かんながら

阿部敏郎の公式ブログです。

2014年08月

我々の自意識の特徴は、川に放たれた船のようなものです。 あえてエンジンをかけなくても下流に押し流されていきます。 下流とは、落ち込み、倦怠、独善、嫉妬、被害妄想、深刻さ、不安、心配、恐れといった世界です。 落ちていかないためには、エンジンをかけて ... 続きを読む
我々の自意識の特徴は、川に放たれた船のようなものです。

あえてエンジンをかけなくても下流に押し流されていきます。

下流とは、落ち込み、倦怠、独善、嫉妬、被害妄想、深刻さ、不安、心配、恐れといった世界です。


落ちていかないためには、エンジンをかけてそれなりの力で上流に向かおうとする必要が出てきます。

そのための工夫は人それぞれに発見できますが、そのひとつが、すでに自分に与えられている幸せを見つけるというものです。

それは、執拗に下流に向かおうとする船(意識)の動きを妨げる効果があります。

放っておくと気分は落ちていく性質があるということを覚えておきましょう。


僕は昔からアンパンマン体操という歌が好きで、昔、方広寺で開催していたワークショップでよく使っていました。



もし自信を無くしてくじけそうになったら 

いいことだけ いいことだけ 思いだせ♪


今日はこの歌をテーマソングにして、一緒に笑顔で過ごしませんか。


一番好きなのは人気アイドルだったCHA-CHAが歌ったバージョンです。


アンパンマン体操



人生はなんとかなります。

いつも言うように、なんともならなければ、ならないなりになんとかなるので、そこからまたなんとかしていけばいいじゃないですか。


人生に必要なのは、ほんの少しの愛と、ほんの少しの勇気です。


今日も幸せを見つけながら生きるとしましょう。



じゃあね(^^)/

オニャンコではありません(R40)

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんのコメント、最高です(^^) いま幸せを感じようとする習慣はとても大事ですね。 僕たちが持っているある種の生真面目さは、視野を狭くして独善的になり、周囲や自分を批判しますが、それさえも幸せになりたくてやっています。 いつか幸せになりたくて、い ... 続きを読む
みなさんのコメント、最高です(^^)

いま幸せを感じようとする習慣はとても大事ですね。


僕たちが持っているある種の生真面目さは、視野を狭くして独善的になり、周囲や自分を批判しますが、それさえも幸せになりたくてやっています。

いつか幸せになりたくて、いまは不幸感を味わおうとするわけです。

将来を不安に思う人の多くは、将来になったとき、また将来を心配していることでしょう。

そのカラクリに気づいたら、やり方をリセットです。


みなさんのコメントを読んでいるだけで幸せな気持ちになりました。

それと同時に、みんな素晴らしい人たちだなァって、静かな感動を覚えました。


どうぞ引き続き、あなたが見つけた幸せを書いてみてください。


幸せが伝染されますように。

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸せは「いまここ」でしか味わえないのに、我々は「いつかどこか」に求めてしまいます。 マインドは、いまの現実のままでは不備だらけで、幸せなんか味わっている場合じゃないと考えます。 いま幸せを感じてしまったら、問題がなおざりになってしまうと思うのです。 ... 続きを読む
幸せは「いまここ」でしか味わえないのに、我々は「いつかどこか」に求めてしまいます。


マインドは、いまの現実のままでは不備だらけで、幸せなんか味わっている場合じゃないと考えます。

いま幸せを感じてしまったら、問題がなおざりになってしまうと思うのです。


「いつか問題が解決したあかつきには幸せを感じるとしよう。」

これが常套文句です。


今日は思考の方向性を変えてみましょう。

いかに自分が幸せなのか、その理由をたくさん見つけてみるのです。


探せない人は一人もいません。

そこで・・・

あなたが何故幸せなのか、思いつくままに書いてくれませんか。

ああ、そう言われてみれば自分も幸せだなんていう人も出てくるかもしれません。


「幸せだな~」

鼻の横をスリスリ(R60)


幸せを見つける達人が、この世で一番幸せな人かもしれませんね(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

向和尚と会っていました。 彼と会うと清々しい気持ちになります。 それは、当たり前の真実を当たり前に話せるからです。 何一つ気を使うことなく、言葉を超えた世界を分かち合うことができます。 それはコミュニケーションではなくコミュニオン(同時感応)で ... 続きを読む
向和尚と会っていました。

