かんながら

阿部敏郎の公式ブログです。

2014年01月

しつこいと言われながらも、クリックケロケロとお願いすること、はや数ヶ月。 今日もよろしくお願いします。 人気ブログランキングへ 精神世界ランキング 今日もお仕事ご苦労さまです。 で、いまさらですが、何のために仕事しているんですか? お ... 続きを読む
しつこいと言われながらも、クリックケロケロとお願いすること、はや数ヶ月。

今日もよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング



今日もお仕事ご苦労さまです。


で、いまさらですが、何のために仕事しているんですか?


お金のためですか?


あるいは自分を高めるため?


いやはや、ぶしつけな質問、失礼しました。



世の中には、一銭もないのに心配せずに、自分を高めようなんて夢にも思わずに、まさに「いま」を楽しんでおられる御仁もいるんです。


僕もこんなふうに生きたいと願っています。


今日も朝から、のんびり風呂に入っているとか。


まさに人生の達人です。


もちろん、悟っていらっしゃいます。



それではご登場いただきましょう。


先生、よろしくお願いします。




























「いやあ、ごくろうさん、ごくろうさん」







そんなわけで、今日もよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング


・・・・・・・・・・・・


【業務連絡】

瞑想のマントラ伝授を受けているのに、僕のメルマガが届いていない人は、お名前と、伝授を受けた都市名と、お持ちのマントラ名を書いてメールください。

なにかのミスで戻ってきてしまうアドレスもあります。

imacocoa@nifty.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日もここに来てくれてありがとうございます。 読む前にクリックよろしくお願いします。 人気ブログランキングへ 精神世界ランキング 沖縄の家では、毎日必ず起こることがいくつかあります。 その一つは朝8時になると、僕の部屋の外から 「ニャ~、 ... 続きを読む
今日もここに来てくれてありがとうございます。

読む前にクリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング


沖縄の家では、毎日必ず起こることがいくつかあります。


その一つは朝8時になると、僕の部屋の外から

「ニャ~、ニャ~」

と声がすることです。


9匹の中のひとり、黒猫のターちゃん(♂)です。


彼は夜寝るときは、長女の部屋にいるのですが、長女が会社に出かけるために支度をし出すと、そこから抜け出して僕の部屋に来るのです。

今朝も同じでしたが、ちょっと彼から教えられたことがあるので書いてみます。


部屋の一角に、趣味のレコーディングシステムが置いてあるのですが、彼が一番精密な機械の上に乗ろうとするので、身体を掴んでなかば強引に引きずり下ろしました。

僕の力が強かったからか、彼はすっかり気分を壊し、僕の手の中から逃れようともがきます。

それで彼の胴体を掴んだまま、こんどはベッドに連れて行って背中を撫でると、その瞬間にゴロゴロと言い出し、ゴロンとお腹を向けました。


学んだのは、その変わり身の速さです。

もし僕なら、自分が乗りたかった場所から引きずり下ろされたことを、少しは根に持って、その気分を持ち運んだと思うのです。

でも気分を持ち運ぼうと、運ぶまいと、現実は変わっています。

彼の場合はすぐに幸せを手にしました。



それなのに我々は、いつ終わるともしれない不快な思考を持ち運んでいます。

昨日も書きましたが、堂々巡りの思考です。


堂々巡りになる主な理由は


(1)わからないことを考えている


(2)できないことを考えている。


です。



(1)の「わからないこと」というのは、これから先のことについてです。

こうなったらどうしようとか、ああはなりたくないとか、未来のことはわからないのに、わからないことを考え続けるから堂々巡りになっているわけです。

それが「心配」の正体です。


(2)の「できないことを考えている」というのは、あの時こうしていればとか、ああしてくれたらということです。

終わってしまったことは変えることはできません。

できないことを考えるというのは、過去の後悔のことです。


未来への心配(わからないこと)と、過去の後悔(できないこと)は、絶対に答えがでないので堂々巡りになるわけです。

そんな自分に気づいたら、その場でゴロンと横になって、お腹を上に向けて「ゴロゴロゴロ」と言ってみましょう。


これがターちゃん流、幸せな生き方の極意です。











今日も阿部君に与えてやったという思いは、あなたを幸せにしてくれることでしょう。

与えてやってください。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日もここに来てくれてありがとうございます。 読む前にクリックお願いします。 人気ブログランキングへ 精神世界ランキング 最近、講演会やブログに登場する、和菓子屋の若旦那。 商品はすごく美味しくて良質にも関わらず、(これは僕自身が、ほぼ全種類 ... 続きを読む
今日もここに来てくれてありがとうございます。

