かんながら

阿部敏郎の公式ブログです。

2011年10月

さて、今朝も何か書こうとPCの前に座り、昨日みんなが書いてくれたコメントを読んでいたら、さすがのさすけさんが、僕の過去の記事を抜粋して載せてくれていた。 読んでいて、「そう、そのとおり!」って感動した(笑) 講演会でしゃべったことやブログに書いたこと ... 続きを読む
さて、今朝も何か書こうとPCの前に座り、昨日みんなが書いてくれたコメントを読んでいたら、さすがのさすけさんが、僕の過去の記事を抜粋して載せてくれていた。


読んでいて、「そう、そのとおり!」って感動した(笑)

講演会でしゃべったことやブログに書いたことは、その時のことだからあまり覚えていない。

だからこうして書いてくれると第三者みたいにして味わえる。

最近完成した「阿雲の呼吸」の新作DVDを見たときも、「この二人スゲ~!」って唸った。


そんなわけで、今日はさすけさんが再掲してくれた過去記事をそのままアップします。


何度でも読んでみてください。

あなたの一部になるまで、何度でもね。




さっきまであなたの中にあった波動が、いまは僕の中に入り込んでいる。


その時、僕はさっきまでのあなただ。


ひとつの固定された人格が継続的に生きているんじゃなくて、それは次々と入れ替わっている。


美しい詩を書いた同じ人が、次の瞬間、口汚く他者を罵(ののし)る。

それが現象界の真実。


多くの人が自分を認められないのは、低いレベルの波動が時折自分を乗っ取るからだ。
 
でもね、みんな同じなんだよ。

言わないだけでね。


自分の中にいろんな面があるんじゃなくて、いろんな面がいろんな人を出入りしているだけ。

あなたの中に現れるのは、人間が共有している様々な波動であって、あなただけの独占物じゃない。

だから安心してね。



自分を認めるというのは、人類全体を認めるってこと。

だって、あらゆる人が、あらゆる可能性を携えているのだから。



あなたの中にあるものは、全部僕の中にもある。

あなたは僕だし、僕はあなただ。

美しさも醜さも両方持っている。

それはどちらか片方では存在できない。

醜さがなくて、どうして美しさが存在できるだろう。


ふたつでひとつ。

なにもかも、ふたつでひとつ。

だからプラスだけになろうなんて思わないでね。

なれやしないから。


あるがままでOKって、そういう意味なんだよ。


うまく伝わったかな。



これからも自分を向上させようと奮闘するか、それとも潔くあきらめてあるがままを認めるか。

あるがままを認めると、これ以上成長しなくなっちゃうって考えてない?

それは誤解だよ。

あなたは永遠に、いまあるがままのあなた以外にはならないのだから。


この真実を見抜くのは、自分への最高のプレゼントになる。



あんな人も、こんな人もいやしない。

あんなときや、こんなときがあるだけ。



みんなで楽しくやろうよ。

鎧を脱いで無邪気に遊ぼう。



もうそんなこと、どうだっていいじゃない。

いまを陽気に生きようよ。



この世は宇宙の戯れ、リーラだ。

世界はどこにも向かっていないし、目的もない。


ただ、いま、こうしてあるがままにあるだけだよ。

いつだってね。







   



・・・・・・・



東京、大阪の11月いまここ塾は、受付を終了しました。

お会いできるのを楽しみにしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は無言の夕食会が終わり、無言のままホテルに帰り、最後の最後に一言。 「See you tomorrow!」(^o^)/ さて今日も生きるとするか。 僕らは人生の中で、大切な時間とそうでない時間を区別したりするけれど、実際にはどんな瞬間も等しく貴重、かつ一度きりな ... 続きを読む
昨日は無言の夕食会が終わり、無言のままホテルに帰り、最後の最後に一言。

「See you tomorrow!」(^o^)/



さて今日も生きるとするか。


僕らは人生の中で、大切な時間とそうでない時間を区別したりするけれど、実際にはどんな瞬間も等しく貴重、かつ一度きりなんだよね。

それが一期一会。


昨日のKiyojunさんのコメントは、そのことをとてもうまく表していた。


朝起きて目覚ましを止めて
「私はこの目覚ましを今止めるために生きてるんだな」と思いました。

ふとんがベットから落ちて寒いって思ったときも
「この、ふとんが落ちて寒いっていうのを感じる為に今生きてるんだな〜」

カーテンを開けたら、既に太陽はのぼっていて光が眩しかったら
「う、眩しい。今日は天気がよさそうだな・・・って思う為に産まれて来たんだ」

仕事がうまくいかないときも
「いらいらする為に産まれて来たんだ」

全て、一瞬、一瞬が自分の中心で、その一瞬の中に全てが詰まっていて、どれも自分の本番なんだよね。




そうだなって思った。

コメント欄って、みんなが同じ目線で書いてくれるから読みやすいし、毎日読むのが楽しみです。



こうしてブログを読んでいるいまこの時も、あなたの一期一会。

僕の場合は、いまブログを書いているこの時も、今日の講演会のあらゆる瞬間も、ボブさんと食べるであろう味噌ラーメンの味も、大阪の街の一歩一歩も、全部一期一会。


一期一会って、人生が何倍にもなる気がする。




今日もいい日でありますように。






   


