かんながら

阿部敏郎の公式ブログです。

2011年01月

お元気ですか。 こうして同じ時を生きているけれど、それぞれに違った環境や状況があって、いろんな荷物抱えて、それでも自分のために、人のために、少しでも良かれと思って生きているんだよね。 人類の歴史がいつごろから始まったのかは知らないけれど、その間に ... 続きを読む
お元気ですか。


こうして同じ時を生きているけれど、それぞれに違った環境や状況があって、いろんな荷物抱えて、それでも自分のために、人のために、少しでも良かれと思って生きているんだよね。


人類の歴史がいつごろから始まったのかは知らないけれど、その間に無数の人生があって、そのほとんどは苦難に満ちたものだったと思う。

いまの時代、そしてこの国に暮らす僕たちは、生存の欲求はほぼ満たされているけれど、この段階を命がけで闘ってきた人生も無数にあったと思う。


そんな多くの労苦の上にいまの僕たちの暮らしがあって、その頃から見れば夢のような時代が来ているというのに、毎年数万人の人が自ら命を絶っている。

その多くに経済的理由が挙げられているが、これなどは今日という日を生き残れるかどうかというサバイバルの時代には考えられなかったことだと思う。


蓄えることによって将来の安全を確保しようという姿勢が、将来への不安や絶望感に繋がっている。

本当は、今日一日を生きられたら大成功なのにね。




「今日一日を生きる」


この感覚は、いろんな意味で大切だ。


特に問題山積の状況で、にっちもさっちもいかなくなってきたら、明日以降のことはサッパリ切り離そう。

今日だけでも大変なのに、明日のことまで心配していたら体が持たないよ。


明日のことは明日の自分が何とかするから、今日一日だけが人生のすべてだと思って生きてみるんだ。



するとね、明日も今日という形でやってくる。


いつも今日だよ。


だから今日一日を生きる。


これに尽きるね。



もっと感覚が研ぎ澄まされて来たら、今日一日ではなく、いまこの瞬間を生きるという態度になっていく。

このことがマスターできたら、あらゆる苦悩や心配から解放されるよ。


だっていまこの瞬間には、思いや判断が入り込む隙間がなくて、まさに目の前の現実との一期一会があるだけだから。


そしていつも「いま」だ。



僕は何もしてあげられないけれど、あなたの人生を応援しています。



願望を実現するということと、いまを生きるということは、一見矛盾しているみたいに見えるけれど、ちっとも矛盾していない。

頭で考えるから右か左かになるが、実際は左右両方が同時に起きている。


すべてはより良くなっていくためのプロセスだと信じることも大切だ。

そして目の前の現実に心を込めて、真正面から生きてみよう。

どの道最後は死ぬんだし、死ぬまでは生きるとしよう。




あらゆる瞬間の、あらゆる経験に感謝します。

この壮大な現象界ドラマの結末を知る男からのメッセージでした。





   

このエントリーをはてなブックマークに追加

いまここにある、純粋な目覚めた意識・・・これが僕たちの本来の姿です。 それは、いままでに起きた出来事にも、いま起きている出来事にも影響されていません。 しかし、思考が作り出した世界の中を生きる、思考が作り出した自分は、さまざまな出来事に翻弄され、 ... 続きを読む
いまここにある、純粋な目覚めた意識・・・これが僕たちの本来の姿です。

それは、いままでに起きた出来事にも、いま起きている出来事にも影響されていません。



しかし、思考が作り出した世界の中を生きる、思考が作り出した自分は、さまざまな出来事に翻弄され、同化し、喜んだり悲しんだりしています。

人生は幻想だというのは、そんな理由からです。



普段自分が認識している現実とは違う現実(超現実)が、いつもいまここに流れています。

その流れを発見し、その流れと共に生きだしたとき、現象までもがスムーズに展開していくことを知るでしょう。

その流れは瞑想の実践の中で見出すことが出来ます。


自己を超えた自己を感覚的にとらえることが、啓発の道の第一歩になります。




自分がこうして生きて在るうちに、何人の人と真実を分かち合えるか。

ネット環境の発達によって、その可能性が大きく開いたことに感謝しています。



全ての人が、愛と、自由と、無限なる知恵に到達しますように。


全ての人が、内なる愛と、自由と、無限なる知恵を見出しますように。




これから少し瞑想して、東京会場に向かいます。




今日も多くの人に気づきの恩恵が訪れますよう。


見えない多くのサポートが降り注ぎますよう。





感謝



   

