かんながら

阿部敏郎の公式ブログです。

2014年05月

「いい学校に入って、いい会社入って、一生安泰に暮らしていこう・・・」 ほんの一昔前まで信じられていた模範的な人生。 僕はかすりもしなかったけれど、そんな人生を生き切った人たちもいます。 東京講演会でいつも一番前にいるYさんという男性も、そんなひと ... 続きを読む
「いい学校に入って、いい会社入って、一生安泰に暮らしていこう・・・」


ほんの一昔前まで信じられていた模範的な人生。

僕はかすりもしなかったけれど、そんな人生を生き切った人たちもいます。


東京講演会でいつも一番前にいるYさんという男性も、そんなひとりです。

最近はマイク係りもやってくれますが、企業戦士だった頃の武勇伝も聞いてみたいものです。


昔の同僚と会うと、まだ昔のままの役職にいるような気で生きている人もいるのだそうです。


うん、なんとなくわかります。


その肩書を外すと自分が誰なのか分からなくなってしまうのでしょう。

ほんとうは無力な一人の人間にすぎないということを見たくないのかもしれません。


でもいずれ人は、そんな現実と向かい合わなければいけません。

それは苦しみではなく、解放の瞬間です。

社会的なあらゆる役割を落としてしまった後に残るもの。

その本当の自分と出会うこと以上の喜びはありません。



本当の自分を他の言葉で表すと、「誰でもない人」ということになります。


ただの、あたりまえの、普通の人です。


この事実を心底受け入れた時が解放の瞬間です。

それまではまだ、特別な誰かさんを生きようとして、心の重荷を背負うのです。



誰でもない人

ただの、あたりまえの、普通の人


そうなったとき、そのあたりまえの中に含まれていた宇宙大の偉大さを知ります。


禅ではその自分を

無位の真人(むいのしんにん)

と呼びます。


さきほどのYさんの名刺には

「誰でもない普通の人」

みたいなことが書いてあります。


自分がどれくらい変なオヤジになっているのか、気がつかない純粋さが眩しいです(笑)

人のことは言ってられません。

僕も純粋にその道を行きたいと思っています(^o^)



こんな話をし出すと盛り上がって時間を忘れてしまうのが、向禅師です。

もう20年近い仲になります。


そんな向さんと6月22日に東京でコラボ講演会します。

自分が学んできた精神世界の真実が、禅の伝統ではどう言い表されてきたのか、それを知るのも楽しいですよ。

それになにより、禅は一期一会、その瞬間の出会いを分かち合うのです。

ホンマモンは迫力ありまっせ。


どうぞいらしてください。


6月22日

阿部敏郎と向禅師 コラボ講演会

詳細はコチラから





今日からロスに行ってきます。

10日間で帰ります。

また書きますね(^o^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は北海道が一番暑かったって言ってます。 沖縄は過ごしやすい一日でした。 6時半近くなると、どこも夕暮れに包まれていると思うけれど、沖縄はこの通り、まだ陽が出ています。 今日の夕暮れ時のカワヒラくんです。 何も書くことがない日は、こうして ... 続きを読む
今日は北海道が一番暑かったって言ってます。

沖縄は過ごしやすい一日でした。

6時半近くなると、どこも夕暮れに包まれていると思うけれど、沖縄はこの通り、まだ陽が出ています。


今日の夕暮れ時のカワヒラくんです。


何も書くことがない日は、こうして




今日のカワヒラくん





そしてさりげなく、宣伝。



招き猫のカワヒラくん



それではまた。





このエントリーをはてなブックマークに追加

何気ない昼下がり。 今日の沖縄は気持ちの良い天気です。 今日もたったいまの写真をアップします。 この子は、カワヒラくんの本の中で、「交通量の多い道を、いちかばちか渡ってきたノラの子」として書かれています。 僕は拾えなかったので、「親切な人に拾っ ... 続きを読む
何気ない昼下がり。

今日の沖縄は気持ちの良い天気です。


今日もたったいまの写真をアップします。

この子は、カワヒラくんの本の中で、「交通量の多い道を、いちかばちか渡ってきたノラの子」として書かれています。

僕は拾えなかったので、「親切な人に拾ってほしい」と願いながら仕事に向かい、帰宅してみたら家の子になっていました。

引き寄せた親切な人は、僕の家族だったのです。


ひとり、ひとり、みんな縁がある子たちです。



この子の名前は「ゆう君」です。








そういえば昨日、カワヒラくんを読み返していて、「あっ、書き違えた」と思ったことがありました。

それは妻がいまの瞑想に出会う前は瞑想に関心がなかったかのように書いた箇所で、そもそも僕と出会ったのがOSHOに会いにプーナに向かう飛行機でしたし、彼女は当時からOSHO瞑想などの実践者でした。

思えば僕も30年やってきたことになります。

こうして起きることが起きているその背後に、何も起きていない静寂があって、その静寂にいる時間を増やしていけたらと思って生きてきたと思います。



今日もあなたにとって良き日でありますように。


このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄に帰ってゆっくりしています。 やっぱり家が一番ですね。 ほどよい距離感で可愛がらせてくれるネコチンたちと、距離感ゼロのワンコがいます。 そんな中で急に有名になったカワヒラ君が、たったいま部屋に遊びに来ました。 最近影の一枚をパチリ ... 続きを読む
沖縄に帰ってゆっくりしています。