読む前にクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング


最近、講演会やブログに登場する、和菓子屋の若旦那。

商品はすごく美味しくて良質にも関わらず、(これは僕自身が、ほぼ全種類を食したので保証します)ある他の理由で経営危機を迎えているそうです。

来月がその山場とか。


でも彼に悲壮感はありません。

それはこの出来事のおかげで、初めて「愛」に気づき、精神世界への関心が高まったからだそうです。

もし最悪の事態になったとしても、そこからまた何とかやっていけるはずです。


沖縄の知人に、両足を切断した人がいますが、いまは義足のランナーとしてフルマラソンに出場しています。

その彼は、

「両足をなくして本当に良かった。もし昔のままなら、この気づきはないし、いまの自分はいない」

と言います。

もちろんそのような心境に至るまでには、例外なく悲嘆のどん底を味わうのですが、ある日その暗闇に一筋の光が差し込むのです。


このように、絶望的状況が人生を飛躍的に高めたという話はよく聞きます。


どんな出来事の中にも、必ず宝が隠されているのです。

このことがわかれば、我々の日常生活にも大いに活用できます。


僕のところに寄せられる悩み相談で共通しているのは、相談者が悩みの原因をくり返し考え、堂々巡りに陥っていることです。

それがストレスに繋がり、あるいは鬱状態になり、あげくの果てに身体を壊します。

否定的なことしか考えられないマインドを、野放しにしている結果です。


ですから、そのような無意識のマインドの習性に、意識的介入をするのが賢明です。



「あんなことが起きたから、私は傷ついけられた、チクショウめ!」





「あんなことが起きた。以上!」


で完結してしまうのもひとつの方法ですし、


もう少し知恵を働かせて


「あんなことが起きたおかげで、ありがたいなァ」


と言い換えることもできます。



何がありがたいかは、知恵を働かせて考えてみましょう。

必ずなにか見つかります。


少なくとも、そうやって知恵を働かせている間、マインドは堂々巡りを止めていますから、気分も少し変わっていきます。

無理やりでもいいから、なにかありがたいと思える理由を探してください。


そうやって探すこと自体に意味があるのです。


人生で何度も絶望の淵を味わった男からの、ショートアドバイスです。





今日の記事が、ほんのわずかでも、だれかの役に立てたら嬉しいです。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も来てくれてありがとうございます。 読む前に、よろしくお願いします。 人気ブログランキングへ 精神世界ランキング こんなことを観察したことはありますか。 お金をたくさん持っている人の方が、持っていない人より、たくさんのお金を必要としている ... 続きを読む
今日も来てくれてありがとうございます。

読む前に、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング


こんなことを観察したことはありますか。

お金をたくさん持っている人の方が、持っていない人より、たくさんのお金を必要としている(欲しがっている)って。


Aさんは、全財産が1万円しかなく、10万円あればほっとひと息つけるって思っています。

9万円で心の安らぎが得られるんです。


一方で1億円持っているBさんは、10億円あれば安心できると考えます。

Bさんが幸せになるには、9億円が必要です。


その差、899.990.000円です。

うふふ、なんとなく得した気分になりますね(^o^)



もしAさんが首尾よく10万円を手にしたら、その瞬間は安心するのですが、すぐに次の目標が出てきます。

100万円あれば安心できると考えるのです。

その100万円は1000万円への架け橋です。


1000万円あれば次は・・・もうやめておきます。


このように次へ次へとけしかけるのが、マインドの使命です。

マインドは決して、「これでいい」ということがありません。


「これでいい」と心底感じたいなら、マインドを持たないことです。

だから瞑想実践者の多くは、瞑想中が一番幸せだったりします。

それは現実逃避しているからではなく、一時的にマインドが消えているからです。


その感覚、よく言うところの空(くう)の感覚を、実生活の中に持ち込めるようになったら、本当の意味で幸せな人生が始まっていきます。

でも腹が減ったら食べ、やるべきことをやり、生活形態が変わるわけではありません。

その底流に満足感があるのです。

これが人生を幸せに生きる極意です。


「これでいい」と心底感じられたとき、初めて我々は「いまここ」に帰って来れます。

何かが足りないと感じているときは、どうしても心は未来に行ってしまいます。

満たされてほしい未来に向かって走り続けるのです。



セリフ(加山雄三さん風に)