このエントリーをはてなブックマークに追加

イキイキと自分らしさを生きる。 これが僕の幸せの定義です。 最近このブログではお金や物を引き寄せることをテーマにしていますが、たとえ何を持っていたとしても、イキイキした感覚がなければ幸せを感じることはありません。 逆にお金がなくても、イキイキと ... 続きを読む
イキイキと自分らしさを生きる。

これが僕の幸せの定義です。


最近このブログではお金や物を引き寄せることをテーマにしていますが、たとえ何を持っていたとしても、イキイキした感覚がなければ幸せを感じることはありません。


逆にお金がなくても、イキイキと自分らしさを生きていたら、その人は不幸を感じません。

幸せとは、健全なエネルギーの副産物です。

心のままに、自由に、自分の夢を生きてください。



中には、自分がやりたいことが出来ないのは、誰か他の人のせいだと考える人がいます。

たとえば、親や配偶者が反対するから、あるいは、家族や子供の面倒を見なければいけないから、だから私は自分を生きられないと主張する人です。

なぜ自分がそれをできないのか、なぜ自分がそれを持てないのかと考えている人は、それを手に入れることはないでしょう。

その思考が行動を作り出すので、結果は目に見えています。


そういう人は、いますぐに考えを反転させてください。


自分がなぜできないのか考えるのではなく、自分がなぜできるのかを考えるのです。

同様に、自分がなぜそれを持てないのかを考えるのではなく、なぜ持てるのかを考えるのです。

そして、自分が欲しいもの(お金でも)を明確にしてください。



そのためにいますぐできることが何かあります。

どんな八方塞がりの状態にあったとしても、出口は必ずあります。

否定的な視点からは見えないだけで、自分が可能性を感じようとすれば必ず見えてきます。



自分がやりたいことを始めるために、誰かの許可を待っていませんか。

あるいは、いまいる状態から助け出してくれる、そんな白馬の騎士を待っていませんか。


だとしたら、自分自身がその許可を出し、自らの騎士になるのです。


誰だって自分のことで精いっぱいなのですから、人に期待をしてはいけません。

たとえ理解者がいなかったとしても、誰一人応援者がいなかったとしても、あなたは一歩を踏み出すことができます。



あなたは、いまいる場所をより快適にして、さらに高い創造性の中で生きることが可能です。



もちろんどこまで行っても同じことです。

僕たちは常に「いまここ」の中にいて、実際にはどこにも行き着かないからです。


しかし同時に、命は現在進行形で動き続けています。

その動きが活性化することは、命の喜びに繋がっています。


頭でっかちになって、何でも分かったようなつもりになっていたらいけません。

未知なるものへの冒険心。

これがイキイキ・ワクワクの原動力だと思っています。



静かなさとりと、ダイナミックな情熱。


どちらも人生の宝です。





明日の東京いまここ塾を楽しみにしています。


沖縄
は2月1日、中城村で開催します。





それではまたお会いしましょう。





このブログを応援してくれる人は押してください。

   

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは成功者です。 たとえいまがどんな状況だとしても、はるか遠い道をここまでやってきたのだから、あなたは成功者です。 自分の足りない面にフォーカスするのではなく、うまくいっている面を見つけ、そのことに感謝するのは、自分がすでに成功者だという感覚を ... 続きを読む
あなたは成功者です。

たとえいまがどんな状況だとしても、はるか遠い道をここまでやってきたのだから、あなたは成功者です。


自分の足りない面にフォーカスするのではなく、うまくいっている面を見つけ、そのことに感謝するのは、自分がすでに成功者だという感覚を育ててくれます。

それは、自分がどう考えるかによって決まってきます。



たしかにうまくいかなかったことがあったかもしれません。

でもそのことも、あなたの人生に必要なことでした。

それはあなたを成長に導いたり、人生を変えるきっかけになったり、その選択の背後には、高い意識の智慧があったのです。


すべてはうまくいっています。

これからもうまくいきます。


これは気休めではなく、宇宙的視点から見たときの真実です。

この宇宙には、何一つ偶然はなく、何一つ無駄もありません。



そうやって自分の人生の流れを信頼し、いまの自分を成功者として見ることが出来たら、いまから展開していく現実は、よりよいものになっていきます。


うまくいかなかったことも成功の一部なのですから、うまくいっていることは成功そのものです。


いま現在も、いったいいくつの成功に支えられているか数えてください。



成功という言葉の意味を広げていきましょう。

特定の目標を達成したり、多額の金銭を手にしたりすることだけではないのです。


自分を敬うこと、人生に感謝すること、他の人の人生に貢献すること、役に立たなくなった観念を手放すこと、やりたいことをすること、恐れを手放すこと、やるべきことをやること、大空に両手を広げて息をいっぱいに吸い込むこと、そのひとつひとつが成功です。


