かんながら

阿部敏郎の公式ブログです。

2010年10月

今回のツアーは10日間。 今日が4日目だけど、その日のことはその日にしか経験できなくて、一度きりのまさに一期一会。 人生にリハーサルなど存在していない。 いつだって「いま」が本番だ。 あたまの中でいくらリハーサルをしても、実際の現場とは大き ... 続きを読む
今回のツアーは10日間。

今日が4日目だけど、その日のことはその日にしか経験できなくて、一度きりのまさに一期一会。



人生にリハーサルなど存在していない。

いつだって「いま」が本番だ。


あたまの中でいくらリハーサルをしても、実際の現場とは大きく違っている。

リハが悪いわけじゃないけれど、どんな時間も等しく同じ価値を持っていることをわすれちゃいけないよ。


さてこのように書くと、毎瞬毎瞬力の限り精一杯生きるみたいに聞こえてしまうけれど、それも違う。

そんな緊張は、長続きしない。


力は入っていない。

基本はリラックスだ。

でも意識は「いま」にある。


さらには、最低限の「・・・べきだ」「・・・ねばならない」しか持っていない。

正しさに縛られることも、結果に執着することもない。


あるべき姿もなければ、こうならなければいけない理想もない。

人と比較することもない。

ただ、「いま」の自分を生きるだけだ。



人生とは、どこかにたどり着く旅ではなく、まさに「いま」どんな自分を表現しているかがすべてだ。

いつか何かに成るのではなく、いまどのような自分でいるかだ。
 

僕は優しい気持ちで、幸せを感じていたい。

そして、思考の罠にはまってしまった人に、だいじょうぶだよって言ってあげたい。

そんなに深刻な顔をして、どこに行くの?

シリアスドラマがそんなに好きなの?って。



人生は壮大な遊び場だ。

遊ぶ秘訣は、結果志向にならないこと。

結果志向になれば深刻になってしまう。


結果は天にお任せして「いま」を楽しもう。

「いま」を楽しめば結果は自ずと付いてくる。

そしてどんな結果も、次の展開のプロセスに過ぎないのだから、どうってことない。


そう、どうってことない。

それが「いま」を生きる秘訣だよ。

あなたも脱力真剣クラブに入らない?



おくればせながら、ツイッターで「いま」の感覚を書き始めました。


携帯の人はコチラから。


PCの人はこのボタン。

imacocoabeをフォローしましょう





ついでに、なぜか気になるこのボタン。

   

このエントリーをはてなブックマークに追加

何かの瞬間、「あっ、これみんなに伝えたい」って思うことが幾度かある。 そういうのってその時のことで、後になってみれば、感動も色あせている。 たとえば昨日もボブさんと話していて、彼曰く 「僕は1970年から、一度も眠っていないんだ」 「 ... 続きを読む
何かの瞬間、「あっ、これみんなに伝えたい」って思うことが幾度かある。

そういうのってその時のことで、後になってみれば、感動も色あせている。



たとえば昨日もボブさんと話していて、彼曰く



「僕は1970年から、一度も眠っていないんだ」



「はあ???」



「いつも空(くう)と共にあるから、眠る必要がない」




こういう会話って、その瞬間に届けたい。

彼が眠っていないっていう噂は、前々から耳にしていたけれど、実際に会って聞くとまた新鮮な感じがする。


眠っていないと言っても、身体はベッドに横たえて目を閉じるんだから、寝ているのと同じだと思うけれど、彼が言っているのは、どんなときも深いところで意識があり、それを自覚しているということ。