「幸せだなぁ

僕は君(マインド)がいない時が一番幸せなんだ。

僕は君を死ぬまでつかまないぞ。

いいだろ?」





もうひとつの幸せの秘訣。

それは信頼です。

この話はいつかまたすることにします。

とりあえず、あなたを信頼しています。

クリックしてくれるよね(^o^)

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング


・・・・・・・・


阿雲の呼吸は、大阪、名古屋、東京、すべての会場が満員となりました。

お申し込みありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も来てくれてありがとうございます。 毎度おなじみ、これよろしくお願いします。 人気ブログランキングへ 精神世界ランキング 僕たちはもうすっかり慣れてしまっているけれど、どれくらい重たい鎖で繋がれているか、それは想像を絶しています。 その鎖 ... 続きを読む
今日も来てくれてありがとうございます。

毎度おなじみ、これよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング


僕たちはもうすっかり慣れてしまっているけれど、どれくらい重たい鎖で繋がれているか、それは想像を絶しています。

その鎖は、両親から、多くの教師から、はたまた社会全体から与えられたものです。

その鎖が途方もない重さだったことを知るのは、鎖がすべて外れた瞬間です。

よくこんな息苦しい中で生きていたものだと、信じられないくらいです。


この鎖は例外なく誰もが持っています。

自分に鎖があったとしても、それほどの重さではないと感じているとしたら、いままでに一度もそこから完全に解放された経験がないことを意味しています。

繰り返しますが、完全に自由になって初めて、それまでの不自由さを知るのです。


鎖にがんじがらめになっている人は言います。


「鎖?自由?それがどうだって言うんだ。

鎖から自由になることに何の意味があるんだ」


言い方を置き換えれば、


「目覚め?さとり?それがどうだって言うんだ。

目覚めることに何の意味があるんだ」



僕ごときが「目覚め」の話をするからということへの抵抗もあるのでしょうが、いままでにどれくらいそのようなエネルギーを浴びてきたかわかりません。

でもそのように言う人も、自らがその体験をすれば、決して同じようには言わなくなります。

決してです。

それは保証します。


物心ついた時から、まったく意味のない何十キロもの鎧を着けていた人が、その鎧を脱いだ時、もう一度それを身に着けようとは思わないのです。


目覚めの瞬間に、それらの重しが全部吹き飛びます。

それは想像を超えた解放感と、悦びを与えてくれます。


ところがです。

知らず知らずのうちに、その鎖は、また自分自身にまとわりついてきます。

全てではありませんが、その中の一部が戻ってきます。


たぶん無意識の中に、何らかの磁力があって、また重荷を引き寄せるのだと思います。

それがカルマと呼ばれるものでしょう。


したがって、いったん外れたにもかかわらず、再びまとわりついてきた重荷を少しずつ減らしていくのが悟後の修行(瞑想)になります。

前も後も、やることは同じです。


とは言うものの、一瞬でもいいから全部の鎖が消えた感覚を、あなたに味あわせてあげたいな。


そしたらきっとこう言うだろう。



どひゃ~!!!(歓喜の声)



僕は死ぬ瞬間に、本当に一瞬ではありますが、人はみんなこの感覚を持つと思います。

変な言い方ですが、楽しみにしていてください。



でもどうせなら、生きている間に味わいたいものですね。






我が家の次男坊の子供のころ






今日もここに来てくれてありがとうございました。

もう何も言いません。

あなたを信じています。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング


・・・・・・・・・


2月16日(日)の博多講演会のお申し込みを開始します。

詳細はコチラから。


このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは。 昭和歌謡研究家の阿部敏郎です。 今日も読む前にクリックお願いします。 人気ブログランキングへ 精神世界ランキング さて、地球の男に飽きてきたとお嘆きのアナタに朗報です。 やっとアナタの時代がやってきたかもしれません。 ... 続きを読む
みなさんこんにちは。