「私は十分に成功している」

そんな自己イメージが、物事を実現する原動力になっているというのが、僕の経験からくる実感です。


人生が滞ってしまったと感じた時も、極力そのようなイメージを持ち続けてきました。

そのことが、人生のあらゆる面で、より多くの成功を引き寄せてきたと思っています。



いつまでも強情を張らずに、潔く自分を成功者だと認めてください(笑)





あー、今日もいい天気だなあ。



これからもお付き合いよろしくお願いします。





応援ボタン

   



・・・・・・・・・



向禅師とのコラボ講演会。

東京会場は第一部、第二部共に満席となりました。

お申込みありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

向さんは修行僧の指導責任者で、禅の世界のエキスパートです。 大本山での重責も担っていますが、本当にやりたいのは、一人の人間として、一人ひとりに真理を伝えていくことだと言います。 そんな向さんとの運命的な出会いは15年以上前にさかのぼります。 拙 ... 続きを読む
向さんは修行僧の指導責任者で、禅の世界のエキスパートです。

大本山での重責も担っていますが、本当にやりたいのは、一人の人間として、一人ひとりに真理を伝えていくことだと言います。



そんな向さんとの運命的な出会いは15年以上前にさかのぼります。

拙書「随(かんながら)神」にも書きましたが、名実ともに本物の禅僧と出会えたのは、人生で最も幸運な出来事でした。


禅は思想的な素晴らしさだけでなく、実際に師から弟子に「さとりの灯」が受け継がれてきている、世界でも稀な伝統です。

もちろんそれは、厳しい修業を積んだごく一部の禅僧によるものですが、向師はその中の一人です。

そして至った境地は「あたりまえの地平」だと言います。



とあるインドの覚者が言いました。

「人類の意識変革は日本から始まる。しかし日本人は世界でも稀なほど常識や社会通念に縛られる国民性がある。それを壊していけるのは禅のパワーだろう」



向禅師と出会ってすぐに意気投合し、二人で始めたのが、何を隠そう「いまここ塾」です。

二人のコンビはやがては「あーちゃんとむーちゃんの禅問答」と呼ばれるようになり、真理の漫才コンビのようでした。


僕が沖縄に移住してからは、年に一、二回、沖縄での講演会を開催するだけでしたが、いまはこうして全国の皆さんに出会っていけるようになりました。



2月13日の名古屋(Sold Out)を皮切りに、2月27日大阪、3月6日東京、3月13日博多とお邪魔します。




第一部「さとりの授業」

さとりとは何かということについて、それが我々の人生とどう関連するのかについて話していきます。



第二部「禅の世界」

日本文化に最も大きな影響を与えた禅の思想を、わかりやすく解説していきます。

そして「白隠禅師坐禅和讃」や「延命十句観音経」にも触れていきます。




お申し込みの詳細はコチラからお入りください。


向禅師 & 阿部敏郎 コラボ講演会 (大阪・東京・博多)




さて、今日も思い切り生きるとするか。




いつもありがとうございます。

   

このエントリーをはてなブックマークに追加

いま展開している「ボチボチでんな講座」ですが、先日、向禅師と話をしていたら、同じようなことが「華厳経」の中にも出てくるそうです。 「シークレット」も古(いにしえ)の文書がその元になっているということですが、おそらく人類は太古の昔から真実を知っていたので ... 続きを読む
いま展開している「ボチボチでんな講座」ですが、先日、向禅師と話をしていたら、同じようなことが「華厳経」の中にも出てくるそうです。

