かんながら

阿部敏郎の公式ブログです。

2015年04月

リーラーの皆さん リーラー予備軍の皆さん 知ったこっちゃないという皆さん 今日もクリックよろしくお願いします。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 Fのためにさんからの質問 >本当のわたし それは どんな感じですか >自我の私 ... 続きを読む
リーラーの皆さん

リーラー予備軍の皆さん

知ったこっちゃないという皆さん

今日もクリックよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村




Fのためにさんからの質問


>本当のわたし それは どんな感じですか

>自我の私が感じてきた幸せより ずっと 素晴らしいものですか



とても素直な質問ですね。


本当の私の感覚は、あなたが人生で味わった幸せや、想像する幸せとは違います。

人生で味わう幸せとは、不幸が一時的に形を変えた状態です。

「幸不幸」という一つのものが、行ったり来たりしているだけです。


しかし本当のあなたの幸せは、不幸の不在です。


たいていの人は、本当の幸せを知りません。

かすかな記憶として残っているので、一生懸命に探し、追及するのですが、それは全くの見当違いです。

探している当人がいなくならない限り、現れることができないからです。


本当の幸せを味わえたり、本当の幸せの中に入れる人は誰もいません。

幸せになろうとする「あなた」が消えた時、本当の幸せがあります。


それはとてもあたりまえな、いまここにある「これ」です。

「これ」以外に存在はなく、「これ」が本当のあなたであり、「これ」が全てです。

「これ」は、至福としか呼びようのない安定した状態、そうですね、たぶん「愛」と呼ぶのが一番いいのでしょう。


人生の皮肉は、この至上の宝を誰一人例外なく、すでに携えているという点です。

これは悲劇に見えますが、実際のところ喜劇です。


見事なまでの「かくれんぼ」

笑っちゃうくらい単純な結末です。


だって本当は隠れていないのに、すぐに見つけるのが嫌で、わざと目隠しして、必死になって探しているのだから。


おかしくねェ?(若い人風に)


さてと・・・

話はまったく変わるけど、5月5日のイベントにご一緒してもらう、鈴木真奈美さんと奥平亜美衣さんの本を読んでいました。

女性はいいなァ。

誠実で愛にあふれている。

素晴らしいご縁に感謝します。


そして息子のようなみつろう君と、お父さんのような山川さん(笑)と、どんな展開になるのか楽しみにしています。


よろしくお願いします。




いつもありがとう


人気ブログランキングへ


にほんブログ村








このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもありがとう。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 スリープさんから、ついさっき届いた投稿。 かなり前から阿部さんに聞いていただきたいと思いながら、しかしこの阿部さんのブログから何か自分で響くものに出会えるのではないかと毎日見 ... 続きを読む
いつもありがとう。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村




スリープさんから、ついさっき届いた投稿。


かなり前から阿部さんに聞いていただきたいと思いながら、しかしこの阿部さんのブログから何か自分で響くものに出会えるのではないかと毎日見て支えになり、起きてる出来事を通り抜けてきました。

今、私に起きてること、2人の子供の不登校、主人が仕事が安定せず、お酒と睡眠薬による事故を起こしたり、家では、あまりしゃべらず、テレビを見てる。

今の私はこの状況を3〜4年、働きながら、やっています。

苦しみや悲しがおそいすぎて、最近では、グァーと泣けてもすぐに冷めていく自分がいます。

私は家族の中で、ひとりあっけらかんと過ごしています。

それが子供からするとのんき、旦那からものんきと言われます。

阿部さん私はそうにしかできないし、そうしてないと、家の中のなんとも言えない重い空気に耐えられません。間違ってますか?