昭和歌謡研究家の阿部敏郎です。

今日も読む前にクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング



さて、地球の男に飽きてきたとお嘆きのアナタに朗報です。

やっとアナタの時代がやってきたかもしれません。

もうご存知の方もいるかと思いますが、23日夜、沖縄県那覇市上空に10機ほどの未確認飛行物体が現れました。

今回ほど、その情報の信ぴょう性が高い事件はなかったと思います。





これがその時の写真です。









沖縄の有力新聞「沖縄タイムス」が大きく取り上げています。(動画もあります)

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=61305


これは高い山から何かを光らせたのだろうという書き込みがありましたが、その人は那覇を知りません。

海こそあれ、四方に山などないのですから。


自衛隊はその時間の飛行を完全否定しています。

米軍の反応は定かではありませんが、もし新型機の訓練であれば、極秘のうちに人里離れた場所で行われるでしょうし、こんな飛び方をする飛行物体の開発は、にわかに信じられません。


ここで疑問が残るのは、もし那覇市上空に未確認飛行物体(UFO)が現れたら、瞬時に米軍が干渉していたのではないかということです。

万一、仮想敵国の偵察機であれば大変なことです。

しかし行動を起こさなかったということは、彼らのレーダーや監視システムが反応しなかったということかもしれません。

いずれにせよ、未確認飛行物体です。


これが宇宙人によりものなのか、あるいは地底人なのか、それともタイムマシンなのか分かりませんが、もしかしたら近々、世界が引っくり返るようなことが起きるのかも。


ワクワク


ドキドキ


みなさんはどうお考えですか。


さて、このことが起きたから言うわけではないですが、実は一昨年の比叡山延暦寺でのイベント以来、世界規模での大きな変化が刻々と進んでいると感じてきました。

しかしそれらはまだ水面下で起きていて、我々が認識できるような現象が起こるのは、もう少し先になるだろうと思っていました。

もしかしたら、それはもう目の前なのかもしれません。


これは推測の域を出ませんが、大きな天変地異というよりは、人間社会の仕組み、たとえば経済システムの崩壊、あるいは人間の価値観が根底から覆させられるような出来事ではないかと感じています。


僕たちは無意識に、いまの状態がこれから先も続くような気がしていますが、いままでも、そしてこれからも、変化だけがこの世の宿命なのです。


ですから、もしそのような事態が起きた時こそ、まずは地に足を着けて「いまここ」を冷静に生きていきましょう。




今日もここに来てくれてありがとうございました。

この現象に関心を持ってくれる人はクリックしてください。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング


・・・・・


明晩(27日)、沖縄で講演会があります。

話題満載の今回をお見逃しなく。

沖縄いまここ塾

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は何のメッセージ性もないかも。 それでもよければクリックしてください。 人気ブログランキングへ 精神世界ランキング いまここを唱えてきたワタクシが言うのもなんですが、たまにはノスタルジーもいいもんですね。 ずっと過去の中に浸っていようとは ... 続きを読む
今日は何のメッセージ性もないかも。

それでもよければクリックしてください。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング


いまここを唱えてきたワタクシが言うのもなんですが、たまにはノスタルジーもいいもんですね。

ずっと過去の中に浸っていようとは思わないけれど、これも人間にだけ許された特権です。


昨夜、テレビを見て久しぶりに泣きました。

ザ・タイガースの東京ドーム公演。

ジャイアンツ対タイガースじゃなくて、ザ・タイガース。


彼らが活躍した当時、僕は中学生。

自転車に乗って好きな下級生の女の子の家を探しに行ったとき(ストーカーの原型)、頭の中でずっと流れていたのが「銀河のロマンス」でした。

♪銀河に浮かべた白い小舟 あなたと訪ねた夢のふるさと♪

いまでもこの歌を聴くと、胸がキュンとします。


思うに、僕らが一番ノスタルジーを感じるのは、小中高生の頃の曲じゃないでしょうか。

その曲のクオリティ云々じゃなく、理屈抜きに感性に触れてきます。


で、何が泣けたかというと、オリジナルメンバーだけで演奏していたこと。

しかも上手い!

岸部一徳さんのベースも、瞳みのるさんのドラムも、そしてもちろん沢田研二さんのボーカルも、タイガーズってこんなに上手かったんだって思いました。

僕より7~8歳先輩だったと思うけれど、たくさんの勇気をもらいました。



生涯青春。


そんな気持ちで生きています。






生涯青春を共に生きてくれる人はクリックを。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加