「シークレット」も古(いにしえ)の文書がその元になっているということですが、おそらく人類は太古の昔から真実を知っていたのでしょう。

でもそれを万人が使いこなしていたわけではありません。

現代と同じように、多くの人は理解も実践もすることなく、日々の生活に翻弄され生きてきたのかもしれません。



今日の話は、すでに言いつくされていることですが、大切なので述べておくことにします。



僕たちはうまくいっていることよりも、いっていないほうを見てしまう傾向にあります。

たとえば、健康の時は健康のありがたさを忘れてしまうように、持っているものや、恵まれているものには、ことさら関心を向けません。

隣人に対してもアラばかり見て、それ以外は全部受け入れ可能な面だということを忘れてしまいます。


自分を取り巻く現状もそうです。

うまくいっていることは当たり前になり、うまくいっていないことを一日中頭の中で繰り返し考えていたりします。


今日一日だって、うまくいったことを数え上げれば無数に出てくるはずです。

だってうまくいかなかったこと以外は、全部それなりにうまくいったのですから。


そのひとつひとつを自覚して、感謝することが出来たら、「ボチボチでんな講座」の1面はクリヤです。


よく、感謝の大切さが言われますが、まさにその通りで、いま与えられているものをひとつひとつ数え上げ、そこに感謝の気持ちを持つことは、足りないものへの不平不満の気持ちを減らしてくれます。


だから感謝=幸福感であり、その幸福感が文字通り「福」を呼び込む波動になります。


すると何が起きてくるでしょう。


自分が流れに乗っている証拠を、現実面で見せてもらえるようになります。

その代表が、偶然の一致と呼ばれるシンクロ現象です。


何気なく思い出した昔の友人から、その直後に電話が入るとかがそれです。



どんなに小さな偶然の一致でも、それを過小評価しないでください。

すると起きていることが、単なる風の気まぐれではなく、大いなる秩序の中で緻密に展開していることがわかるでしょう。

その理解は、引き寄せの力への信頼を高めてくれます。




今日一日、そんなことに注意を向けて生きてみませんか。



応援ボタン

   



・・・・・・




向禅師とのコラボ講演会の詳細は、明日掲載します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

僕たちは物質主義的な生き方の限界を知り、精神世界に活路を見出し始めました。 その方向性は間違っていません。 科学の分野においてさえ、物質という存在が、見せかけのものであることがわかってきました。 人類が存在の真実を知った時、自分が一体何者だった ... 続きを読む
僕たちは物質主義的な生き方の限界を知り、精神世界に活路を見出し始めました。

その方向性は間違っていません。

科学の分野においてさえ、物質という存在が、見せかけのものであることがわかってきました。



人類が存在の真実を知った時、自分が一体何者だったのかという答えを得ることでしょう。

それは数千年前から伝統的に言われてきた結論と同じものです。



その発見は、自分の存在価値を飛躍的に高めてくれます。

わずかな自己否定さえ入る隙間がないくらいの、圧倒的な価値の中に自分を見出します。

その時初めて、人は自分の人生を自分らしく創造することが出来るでしょう。

それまでは他人の顔色をうかがいながら、烏合の衆として生きるしかありません。



「21世紀型豊かさ講座」は、存在の真実がその基盤に在ります。


存在の真実?そんなの知ってるよ。

自分が宇宙だろ?自分が神だろ?



そう、知識としては知っていますが、それをどれくらい実感しているでしょうか。

ただの言葉になっていませんか。




少し視点を変えて、魂の話をしましょう。


魂は永遠です。

それは生死を超えています。


それでは、「魂」と言ったとき、それがどこにあると感じますか?


体の中ですか。

だとしたらどこでしょう。



脳ですか。


眉間ですか。


ハートですか。


肚(ハラ)ですか。


それとも全身でしょうか。




答えは、魂はどこにもありません。

ましてや体の中になどありません。


死んだら魂が体から抜け出して、死後の世界に向かうというイメージを持っている人たちがいますが、それなどはいまだに物質的な迷信の中にいることの証拠です。



魂は時空を超えています。

3次元物質世界の存在ではないのです。

魂はまったく違う次元から、この次元のあなたの体に自らを投影し、自己表現しています。



魂のいる場所、それは「いまここ」です。

「いまここ」とは、自空を超えた次元に対する、簡単な名称に過ぎません。



もしこの世を、物質に限定された世界以上の見方ができれば、引き寄せという現象を理解するのも容易くなります。


まずは僕たちが、いかに多くの物質的迷信の中にいるのかを整理する必要がありそうです。





応援ボタン

   

このエントリーをはてなブックマークに追加