かんながら

阿部敏郎の公式ブログです。

2010年05月

昨日は大阪いまここ塾に来てくれて、ありがとうございました。 最近は、初めて来たという人が多いですね。 新しい出会いに感謝します。 さて今日は、昨日の最後の質問コーナーで印象に残ったテーマを書いてみます。 僕たちの多くは、ある種のスタイルを生き ... 続きを読む
昨日は大阪いまここ塾に来てくれて、ありがとうございました。

最近は、初めて来たという人が多いですね。

新しい出会いに感謝します。

さて今日は、昨日の最後の質問コーナーで印象に残ったテーマを書いてみます。



僕たちの多くは、ある種のスタイルを生きています。

特に精神世界を学び始めると、より精神性が高い自分を生きようとして、偽の自分を生きてしまいます。


たとえば、「すべてはOK」という言葉があります。

確かに高い視点から見れば、あらゆる出来事は完璧であり、絶対的な秩序の中に存在しています。

しかし、現実の自分がいつも、その宇宙的視点、神の目線からものを見ているかと言えば、そうではありません。

一人の生身の人間としての、リアルな生活があります。


そんな生活の中で、自分を苦しめる出来事や、自分に辛く当たる人がいた時、「すべてはOKなのだから受け入れなくてはいけない」と、自分に言い聞かせたりしていませんか。

受け入れられない自分は、まだ十分に精神的ではない。

たくさんの本を読んだり、セミナーを受けたりして学んだことが台無しになってしまう。

なんて思っていませんか。


僕たちは自分を高めたいと思うばかりに、また新しい偽のゲームを始めがちです。



「すべてはOK」という言葉だけでなく、そのようなスローガンは無数にあります。

聖書や経典の言葉もしかりです。

その人が信奉する団体の教えもしかりです。

いかに多くの「~べきだ」「~ねばならない」を抱えてしまっていることでしょう。



なぜ僕たちは、このようなスタイルを予め持っていたいのでしょう。

それは自分に自信が無いからです。

その瞬間の自分の感応よりも、偉い人が言った言葉や、精神世界で常識となっているスローガンを生きたほうが、正しいと思ってしまうのです。



あらゆるスローガンは死んでいます。

どんな立派な言葉でも、一旦固定されてしまえば、生きているとは言えません。

たとえそれが数千年前の、世界的に有名な聖者の言葉でも然りです。


しかし、僕たちは生きています。

生きているとは、常に変化し続けているという事です。

いまこの瞬間のあなたの考えが、次の瞬間には変わるかもしれません。

明日になれば、まったく違う感情かもしれません。



そして、現実も生きています。

刻々と新しい現実が生まれ続けています。

何一つ同じことは繰り返されません。

いま起きていることは、宇宙が誕生して以来、初めての出来事です。



新しいあなたが、新しい現実と出会っているのです。



あらゆるスローガンに縛られることなく、いつもフレッシュな感性で生きたいものですね。


一貫性が無くなくたっていいじゃないですか。

昨日は赤が好きだったけど、今日は青が好きでもいいじゃないですか。

そのほうがよっぽど真実です。


僕は、理路整然として一貫性を持っている人の方が信じられません。

そこにはある種の作為があるからです。



受け入れられる日もあれば、受け入れられない日もある。

肯定的な日もあれば、否定的な日もある。

その時々の自分を生きていきましょう。



だからと言って、「その時々の自分を生きるべきだ」なんて頑なに思わないでくださいね(笑)


なんだっていいんだから、思いのままに生きて下さい。



悟る時は、悟りますよ。




今日もここに来てくれてありがとうございました。






多くの人に届きますように、応援よろしくお願いします。


   




・・・・・・・・・・



お知らせ


今日から7月4日「大阪いまここ塾」の受付を開始します。


6月27日「東京いまここ塾」も受付中です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は広島で黒斎クンとのコラボ講演会でした。 いらしてくれたみなさん、ありがとうございました。 広島で開催というと、広島在住の人たちだけのような気がしますが、聞いてみると、四国、山陰、関西圏など、遠方から来てくれている人たちもいて、本当にありがたい ... 続きを読む
昨日は広島で黒斎クンとのコラボ講演会でした。

いらしてくれたみなさん、ありがとうございました。


広島で開催というと、広島在住の人たちだけのような気がしますが、聞いてみると、四国、山陰、関西圏など、遠方から来てくれている人たちもいて、本当にありがたいことだと思いました。