思いがあふれてしまい長文になりすみませんでした。




きっと人生の先生なら、あなたに、ああしなさい、こうしなさいとアドバイスをくれることでしょう。

あなたもそれに従っている間は、自分よりも確かで大きなものにすがっているような安心感を持てるかもしれません。


でも何をしても束の間です。

何も解決されずに残るものがあります。

それが「あなた」です。


「あなた」が解釈している現実も、「あなた」が記憶しているいままでの物語も、そしてこれから先の想像も、「あなた」と共に留まりつづけます。

というより「あなた」とは、現実への解釈と、いままでの物語と、そしてこの先の想像の物語、それらすべてが「あなた」なのです。


子供が登校して、ご主人が就職したら、問題は解決すると思いますか?

多くの人は解決すると考えますが、実際には問題はそこではありません。

またすぐに違った形で、違う問題が出てくることでしょう。

何故言い切れるかといえば、誰の人生もそんな問題を抱えているからです。

ですから形は違えど、みんなあなたと同じ問題を抱えているのです。



さて、こんなおバカなブログに来てくれているので、おバカな回答をします。

本当の問題は「あなた」です。

「私は、独立した個人だ」という考えが、すべての問題の出所です。

そして独立した個人は、いつの日か自分が死ぬと信じています。

だから生きている間に何とかしなければ、と思うのです。


そうやって、つかの間の現象に囚われ、さもそれが大切なことのような気がしてしまいます。

ちょっと遊び感覚でイメージしてみてください。

あなたは終わることなく永遠に生き続けていると。

そして子供たちも、ご主人も、みんな同じだと。


何か心配が残りますか?

永遠に比べたら数十年なんて誤差にもなりません。

なんだっていいじゃないですか。


しかも「あなた」も「あなたの物語」も、実際には存在していません。


本当のあなたという、開かれた自由な意識が、まさにいま戯れているだけです(^o^)

これが真相です。


何の役にも立たなかったかもしれません。

子供が学校に行く気になるような知恵や、ご主人が安定した仕事につくアイデアが必要だったかもしれません。


>私は家族の中で、ひとりあっけらかんと過ごしています。

>それが子供からするとのんき、旦那からものんきと言われます。



そのあっけらかんは、プレッシャーが大きすぎて、感覚がマヒしてしまった可能性があります。

僕はあなたに、本当のあっけらかんを奨励します。

なにひとつ、あなたの責任ではなく、なにひとつ、あなたが背負うべき義務もありません。

そんな家族は、さっさと捨ててしまいなさい(笑)


あとのことは何とかなりますよ。

永遠から見れば、どうってことないでしょ?


まだ抵抗があるとしたら、相変わらずあなたは、命は有限だと信じ、時間の存在を信じているからです。


あなたは最初の最初から自由です。

まさにいま、自由そのものです。


自由とは勝手に好きなことをする許可のことではなく、「あなた」が思い込みの束であり、そんなものは思考の産物以外の何物でもないことを見抜いた状態です。


このブログが、いままでにほんの少しでも役に立ってきたのなら、あなたは僕が何を言っているかの香りを少しつかみかけているということです。


あなたの自由を応援します。

あなたの自由とは、「あなた」からの自由です。



多くの人に届きますように。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村



・・・・・・・・・



さてと・・・

5月の末に中国地方と博多に行きます。

THE禅アカデミーの行脚ですが、そのとき、一般向けにも講演をします。

向老師も一緒です。


5月25日 19時  鳥取県米子市

5月28日 18時半 岡山市

5月29日 14時半 広島市

5月30日 15時半 福岡市


お申し込みの準備ができたらまたお知らせします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも協力ありがとう。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ふと見上げると、青い空、白い雲。 でもそれは昼間だからで、本当は地球全体がこの空に覆われていて、それは漆黒の世界で、その彼方にぽつんぽつんと星があって、地球はその中の一つに過 ... 続きを読む
いつも協力ありがとう。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村



