根底からの発想の転換が必要です。

長い歴史の中で、なぜこのような間違いが継承されてきたのか不思議ですが、おそらくは自我をリアルなものと思ってしまう錯覚と、死という未知なるものへの恐怖が、霊魂伝説を定着させたのだと思います。



断言する根拠は、直接の内なる経験です。

それを至高体験と呼びました。

しかし「至高」という言葉が尊大な印象を与えたのか、反感を持った人もいたようでしたが、その体験は絶対的なものなので、議論の余地はありません。

それは本当の自分を思い出すことですし、真理はそれしかありません。



したがって次に伝えたいのは、あなたはすでに「それ」なので、何の心配もいらずに、いつも「いま」という時間の中で、自由に自分を表現していればいいということです。


見えない何かを恐れて、決められた生き方をする必要もありません。

悟りとは、宇宙(全体)とひとつになることですが、あなたはすでに宇宙とひとつなので、あなたはすでに悟っているのです。

それを自覚し、自ら宣言することが新しい人生の始まりです。


そう思えないのは、「自分はまだダメだ」という誤った印象を心の底から信じてしまっているからです。


さらには、釈迦やキリストや多くの歴史上のブッダたちと自分を比べて、自分が大きく見劣りするような気がしているので、自分が悟っているなどとは到底思えないのです。



釈迦もキリストも有名なブッダたちも、あなたの頭の中に定着したイメージにすぎません。

さきほど「人類」や「世界」が単なるイメージだと言ったのと同じです。


それはリアルなものではありません。


リアルなものはただひとつ、あなたを生かしているその存在です。


それがブッダなのです。


あらゆる比較を落とすこと。


この世には自分しか存在していないことを知ること。


そこにすべての答えがあります。




あはは、やっぱり僕の話はヘンテコですね(^o^)


でもそんな話に興味を持ってくれる人たちがいることも事実です。



だから今日も、そんなあなたにメッセージを送りました。



またお休みすることもありますが、心配しないでくださいね。

気楽に自分のペースでやらせてもらいます。





今日もここに来てくれて、ありがとうございました。





ランキングに参加することの是非も考えてみました。

マイナス面もあるのですが、多くの人と出会っていくためには効果的なツールなので、これからもクリック協力をお願いします。

近い将来、参加するカテゴリーを移動して、また新たな人たちに呼び掛けようかとも思っています。




そんなわけで、ポチッ、ポチッ

   





PS

明日もいまここ塾やっています。


このエントリーをはてなブックマークに追加