・・・・・・・・・


【お知らせ】

11月の東京ソロ講演会大阪ソロ講演会は残り席わずかです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は、もったいないくらいたくさんのメッセージを、ありがとうございました。 きっと母が一番喜んだと思います。 僕を産んだ日に真っ白な服を着ていたことと、その時の感動を忘れていないと教えてくれました。 ありがたいことです。 このブログの皆さんのコメ ... 続きを読む
昨日は、もったいないくらいたくさんのメッセージを、ありがとうございました。

きっと母が一番喜んだと思います。

僕を産んだ日に真っ白な服を着ていたことと、その時の感動を忘れていないと教えてくれました。

ありがたいことです。

このブログの皆さんのコメントは、何よりの親孝行になりました。

本当にありがとうございました。



さて、今日はボブさんが日本にやってきます。

僕が一人で空港に迎えに行き、今夜は二人で沈黙の食事会です。

なぜかって?

僕は英会話が苦手だし、ボブさんも日本語覚える気がないから(笑)


愛があれば言葉はいらない。

男は黙ってメシを食う。



それではまた。






   


・・・・・・・・


明日の大阪コラボ講演会に、若干の空席ができました

参加ご希望の方は、コチラからお入りください。 (受付は終了しました)
このエントリーをはてなブックマークに追加

長い人生の中で、神を呪ったこともあったし、死にたいと思ったこともあった。 世界は敵意に満ちて見えたし、誰のことも信じられなかった。 もうだめだと、何回くらい思っただろう。 そのたびに不思議な力に守られてきた。 そうか、仏と二人連れの人生だったん ... 続きを読む
長い人生の中で、神を呪ったこともあったし、死にたいと思ったこともあった。

世界は敵意に満ちて見えたし、誰のことも信じられなかった。

もうだめだと、何回くらい思っただろう。

そのたびに不思議な力に守られてきた。


そうか、仏と二人連れの人生だったんだ。

自分だけが生きていたんじゃない。

いまになってそのことが、はっきりとわかる。



今日は僕がこの世に生を受けた日。

感謝をこめて、みんなにこの詩を贈ろう。

良寛さんのこの詩は、今日の僕の気持にぴったりだ。




お前はお前で丁度良い

顔も体も名前も姓も、それはお前に丁度良い

貧も富も親も子も、息子の嫁もその孫も、それはお前に丁度良い

幸も不幸も喜びも、悲しみさえも丁度良い

歩いたお前の人生は、悪くもなければ良くもない

お前にとって丁度良い

地獄へ行こうと極楽へ行こうと、行ったところが丁度良い

うぬぼれることもことも無ければ、卑下することも無い

上も無ければ下も無い、死ぬ月日さえも丁度良い

御仏と二人連れのこの人生が丁度良くないはずが無い

お前にそれは丁度良い

お前にそれは丁度良い

お前はお前でちょうど良い






出会ってくれたすべての人に

身に起きたすべての出来事に

自分が自分であったことに

ありがとう!


このエントリーをはてなブックマークに追加

人間は本来、宇宙意識そのものです。 ありとあらゆる存在は、ひとつなる宇宙意識の現れに過ぎません。 現世での肉体は、宇宙が持つ無数の神経細胞のようなもので、五感の窓をとおして、外側の世界を覗き見するための道具です。 こともあろうに人間は、本来の大いな ... 続きを読む
人間は本来、宇宙意識そのものです。

ありとあらゆる存在は、ひとつなる宇宙意識の現れに過ぎません。

現世での肉体は、宇宙が持つ無数の神経細胞のようなもので、五感の窓をとおして、外側の世界を覗き見するための道具です。

こともあろうに人間は、本来の大いなる宇宙的自己を忘れて、小さな神経細胞の一つと自己同化してしまいました。

その細胞は、他と切り離しては存在できないのですが、人間は個として分離していると思ってしまいました。

その分離感覚を自我と呼びます。


でも実際には分離して存在することなどできるはずがありません。

細胞の一つが、どんなに強固に分離を信じても、実際にはいつも全体とつながっています。

だから大丈夫なのです。

決して道に迷うこともなく、見捨てられる心配もありません。


いま起きている意識変化の波は、神経細胞と自己同化してしまった意識が、本来の大いなる宇宙意識に気づくというものです。

宇宙意識はひとつしかありませんから、その時点で僕たちは全員、ひとつの同じものだったことを思い出します。

それがワンネスと呼ばれる体験です。


これはおとぎ話でも、仮説でもありません。

外側の論理ではなく、内側の体験として証明される真理です。

体験した者が声を大にして、自分が宇宙意識そのものであったことを宣言し、あなたも同じく宇宙意識そのものだと伝えているのです。


その声が日ごとに増えてきました。

わずか20年前から見れば、違いは顕著です。


そしていま、その波がクライマックスに達しようとしています。

いままで夢にも思わなかった多くの人たちに、意識変化が始まっています。

そのピークが2012年の12月22日だという人もいれば、今年の10月28日だという人もいます。


え?明後日?