物音も聞いているし、外側で何が起きているか全部知っているってことだ。


そうか、ボブさんは不眠症なのか。

いやいや、そうじゃなくて(笑)、熟練したヨギは眠らないって話は前に聞いたことがある。

でも実際にそういう人に会ったのは初めてだ。



疑り深い僕は、全面的には信じていないが、彼が嘘を言っているとも思えない。

今夜にでも彼の部屋に忍び込んで、顔に墨汁でイタズラ書きをしてみようか。

試してみたい。


そんなことを実況で伝えるには、やっぱりツイッターかな。

数日前からまたやりだしたんだけど、気が向いたら覗いてね。

「abetoshiro」の名前にフォローが集まっているけれど、実際には「imacocoabe」でつぶやいてます。



imacocoabeをフォローしましょう



携帯の人は
コチラから




さて今日はボブさんとのコラボ講演会初日。


名古屋の会場には、ちょうどその時間に台風が接近してくるそうだけど、あんまり気にしていない。

もっと凄い台風が沖縄に上陸したときに野外コンサートをやった経験があるから、それに比べたら何てことない。

もっともその時は不思議な直感(お告げ?)があって、コンサート中は雨が止むって知っていたからできたんだけど、今回はお告げがない(笑)


起こることを受け入れて、僕は僕でいつものようにやらせてもらいます。



明日の大阪講演会は、同じ建物の一番広いホールに代えてもらえたので、もう少し多くの人が入れるようになりました。

お申し込みはコチラから。

(東京は追加公演共に満席です)



今日もたくさんの気づきの恩恵が降り注ぎますように。




ブログランキングに参加しています。


   

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は沖縄地方に台風が接近する中のフライトでした。 那覇空港で、ターミナルビルから飛行機に搭乗するまでのボーディングブリッジ(搭乗橋)が、強風にあおられて揺れているって、どんなかわかる? 搭乗した後も、機体はずっと揺れたまま。 そんな中、那覇空港に ... 続きを読む
昨日は沖縄地方に台風が接近する中のフライトでした。

那覇空港で、ターミナルビルから飛行機に搭乗するまでのボーディングブリッジ(搭乗橋)が、強風にあおられて揺れているって、どんなかわかる?

搭乗した後も、機体はずっと揺れたまま。

そんな中、那覇空港に降りられなくて羽田や福岡に引き返す飛行機が続出。


本当に飛ぶのかなと思っていたら、本当に飛んだ。

そのおかげで、昨日から名古屋にいます。


昔ならば、飛ぶか飛ばないかハラハラして、もし飛ばなかったらどうしようなんて先のことまで考えて、思考の世界に振り回されていたけれど、最近はだいぶマシになった。

起きることが起きるし、それしか起きないのだから、何が起きてもどんな自分でそれを経験するかが大切なわけで、いつだってそれが試されているんだと思う。

突発的な出来事は自分を見るのにちょうどいい。



な~んてね、生意気な発言をしているけれど、ちょっとしたときに自分の程度を見る事もある。

スーパーで買い物してレジに並んでいて、隣の列ばかりが前に進んでいるときとか、交差点で無遠慮なクラクションを鳴らされたときとか、気づきよりも早く感情がやってきて、イライラしたりカッしたりする。


そうだ、今日はプチ修行モードで生きてみよう。



なかなか前に進まないレジの列で、

「息を吸って私は静か」

「息を吐いて私は微笑む」

って心の中でつぶやきながら、呼吸を緩やかにしてニッコリ笑っていることにする。

レジのお姉さんに気持ち悪がられない程度にね。



あなたもご一緒にいかが。


「息を吸って私は静か」


「息を吐いて私は微笑む」


このことを一日中忘れなかったら、あなたは「一日ブッダ」だ。



今日はみんなで「一日ブッダ」を生きよう。



そんなわけで、また明日。





息を吸って私は静か。

息を吐いてボタンをプッシュ。


   

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日はたくさんの誕生日メッセージをありがとうございました。 僕以上に母が喜んだかと思います。 みなさん、本当にありがとうございました。 今日はボブ・フィックスさんが来日します。 彼は、誰もが簡単に「空」(くう)の次元に入れることを教えてくれまし ... 続きを読む
昨日はたくさんの誕生日メッセージをありがとうございました。