彼と会うと清々しい気持ちになります。

それは、当たり前の真実を当たり前に話せるからです。


何一つ気を使うことなく、言葉を超えた世界を分かち合うことができます。

それはコミュニケーションではなくコミュニオン(同時感応)です。


本来、真実は言葉によって伝えることはできません。

どのような言葉も真実を制限してしまいます。


真実は、まさに「いまここ」の、お互いの存在への共感によって伝達されます。

まさに以心伝心が起こるのです。


ブログは「書き言葉」で伝えるしかありません。

書き言葉というのは、伝えるのが難しい一面があります。

読み手が自分本位に解釈できるからです。

解釈はその人にとって正しいのですが、違う解釈の可能性は見えなくなっています。


話し言葉にも限界はありますが、相手と対面している場合は、無機質な言葉だけではなく、声のトーンや、目つきや、話す態度や、発している波動によって、送り手の真意がより伝わりやすくなります。

ですから重要なことを伝える場合は、それが仕事であれプライベートであれ、直接会って話したほうがいいですね(^^)


とは言うもののブログにはプラスの面もたくさんあります。

長年読んでいるうちに、その人の文章タッチや個性が分かるようになります。

そして心の交流さえ生まれるのです。


このブログはそんな人たちに支えられながら長続きしてきました。

ご縁に感謝します。



そうそう、向和尚と20年近く語り合ってきたビジョンが実現しそうです。

時が来たのでしょう。



二人で今日の最後に交わした言葉は、



「か・ん・な・が・ら」



・・・・・・・・・・・


9月28日東京ソロ講演会のお申し込みを開始しています。

コチラから。


このエントリーをはてなブックマークに追加

「大いなる自分=神」 こんな表現が広く通用するようになったのは、意外と最近のことです。 もちろん大昔からこのことは伝えられてきましたが、人の関心が自分の外側に向かっていたので、このことに気づく人は稀でした。 少しの間に変わった宗教的認識の一つです。 ... 続きを読む
「大いなる自分=神」

こんな表現が広く通用するようになったのは、意外と最近のことです。

もちろん大昔からこのことは伝えられてきましたが、人の関心が自分の外側に向かっていたので、このことに気づく人は稀でした。

少しの間に変わった宗教的認識の一つです。

しかもやっと真実の方向に変わりました。


さて、そんなことを踏まえて、「神」のことを書いてみます。


まず伝えたいのは、神はあなた自身なのですが、普段は存在を隠しています。

神が隠れているというよりは、偽の自意識を持たせることで、神と分離しているという錯覚を持たせています。


我々は何とかして神(大いなる自分)を見出そうとしますが、完璧なトリックで見えなくさせているのは神自身です。


神はそうやって、我々が分離の夢の中で生きることを求めています。

そうなんです。自我を計画したのも神ですし、自我を超えたいと願うのも神ですし、何から何まで全部ヤツの仕業です。


神はありとあらゆる喜び、苦しみ、恐れ、それらの全てを経験したがっています。

今日もそうやって、あなたを通して何かを経験しようとしているのです。

そんな経験の中で神が最も望んでいるのは、あなたが分離というトリック幻想から目覚めることなのです。

自分で幻想の中に入れておいて、そこから抜けるのを待っているのだから、本当に神はヒマです。


僕らはそのヒマ人(?)いやヒマ神にハメられて、こうやって人生を歩んでいるんだから、もう深刻になったり不要な責任しょったりするのはやめて、人生を舐め切って生きるとしましょう。


がははは

神!待っとれよ。







・・・・・


9月28日(日)

久しぶりのソロ講演会です。

会場は東京両国KFCホール。

お申込みはコチラから。





このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はまた若手の有望株をご紹介します。 さとうみつろう君って知ってますか? 「笑えるスピリチュアル」というブログが人気で、トークショーも大賑わいです。 ひょんなことから彼とコラボ講演会させてもらうことになりました。 先日の知井君もそうですが、若 ... 続きを読む
今日はまた若手の有望株をご紹介します。

さとうみつろう君って知ってますか?

笑えるスピリチュアル」というブログが人気で、トークショーも大賑わいです。


ひょんなことから彼とコラボ講演会させてもらうことになりました。

先日の知井君もそうですが、若い人からのラブコールはとても嬉しいです。

僕自身、何が飛び出すかわからないのでワクワクするのでしょう。



今回は、トークショー&ミュージックライブです。

みつろう君は、必ずピアノがある会場で講演し、ピアノを奏でながら瞑想に誘うそうです。




で一緒にやることになったのだけれど、第一部で2人の対談の後、まずはみつろう君がピアノと語りで会場を包みます。

その後、僕のアコースティックライブがあります。

比叡山以来のマジな弾き語りライブ、やる気満々です(^^)



ここからは、みつろう君と僕の本当にあった内輪の会話。


みつろう

(✧≖‿ゝ≖)  僕が最初にやっちゃうと、みんな感動して泣き出しちゃって、阿部さんやりにくいけどいいですか?