回を重ねるうちに、黒斎クンともすっかり意気投合し、考えてみたらまだそんなにたくさん会ったわけではないのに、もう何十年も前からの知り合いの様な気がします。

それは彼の人柄もあるのでしょうが、表現方法は違えど、お互いに同じことを伝えようとしているという安心感があるのだと思います。

人間同士の信頼というのは、相手と関わった年月ではなく、お互いが共有している理解の深さによるのかもしれません。




今朝は早起きして、大阪のホテルの一室で、昨日みなさんが残してくれたコメントを読んでいました。

そこからも、沢山の人たちを感じる事ができて、なんだか感動しました。


ネット上からは、みなさんの姿は見えませんが、それでも現実社会以上にリアルなぬくもりを感じる事が出来ます。

時代の恩恵とはいえ、このようなツールを与えてもらったことを、心から感謝します。




今日は大阪いまここ塾です。

またたくさんの新しい出会いがあることでしょう。




みなさん、心安らかな日曜日をお過ごしください。






これからも応援よろしくお願いします。


   
このエントリーをはてなブックマークに追加

たったいま、瞑想から出てきました。 それは時間の存在しない、最も深い静寂、空(くう)と呼ばれる次元です。 いま、伝えたいことがあります。 言葉にしようとすると、それは過ぎ去っていってしまいますが、とにかく書き始めてみます。 難しいことな ... 続きを読む
たったいま、瞑想から出てきました。

それは時間の存在しない、最も深い静寂、空(くう)と呼ばれる次元です。


いま、伝えたいことがあります。


言葉にしようとすると、それは過ぎ去っていってしまいますが、とにかく書き始めてみます。




難しいことなんか何もありません。


僕たちに必要な状態は、

こだわりのない素直な心

ただそれだけです。

自分を縛りつけている、善悪の判断、他人の目、過去や未来、絶え間ない思考、そういったものから解き放たれて、自由な境地に至ることです。

それが目覚めと呼ばれる状態です。

仏教では、涅槃と呼んでいます。



一見強固に見えるこの世界には、固定された実体はなく、すべては刻々と移り変わる無常な現象です。


それはちょうど、海に現れては消えていく波のようなものです。

波を捕まえることはできません。

同様に、現象を捕まえることはできないので、実際には何一つ手に入れることはできないのです。


一時は手に入れたつもりになったとしても、それが単なる思い込みだったことを、いずれ知ることになります。

遅くとも、死ぬときにはそれを知ります。

何ひとつ手に入れていなかったと。


何かを追い求め、何かにしがみつき、「~べきだ」「~ねばならない」の世界に固執し、そうやって人は苦しみを作り出します。


さあ、もうゲームを終了してもいいころです。


全部手放して、いまここにくつろいでみましょう。

そうすれば、日々の生活で一喜一憂していたことが、まるで幻(まぼろし)のように見えてきますよ。


本当は、何一つ起きていません。

ただ、そのような夢を見ていただけです。


いつも「いま」、永遠の「いま」が、静かに佇んでいます。

ここに戻って来ませんか。

その時、僕とあなたは、まったく同じ一つのものとして、愛と感謝の中に存在します。


ああ、存在するって、なんて素晴らしいことなんでしょう。


表面的な苦しみの背後で、誰もが祝福され、愛され、守られています。

それを知ることが無上な喜びですが、たとえ知らなくても祝福されていることに変わりありません。



しつこいようですが、今日も同じことを伝えさせて下さい。

あなたは、最初の最初から救われています。

これからも、永遠に。


だからリラックスして、安心してください。


僕はこれからも、あなたの道先案内人でありたいと思っています。





今日から広島に入ります。

明日は、広島の皆さんと瞑想会をし、そのあとは黒斎クンとコラボ講演会です。

明後日は、大阪で瞑想会と、いまここ塾があります。


このような活動に従事させてもらえることを感謝します。





これからもブログ活動を続けていきます。

応援してくれる人は、下の2つのボタンを押して下さい。

   
このエントリーをはてなブックマークに追加

講演会やブログの感想で、一番嬉しいのは、 「楽になった」 という言葉です。 きっと僕の中に、そうなってもらいたいという思いがあるのでしょう。 人生とは、一から十まで、全部その人の思考(イマジネーション)が作り出しているものです。 どのよう ... 続きを読む
講演会やブログの感想で、一番嬉しいのは、