僕以上に母が喜んだかと思います。

みなさん、本当にありがとうございました。


今日はボブ・フィックスさんが来日します。

彼は、誰もが簡単に「空」(くう)の次元に入れることを教えてくれました。

それは世間という幻想から、存在というリアリティーへのシフトです。


瞑想が現実逃避だと思っている人がいますが、それは真逆です。

瞑想こそが現実と向かいあう唯一の道です。

勇気ある者だけが、その道を進むことができます。


真実が顕わになればなるほど、幻想は影を潜めていきます。

いままで追い求めていた世間的な宝物が色あせ、本物の宝がすでに手中にあったことを知ります。

死後の世界だとか、天国だとか地獄だとか、そんな戯言も霧のように消えうせてしまうことでしょう。

それが有名無名のブッダたちが、空の次元で得てきた洞察です。



深く、深く、どこまでも深く、そして行き着いた場所は完全な静寂、自分が存在全体と繋がっている地点です。

存在全体と繋がっているということは、「ひとつ」であるということ。

その「ひとつ」なる感覚を個々が実感すれば、大抵の問題は消え去ります。

そして僕たちは、さらに大きな意識体(全体意識)として、次の冒険に向かっていくのです。



僕たちが「ひとつの命」として、繋がっていることを知るのは、なんて素晴らしいことなんでしょう。

あなたは宇宙から忘れ去られた存在ではなく、宇宙そのものだったのです。

その真理の発見の瞬間は、宇宙があなたに隠し持ってきた、最高のプレゼントです。


受け取るのはいつも「いま」です。

なぜなら、「いま」以外の時間は存在していないからです。


「いま」受け取っていいんですよ。


チャンスはいつも「いま」あります。




これから那覇空港に向かいます。

台風到来とのことですが、いままで不思議と離発着に影響したことがないので、今回も大丈夫でしょう。




人気ブログランキングに参加しています。

   

このエントリーをはてなブックマークに追加

中学に入ったとき思った。 「えっ?もう自分が中学生?そんな気しないな。昔見た中学生はもっと大人だったし」 高校に入ったときも同じように感じた。 20歳になったとき、子供の頃テレビで見た成人式の出席者の顔を思い出した。 「オレが成人?嘘だろ?あ ... 続きを読む
中学に入ったとき思った。

「えっ?もう自分が中学生?そんな気しないな。昔見た中学生はもっと大人だったし」


高校に入ったときも同じように感じた。


20歳になったとき、子供の頃テレビで見た成人式の出席者の顔を思い出した。

「オレが成人?嘘だろ?あんなオジさん達と同じなわけない」


30歳のときは、もっと深刻だった。

「ありえない。もう人生終わりか?オレ自身は何も変わっていないっていうのに、これからは30代のオジンかよ」

でもそんな思いとはうらはらに、その先もやっぱり青春だった。



40歳になったときのことは覚えていない。


50歳のときも、これと言って何も感じなかった。

ただサザエさんのお父さんの波平さんの歳に近づいたことを自分に言い聞かせた。



でもね、やっぱり歳をとるのは外側だけで、内側のセンターは何も変わっていない。

ここまで変わらないということは、一生変わらないということだろう。



ということは、これからも青春まっしぐらだ。

しかも20代の頃より、視界がクリアで、心の重荷も消えているときている。

歳をとるのも、まんざらじゃない。



な~んて言っているうちに・・・わたくし・・・今日で57歳になりました。

1953年10月27日16時頃 この世にやってきました。



したがって今日はお誕生日。


いつもと何も変わらないけどね。





とりあえず、ご祝儀ボタンよろしくお願いします(^o^)/


   



・・・・・・・



ボブ・フィックス氏とのコラボ講演会が近づいてきました。

ボブさんからもらうメールから、日本に暮らす僕たちへの強いメッセージを感じます。


キャンセルの方が出るたびに、申し込みフォームを開放しています。

もしご希望の方がいらしたら、参加されたいイベント名をクリックしてみてください。

申し込みフォームに繋がれば、参加可能です。


詳しくはコチラから。


当日ご都合が悪くなられた方は、必ずご連絡ください。

よろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

いま深夜4時です。 1時に目が覚めて、そのまま眠れなくなってしまい、何冊かの本を読んでいました。 こんな時間に哲学モードです(笑) 学びには段階があると思います。 本を読んでいたら、次のような記述がありました。 まず人は、どのように生きるべ ... 続きを読む
いま深夜4時です。