阿部

( ̄ロ ̄lll) へえ、す、凄いね。楽しみだなァ~(本当は楽しみじゃない)



みつろう

(✧≖‿ゝ≖)  やっぱり阿部さんに悪いから、いったん笑わせてからバトンタッチします。



阿部

( ̄ロ ̄lll)  ・・・・(なんたる高い自己評価)



ここまで言える頼もしい若者とのコラボです(^^)

この日はスピ界に新しい旋風を巻き起こすつもりで楽しみたいと思います。


みつろう君の提案で、秋分の日(9月23日)に都内(光が丘)で開催することになりました。

会場は「IMAホール」といって、「いまでしょ」と言いたくなるホールです。

久しぶりに祝詞をあげて神を降臨させてみますか。


あっ、さっきの会話には続きがありました。



阿部

( ̄ロ ̄lll)  僕がやっちゃうと、みんなみつろう君のピアノのこと忘れちゃうけど、いい?



みつろう

(✧≖‿ゝ≖)  メラメラ(瞳の中に炎)



あはは、でもみつろう君ってとてもシャープな頭脳の持ち主で、話しが痛快です。

日常では忘れがちな大切な視点を、さりげなく思い出させてくれます。


今回も打ち上げ花火のような一期一会。

とても有意義で楽しい会になる予感がします。


詳細はみつろう君のブログでご覧ください。

コチラから。



お申込みは9月1日からです。


どうぞお楽しみに(^o^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は知井道通くんとのコラボ講演会でした。 知井くんって、突き抜けてて、それでいて繊細で、優しくて、面白かったです。 これからの活躍が楽しみですね。 彼と僕は期せずして同じ意図を持って活動していました。 それは、 「悟り」とか、「神との合一」 ... 続きを読む
昨日は知井道通くんとのコラボ講演会でした。

知井くんって、突き抜けてて、それでいて繊細で、優しくて、面白かったです。

これからの活躍が楽しみですね。


彼と僕は期せずして同じ意図を持って活動していました。

それは、

「悟り」とか、「神との合一」とか、そういう崇高な経験は修行を積んだ特別な人に起こるものであり、こんな自分にはまだ無理だと思っている人に、無理じゃないと伝えたいのです。

無理じゃない証拠に、こんな僕にもその体験があったんだから、あなたにできないはずがないって、わざと自分の馬鹿さも見せたいわけです。


しかし昨日、知井くんを見て、方針を変えよう思いました。

これからは自分のことを引き合いに出すのではなく、知井くんの写真を見せて

「こんなんでも悟れるんですから」

と言って、みんなを力づけることにします。

そっちのほうが説得力がありそうです(^^)


それともう一つ思ったのは彼のいでたち。

不良というか、独特の髪型を含めてとにかく堅気じゃないというか、街ですれ違ったら道を空けたくなるような迫力です。


本人曰く、タクシーに乗ると運転手さんが必ず自己紹介してきて、丁重な扱いになるのだとか。

そんな彼が実にフレンドリーで、明るく楽しいキャラだと知った時、人の好感度はいきなり上がります。

それも知井くんの魅力になっているようです。


自分が着ているものや髪形などは、内側の意識に大きな影響を与えています。

男の場合、バカボンのパパみたいなステテコと腹巻姿だったら、やや蟹股でスタスタ歩くでしょうし、もし裁判官や警察官の制服を身につければ、それなりにシャキッとなるはずです。

人生での衣装は侮れないんです。

自分の可能性を広げてみたい、いまの自分を変えてみたい、そんな思いがある人は、極端に冒険した格好をするのも一計です。

そんな意味でも、世の男性陣にとって知井くんの髪型はひとつのモデルになることでしょう。






この髪型で明日会社に行って、ドアを開けるなり、ピースマークこしらえて

「ヤッピー!」

ってやれば、その瞬間はみんな凍り付いて、たぶん話しかけてこないでしょう。


でも数週間もすればこれが当たり前になっていきます。

他人の目がいかほどのものか、きっとあなた自身にいろんな気付きが訪れますよ。


自分の可能性を広げるには、まずは外見から。


どうですか、やってみませんか。







このエントリーをはてなブックマークに追加