ふと見上げると、青い空、白い雲。

でもそれは昼間だからで、本当は地球全体がこの空に覆われていて、それは漆黒の世界で、その彼方にぽつんぽつんと星があって、地球はその中の一つに過ぎなくて・・・


ついそんな真実の姿を忘れてしまって、この地上の、しかもものすごく狭い世界(たとえば仕事場とか、わずかな人間関係とか)に心が囚われて、まるでこの世のすべてみたいな気になって、悩んだり喜んだりして、大騒ぎしながら生きているんだな。

とてつもなく広い宇宙から見れば、いや、地球に限ってみたとしても、普段気にしていることの何と小さなことか。


今日も大空を見上げて、胸を広げて、思い切り息を吸って、吐いて、心を空に解き放ってみよう。

そしてまたゼロに戻って、まるで「いま」生まれたみたいな気分で生きてみるんだ。


毎朝、そんな気持ちで一日を始められたら、毎日が新しくなって、重たい過去を背負うこともなく、新鮮な気持ちで生きられると思う。


本当は「固定して連続している自分」なんてないのだから。

そのことがわかれば、「いま」を生きるということの本当の意味が見えてくるよ。


気楽に行こうね。

気楽さが一番大切だと思う。

気楽だと、誰に対しても優しく生きられるから。

優しいほうが好きだし。



さて、明日は祝日で、今週末からは大型連休の始まりですね。

あなたは、何かプランを持っていますか。


連休の最終日には、連休の思い出が全部吹き飛んでしまうくらい、面白い夜を提供します。

連休中いろんなことして遊んだ人も、いつもと同じだった人も、この日が今年一番の思い出になるような、そんなおバカでタメになる夜。

何かというと、僕のライブコンサート(*^_^*)

そこにあるのは、非日常の世界です。

今回は翻訳家の山川紘矢・亜希子夫妻も来てくれて、飛び入りで何かしてもらいましょう。

(まだご本人たちには何も言っていないけど)



残り席が少なくなっていて、完全予約制です。

原宿のラドンナという、大人の雰囲気のライブレストランです。

予約はコチラから。




いつもありがとう(^^)


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も来てくれてありがとう。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 楽しめない夢さんからきたコメントです。 阿部さん、いつもありがとうございます。 どうしても悲しみを引き起こす思考があります。 親を自殺で亡くしています。 それも ... 続きを読む
今日も来てくれてありがとう。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村




楽しめない夢さんからきたコメントです。


阿部さん、いつもありがとうございます。

どうしても悲しみを引き起こす思考があります。

親を自殺で亡くしています。

それも完璧な出来事なのか、教えて頂きたいです。


自殺した本人と子供である私も、そのシナリオが必要な出来事だと納得しているのか。

阿部さんも自殺はするなと書かれていましたが、最愛の家族を突然そのように亡くした者にお言葉を頂ければ幸いです。

(夢の中とはいえ)実際にその悲しみを経験し、それを背負って生きて行かなければいけないのは、大きな苦しみです。


10年が過ぎましたが、いつも限界で自分も(他に家族がいないので)自殺を考えることがあります。

親の病死も経験しましたが、自殺は自責の念と後悔で…言葉に出来ない苦しみです。

本当は誰もいなくて一つの意識があるだけだと分かっても、最愛の家族に会うことができないストーリーは悲しすぎます。

重い内容で申し訳ありません。




このコメントをもらったとき、ふと一人の人が頭をよぎりました。

先日紹介した、大和田菜穂さんです。

彼女なら、どのようなな回答をくれるのかと思い、楽しめない夢さんのコメントをコピペしてメールしてみました。

すると、こんな返事を送ってくれました。




ここから出る言葉をそのまま書きますね。


悲しすぎる出来事ですね。

そして、この方が10年経った今でも苦しいのが伝わってきます。

でも、ここから伝えているメッセージは、誰かが楽になる為のものでも、自分に起きたことをストーリーとして理解することでもありません。

完全に違う世界の描写だけなのです。

だから、個人が、起きた現象をストーリーだと理解しようとしても、辛さは変わらないし、個人にはストーリーだということが本当には分かりません。

夢、ストーリーということを、苦しみを抱えている人に言っても、怒りになるか、絶望になるかだけで、一生懸命に単なるストーリーと思い込むことで、楽になる為のメッセージではないのです。