1時に目が覚めて、そのまま眠れなくなってしまい、何冊かの本を読んでいました。

こんな時間に哲学モードです(笑)


学びには段階があると思います。

本を読んでいたら、次のような記述がありました。



まず人は、どのように生きるべきか、自分の天命は何かなどを知らなければならない。

そこには今生だけではなく、過去生から持ち運んできたカルマの影響もある。

それらを知って生きられたとしたら、人生の意味を発見することができるだろう。



そうですよね。

地図のない人生行路に、自分独自の目的が見つかれば、歩みに意味が加わります。

それは旅路をより豊かにしてくれることでしょう。


僕自身も、いつの頃からか、そんな意味を持って生きてきたような気がします。

それは、「本当は最初からみんな救われていて、どんな人生にも失敗はあり得ない」ということを伝えていくというものです。

たしかにそのような意味づけは、自分の行動や人生を明確にしていると思います。


でもこの段階の学びは、まだ十分ではありません。

そこには依然として、たくさんの幻想が存在するからです。



まずは時間という名の幻想です。

自分という実体が、過去から未来にかけて、生き続けていると信じています。

でも実際には時間など存在せず、常に「いま」という中で、刻々と新しい何かが展開し続けているだけの話です。


しかも「自分」などという実体も在りません。

「自分」とは、その瞬間の刹那的な経験であって、連続体ではありません。


時間と自分が同じ幻想の産物だとしたら、生きる目的やら天命やらは、どこに存在できるのでしょうか。

あえて言えば、いまを生きるということに尽きます。



僕もあなたも、いまこの瞬間に表現された大いなる意識です。

誰でもない、純粋で覚醒した意識です。


それ以外の自分という認識は全て、思考の中に存在する概念です。

それらは過去の記憶によって作られています。

つまり、「あなた」とは、あなたの記憶の総計なのです。

それを自分だと思っているだけです。


この一点が理解できれば、人生は極めて楽になります。

終わってしまった苦悩や、これから先の心配から解放されます。


真実は人を自由にします。

それは誰にでも可能なことです。

いまあなたがどのような境遇にいようと関係ありません。

もし真実に目覚めたら、いま抱えている責任を放棄してしまうのではないかと恐れる人がいますが、そのような心配も無用です。


そのときの知性は、いまよりずっと研ぎ澄まされていて、しかもその知性の中には愛が存在しています。

したがって、あなたやあなたの周囲がいま以上に幸せになることはあっても、その反対のことは起こり得ません。


そのように考えると、もし人生に目的があるとすれば、それは真実への目覚め以外にはないのではないでしょうか。

混乱した幻想世界から、シンプルなリアリティーへの目覚めです。


言葉で表現するのは難しいですが、そんなことをいつも話していたい今日この頃です。



これからもできかぎり、ブログ活動を続けていこうと思っています。


応援よろしくお願いします。

   



・・・・・・



今夜の沖縄いまここ塾と明日の水曜の会はお休みです。

次回沖縄いまここ塾は、11月30日の中城村吉の浦会館になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

講演会は面白い。 実際の出会いがあるのは、より豊かなことだと思う。 名前は講演会だけど、僕は自分が講演しているなんて思ったことはない。 いつもその場で話したいことを話しているだけだ。 自分の家に来てもらっているような気がしている。 という ... 続きを読む
講演会は面白い。

実際の出会いがあるのは、より豊かなことだと思う。



名前は講演会だけど、僕は自分が講演しているなんて思ったことはない。

いつもその場で話したいことを話しているだけだ。

自分の家に来てもらっているような気がしている。


というのも、20数年前はいつも僕の家で、友人相手に話をしていた。

そのころ話していた内容と、いま話したい内容はまるで同じで、それはこれからも変わることがなくて、ただひとつ変わったのは聴いてくれる人が増えたこと。

ただそれだけだから、気分は当時の自分の部屋の延長です。



それはどの土地に行っても同じこと。

僕の気づきを話すだけ。




今日は新潟に行って来ます。


みなさんとの出会いに感謝しています。



   
このエントリーをはてなブックマークに追加