やっぱり家が一番ですね。


ほどよい距離感で可愛がらせてくれるネコチンたちと、距離感ゼロのワンコがいます。



そんな中で急に有名になったカワヒラ君が、たったいま部屋に遊びに来ました。



最近影の一枚をパチリ








今日の沖縄は雨模様。

窓の外は雨に濡れています。



みなさんも良い一日を(^o^)




このエントリーをはてなブックマークに追加

そのまんまのあなたでいいよって、何度も繰り返すのは、あなたが何度も忘れるからです。 人はみな、すこぶるユニークな存在なので、二人として同じ人はいません。 だからこそ全体が美しくなるのです。 もしみんなが同じ性質を発揮していたら、単調ですぐに飽きて ... 続きを読む
そのまんまのあなたでいいよって、何度も繰り返すのは、あなたが何度も忘れるからです。


人はみな、すこぶるユニークな存在なので、二人として同じ人はいません。

だからこそ全体が美しくなるのです。

もしみんなが同じ性質を発揮していたら、単調ですぐに飽きてしまいます。


それなのに、ある特定の人を捕まえて、

「こうあるべきだ」

って言うのは何故でしょう。

誰が決めたのでしょう。


僕たちは成長過程で、何度もそんなことを言われたものだから、このままの自分じゃいけないと思ってしまったのです。


だからカワヒラくんは言います。

「いったいどうしちゃったの。

誰になろうとしてるんニャ。

オミャーはオミャーで丁度いい」


カワヒラくんや他の動物たちが、一切なんの緊張もしていないのは、自分以外の誰かになろうとしていないからです。

緊張とは、あるがままではない姿を強いている時に生じます。

そこに幸せな気持ちはありません。


だから秘訣はリラックスすること。

このままの自分に寛ぐこと。

このままの自分と仲直りすること。


僕はこれからも、「そのまんまのあなたでいいよ」って伝え続けます。

だってすぐ忘れちゃうから(笑)


いまから沖縄に帰ります。

今夜は沖縄で講演会です。

もう9年間もやってきたんだね(^^;;


このエントリーをはてなブックマークに追加

幸せな気持ちを持つのは、そんなに難しいことじゃありません。 多くの人にとっては、ある種の考え方を選ばないだけで、幸せな気持ちを持続させることができます。 ある種の考えとは、「裁き」です。 誰も裁かないこと。 もちろん自分も含めてね。 たっ ... 続きを読む
幸せな気持ちを持つのは、そんなに難しいことじゃありません。

多くの人にとっては、ある種の考え方を選ばないだけで、幸せな気持ちを持続させることができます。


ある種の考えとは、「裁き」です。


誰も裁かないこと。

もちろん自分も含めてね。


たったそれだけで一日のムードが全く変わってしまうことでしょう。


でもそうすると、困る人が出てきます。

批判や裁きを捨て去ると、ほかに何を考えていいのか分からなくなってしまうからです(笑)


それくら朝から晩まで、「いい・悪い」の世界に入っているのです。

まるでこの世には、いい人と悪い人がいるみたいです。

それはまったくの勘違い。


我々は、現象のほんの一断面しか見ることができません。

この世界は、我々が見ているようなものではないのです。


我々は見聞きした事象を固定化して持ち運びます。

しかし実際には、すべては移り変わっています。


この世に絶対的なものはなく、すべては相対性の動きの中にあります。


だから決めつけないこと。

裁かないこと。

批判しないこと。

価値判断を減らすこと。


これが幸せな気持ちの基本です。



今日もいい一日をね(^o^)




人の習性って恐ろしい。

今日も

クリックしてケロ

って書きそうになった(笑)


このエントリーをはてなブックマークに追加

全てが白い光の中で一つに溶け、まばゆいばかりの歓喜に満ちた次元があります。 そこは僕たちが暮らすこの次元のすぐ隣にあり、通路で繋がっています。 この通路は先人たちが開通させ、さらには大きくしてきました。 それは意識の中にあります。 この通路を ... 続きを読む
全てが白い光の中で一つに溶け、まばゆいばかりの歓喜に満ちた次元があります。

そこは僕たちが暮らすこの次元のすぐ隣にあり、通路で繋がっています。


この通路は先人たちが開通させ、さらには大きくしてきました。

それは意識の中にあります。


この通路を行き来するために、理解が役に立ちます。

すべてが、「私」と同じものでできているという理解です。


ひとたび自分中の「私」を見つけると、他の人の中にも「私」が見えるようになります。

その「私」はパーソナリティではなく、ピュアな生命エネルギーです。


したがって他者を見た時、どんなことをしてきた人かとか、どんな人なのかは、あまり関心がなくなっていきます。

そんなことより、同じ「私」としての共感が大切になってきます。


話すことや教えることは二の次です。

一緒にいること、同じ場を共有すること、それが一番の目的になります。

そうすることで、次元の通路を開くお手伝いができるのです。



5月24日 記す



このエントリーをはてなブックマークに追加