「楽になった」

という言葉です。


きっと僕の中に、そうなってもらいたいという思いがあるのでしょう。



人生とは、一から十まで、全部その人の思考(イマジネーション)が作り出しているものです。

どのように生きるべきかから始まって、どんな自分であるべきか、人生で何を成すべきかなど、いろんなルールや目標をこしらえて、それを一生懸命に生きようとします。

ルールを破ったり、うまくいかなかったりすると、自分を責めて、自分への信頼を失くします。

いつも道半ばなので、けっして「これでよし」ということがありません。


そんな人が僕を見て、

「な~んだ、なんでもいいんだ。だってこんな男でも幸せそうに生きているんだから」


これって、微妙ですが、嬉しいんですよ。




この世に蔓延する深刻さは、きっちりしなければという生真面目さが作り出していると思います。

真面目さは社会から見れば大変結構ですが、社会はその人のストレスに責任を取ってくれません。


自分を社会の一員としてだけで位置づけようとすると、逃げ場が無くなります。

社会は単なる舞台であって、自分はその気になれば舞台から降りることもできるのです。

社会を捨てる必要はありませんが、適当に合わせて、適当に演じて、楽屋に戻ってくつろぎましょう。



さて、この「社会」というもの自体が、先ほどから言っているイマジネーションの産物です。

実際にはそのようなものは存在していません。


存在しているのは、あなたの意識だけです。

その意識が、自分が作り出した舞台の上で、自分が作り出した役を演じ、その劇を客席から観賞してチェックしているのです。

したがって「楽屋に戻る」とは、夢から覚めて、本来の意識そのものに戻るということです。

僕が瞑想を奨励する理由がそれです。



自分が抱えている問題(これも全部イメージの産物ですが)を一旦脇に置いて、劇中の役を全部脱ぎ棄てて、誰でもない人に戻って、一息つきましょう。



なんだっていいじゃないですか。




あっ、そうだ。


名古屋地区の皆さんにお知らせです。


6月12日に、黒斎クンとのコラボ講演会を行いますが、その日の午前中に、名古屋駅前のミッドランドスクエアで、三省堂主催のトークショー&サイン会があります。

詳しくはコチラから。

なんと、あの!、あの!、あの!、雲 黒斎さんもお見えになります。

みなさん、いらして下さいね。




さ、今日も舞台に乗って演じるぞ!!


それが劇だということを忘れなければ、深刻さは訪れませんよ(^o^)



深刻さが無くなれば、優しい気持になれます。


だって、それが僕たちの本質なのだから。





今日もいい日でありますように。





このブログを応援してくれる人は、2つのボタンを押してください。


   
このエントリーをはてなブックマークに追加

いま感じていることを書いてみます。 いつもこの境地にいるわけではないですが、いまそれが訪れているので、ストレートに書いてみます。 難しい話ではありませんが、難しく聞こえるかもしれません。 ・・・・・・・・・ ざぶ~ん!ざぶ~ん! エネル ... 続きを読む
いま感じていることを書いてみます。

いつもこの境地にいるわけではないですが、いまそれが訪れているので、ストレートに書いてみます。

難しい話ではありませんが、難しく聞こえるかもしれません。



・・・・・・・・・



ざぶ~ん!ざぶ~ん!

エネルギーが波打っています。

止むことなく、豊饒な命が戯れています。


もしエネルギーを見透せる目を持てたとしたら、一瞬も同じ様相を見せずに、永遠に変化し続ける、その多彩にして力強い動きに圧倒されることでしょう。

その動きには、始まりもなく、終わりもなく、目的もありません。

ただそこに「在る」ことが目的であり、どこにも向かっていないのです。


だからと言って、それが無秩序に流れているかと言えば、それも違います。

そこには大いなる意思が働いていて、完璧な秩序が毎瞬もたらされています。

その大いなる意思が「神」です。


神の意志に反しては、何一つ起きません。

いままでも、そしてこれからも。


だからお手上げです。

100%お任せするしかないのです。



思召すままに。

ご意志のままに。

南無、サレンダー、帰依、明け渡し・・・・


これが生きる極意であり、これ以外は、全部思考が作り出した妄想です。




思召すままに。


ご意志のままに。



この心境こそが、伝えたい全てです。



そして、安心して下さい。

たとえいま、あなたの身に何が起きていようと、大いなる意思は決してあなたを忘れることはなく、完全にあなたの味方なのですから。

と言うよりは、それこそが「あなた自身」であり、それこそが「存在する全て」です。



この無限なるエネルギーの上に、僕たちは偽の自分を張り付けました。

そして、事をやっているのは、この「私」だと思ってしまったのです。

それが3次元の錯覚であり、あらゆる苦しみのもとになっているものです。


そのような「私」は存在していません。

明け渡し、サレンダーとは、その「私」を明け渡すことなのです。


しかし、それをやろうとすると、大きなジレンマがあります。

「私」を明け渡そうとする「私」が残ってしまうのです。


したがって、「私」にはどうすることもできません。




じゃ、どうしたらいいんだ!!!