僕には、日にちまで特定することはできないけれど、大きな波が起きていることだけは断言できます。

これは人間意識の最終進化であり、とてつもなく凄いことです。

教わってきた人類史が全部チャラになるくらい、もの凄いことが起きようとしています。


さて、かく言う僕は、人類全体のことなど心配していません。

まずは、あなたが本当の自分を思い出すこと。

そのことにしか興味がありません。

人類や世界のことは、全体に任せておけば大丈夫です。


まずはあなたが目覚めること。

それが最も大切なことです。



それはいつ?

もちろん、「いま」です。







   



・・・・・・・・・・・


【お知らせ】

11月の「いまここ塾」(ソロ講演会)の申し込みを開始します。

参加ご希望の方は、各都市名をクリックしてください。


11月13日 東京

11月20日 大阪

11月23日 金沢(受付中)

11月27日 名古屋


・・・・・・・・・・


月末から始まる、ボブ・フィックスさんとのコラボ講演ツアー、たくさんのお申し込みありがとうございました。

まだ未入金の方で、キャンセル希望の方は、できましたら今日中にご連絡ください。

よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

悟りと呼ばれる現象は、新しい何かを得ることではありません。 もうすでに、必要な要素や能力は、すべてあなたに備わっています。 まさにいま、その扉は開かれているのですが、多くの人はためらいます。 まだ自分にはその資格がないと感じるのです。 自分はい ... 続きを読む
悟りと呼ばれる現象は、新しい何かを得ることではありません。

もうすでに、必要な要素や能力は、すべてあなたに備わっています。


まさにいま、その扉は開かれているのですが、多くの人はためらいます。

まだ自分にはその資格がないと感じるのです。

自分はいままでにたくさんの過ちを犯してきたから、たくさんの罪滅ぼしをしてからでないと悟れないと考えます。

そうやって時間延ばしをしてきました。


あなたが過去、何を考え、何をしてきたとしても、そのことといまのあなたは何の関係もありません。

いまのあなたは、100%新しい存在です。


そこに過去を持ち込むのはマインドの習性です。

過去から自分を決めてはいけません。

たった1秒前のことも、いまのあなたを決める材料にはなりません。

いつだって、いまのあなたは、100%新しい存在なのです。



新しい自分は、なにひとつ「こうだ!」と決めつけることができない、誰でもない自分です。

「いま」に徹すれば、誰でもない自分を発見できます。

誰でもない自分を発見すれば、それが悟りです。



最初の一歩が最後の一歩。

「いま」に徹するという感覚を捕まえてください。

それは、大いなる解放の瞬間です。







   



・・・・・・・・


11月は、東京、名古屋、大阪で、いまここ塾(ソロ講演会)を開催します。

明日から受付を開始します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

宇宙は宇宙自身のすばらしさを自覚するために、宇宙から切り離された(分離した)という錯覚を作り出した。 その錯覚があなたであり、僕であり、個々の人間たちだ。 そして人間たちは、個別意識のまま、この地上に暮らし始めた。 個別意識は自我とも呼ばれ、自 ... 続きを読む
宇宙は宇宙自身のすばらしさを自覚するために、宇宙から切り離された(分離した)という錯覚を作り出した。

その錯覚があなたであり、僕であり、個々の人間たちだ。

そして人間たちは、個別意識のまま、この地上に暮らし始めた。



個別意識は自我とも呼ばれ、自分を周囲から守り、自分を高め、自分を満足させるための機能として働いた。

したがって人間は互いに、猜疑心と対立の中で、なんとかつじつまを合わせながら、共生してきた。

そのつじつま合わせに用いたのが、法律であり、倫理、道徳、戒律、常識と呼ばれる規制たちだ。

さらには、人が集団で生活するために他者から受け入れてもらいたいという思い、いわゆる帰属願望も、自己規制に一役買ってきた。

他人の目や、他人の評価が、人生を決める大きな判断基準になっていった。


新しい人間たちは、古い規制を必要としない。

自らの中にある根源的知性を拠り所に、真に自立し、創造性を発揮し、宇宙全体の豊かさに貢献していく。

なぜなら新しい人間は、自分の本性が宇宙そのものであることを知っているからだ。


いまや、次々と新人類が誕生している。

宇宙的秩序(コスモス)によって、地上に楽園をもたらす力が動き出している。


その動きがもっとも活発化する時期に突入したと聞く。

最終章の足音が、日増しに大きくなってきている。

それは人類の夜明けであり、宇宙全体の歓喜の幕開けだ。



瞑想は役に立つ。

自己流でもいいから、毎日静かな時間を作ることが、これからはますます必要になる。

瞑想は自我を静め、宇宙の健全な流れを促進する力を持っている。




今から沖縄に帰ります。

今回の出張も長かったな。








   


・・・・・・・・・


明日(25日)、沖縄いまここ塾があります。

270回目くらいだと思いますが、とにかく長い付き合いをありがとう。

このエントリーをはてなブックマークに追加