ま、気楽にいきましょう。



もう覚醒する日は近いですよ。

このブログを読んでいるくらいですから(笑)




思召すままに。


ご意志のままに。




このブログを応援してくれる人は、2つのボタンを押してください。


   




・・・・・・・・・・・・・・・・・



お知らせ



5月30日の「大阪いまここ塾」は受付を終了しました。

次回は7月4日を予定しています。

ありがとうございました。



本日から「6月東京いまここ塾」の受付を開始します。

詳細はコチラから。




黒斎クンとのコラボ講演会「阿雲の呼吸」も、開催日が迫ってきました。



広島   5月29日(土)  

東京  6月6日(日)  

名古屋  6月12日(土)  


お申し込みは、上記都市名をクリックしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間関係が急速に変わっていっている人、いませんか。 それでいいんですよ。 あなたの価値観がどんどん変わっているのです。 だから、以前はどんなに気が合った仲間だったとしても、いまは退屈しかもたらしてくれないのです。 長続きが良いことだと思って、過 ... 続きを読む
人間関係が急速に変わっていっている人、いませんか。

それでいいんですよ。


あなたの価値観がどんどん変わっているのです。

だから、以前はどんなに気が合った仲間だったとしても、いまは退屈しかもたらしてくれないのです。

長続きが良いことだと思って、過去の関係を継続させようとするのではなく、いつも未知なる世界に踏み出していきましょう。


いまはそういう時代です。



精神世界を語るブログだけでも無数にあります。

それなのに、なぜあなたは、ここを訪れるのでしょうか。

それは、あなたの理解と、あなたの感性のアンテナが、ちょうどこのブログに合っているからでしょう。



やがてはそれもズレだすかもしれません。

それでいいのです。

人生の流れを信頼して、自分を信頼して、思いのままに生きていきましょう。


辿り着いてみれば、どっちに行っても同じことだったことがわかります。



だからこの束の間の出会いを大切にしましょう。

いま気が合うとしたら、いまお互い楽しくやりましょう。




すべては移り変わっていきます。

すべては過ぎ去っていきます。


何をしても、何を手に入れても構いません。


ただし、執着しないこと。

変わりゆくものに、変わらないように求めれば、苦しみが湧きます。


欲望そのものは苦しみではありませんが、執着は苦しみそのものです。



目の前のシーンに心を込めたら、はい、さようなら。

また新しいシーンに心を込めて、はい、さようなら。



そうやって命あるかぎり生かされて、そしてみんなに、さようなら。


そんな心境で生きていきましょう。




出会ってくれてありがとう。



一期一会





このブログを応援してくれる人は、2つのボタンを押してください。



   

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は東京いまここ塾に来てくれて、ありがとうございました。 みんなで瞑想を終えて目を開けた時、あまりに多くの人が目の前にいて、何とも言えない感謝の気持ちでいっぱいになりました。 と言うのも、瞑想中は会場にいることも忘れていて、そこから覚めようとした瞬 ... 続きを読む
昨日は東京いまここ塾に来てくれて、ありがとうございました。

みんなで瞑想を終えて目を開けた時、あまりに多くの人が目の前にいて、何とも言えない感謝の気持ちでいっぱいになりました。

と言うのも、瞑想中は会場にいることも忘れていて、そこから覚めようとした瞬間、「そうだ、いま僕の話を聞きに、僕のもとまで来てくれた人がいるんだ」ということを思い出したのです。

でもそれは、数人の人という感じでした。

このような話をしだした25年前、僕の家に話を聞きに来てくれる友人が、いつも数人いて、なぜか、その頃にタイムスリップしていたようです。


だから目を開けて驚いたんです。

こんなにたくさんの人が、会場を埋めてくれている。

なんだか夢を見ているようでした。



自分を信じて、自分が一番やりたいと思うことをやることの大切さを、改めて教えてもらったような気がします。

これは誰かにできて、誰かにできないということではありません。

言いわけを見つけては、本当にやりたいことから目をそらす時代は終わりました。


自分がやりたいことをやるのは、自分勝手だし、我ままだというのは誤解です。

あなたには、あなたにしかできない表現があって、それは地上に必要だから与えられています。

みんながそこを生きだしたら、この世は色彩にあふれたパラダイスになることでしょう。


みんなが神の子であり、みんなが神の力を持っていることを思い出す時がきました。

いまはその幕開けです。


巷間言われるアセンションとは、単にみんなが真理を悟るだけではなく、生き方そのものが大きく変わっていくことだと思います。

自分が大いなる力と繋がっていることの発見は、自分の人生を生きる勇気を与えてくれることでしょう。


そこから本当の人生が始まっていきます。

怖れからではなく、愛と創造性に基づいた生き方です。





さて、そろそろ「随(かんながら)神」がアマゾンから届いたり、書店で購入してくれた方もいるんじゃないでしょうか。



もう読んでくれましたか。

ぜひ感想を聞かせてくださいね。

昨日のコメント欄にも、たくさんの人の感想が書かれていて、すごく嬉しかったです。



アマゾンキャンペーンは、今日の17:00までやっています。






今日もここに来てくれてありがとうございました。





このブログが多くの人に届きますように、ご協力お願いします。


   




・・・・・・・・・・・・




明日の「沖縄いまここ塾」は那覇市てぃるるです。


5月30日の「大阪いまここ塾」は、残り席わずかです。

お申込はコチラから。
このエントリーをはてなブックマークに追加