彼女の悲しみも、親の自殺も、ストーリーも、全部同じ所からでていて、全部全体の表現で、誰かが経験している訳ではないし、誰かに起きている訳でもありません。

でも、これを個人に伝えて、受け入れろと言う方が無理ですし、普通は受け入れられないのが当たり前です。

ここから言えば、残酷に聞こえても、冷たく聞こえても、全てがそのままの描写なのです。


一つだけ彼女に言えることは、自由は、その悲しみの中にあります。

悲しみを避けようとすると、苦しみはより大きくなります。

悲しみの感情の中に自由があるのです。


・・・・・・・・



彼女が伝えたいのは、悲しみの経験をした人が、「これは夢だから。これはストーリーだから」と自分に言い聞かせても、何にもならないということです。

文中に出てくる、「ここから言う」というのは、ノンデュアリティの世界から言うということです。


確かに夢であるということが真実ですが、そう思おうとしている「自分」がある以上、たんなるごまかしに過ぎません。

彼女の言うとおりです。

身も蓋(ふた)もない言い方に聞こえますが、徹底的にその立場から伝えることは、たとえ反感を買われても大切なことだと思います。


「それじゃ、どうしろというのだ」と自我は叫びますが、どうにかするということではないのです。

真実は人を助けないように見えますが、真実だけが本当の救いに導くことが出来ます。

これも言葉の限界で、実際には導かれるような人は誰もいないのですが。


ただことは起きている。

感情や思考さえも、ただ起きているということであり、それを経験している「私」は存在していないということです。


阿部流に言わせてもらえれば、自殺も起きることとして起きました。

それ以外は決して起きなかったのです。


でも実際には自殺した人はいません。

最初からその身体の中には個人は存在せず、全体がその身体を通して表現されていただけだからです。


あなたも同じです。

あなたはいません。

違う言い方をすれば、あなたが全体であり、永遠です。



楽しめない夢さんの気持ちが、少しでも楽になることを願っています。


そして最後の言葉


「一つだけ彼女に言えることは、自由は、その悲しみの中にあります。

悲しみを避けようとすると、苦しみはより大きくなります。

悲しみの感情の中に自由があるのです。」


素晴らしいですね。

菜穂さん、ありがとうございました。




多くの人に伝わるように、ランキングに登録しています。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も何か書いてみます。 いつも応援ありがとう。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 自分なんか存在していなかったと気づいたあの日、すべてを動かしている全体の力を感じました。 それを昔から人は「神」と呼んできたこともわかりました。 ... 続きを読む
今日も何か書いてみます。

いつも応援ありがとう。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村



自分なんか存在していなかったと気づいたあの日、すべてを動かしている全体の力を感じました。

それを昔から人は「神」と呼んできたこともわかりました。


それまではこの世で上手く生きるために、あれこれと策を巡らし、なるべく失敗することが無いように慎重に生きてきていました。

いつも緊張し、深刻さを抱えながらの毎日だったと思います。

自分が抜かりないから、ここまで生き残ってきたと思っていたんです。

ところが、そんな自分は存在していなかった。

自分がコントロールしながら危険を避けてきたつもりでいたのに、そんな自分は存在せず、事はただ起きていたのでした。


なんってこった。


すべては神(?)の仕業だったんだ。

どこかで知っていたような気がする。

それなのに僕は、神よりももっと上手く生きられると思っていた。

任せてしまうと、気まぐれな風に翻弄されて、どこに飛ばされていくような気がしていたんだ。


まてよ?

どこに飛ばされたっていいじゃないか。

この宇宙の摂理が完璧ならば、個々に与えられている宿命も完璧なはずだ。


もしこの先、住む家も仲間もなくして、路上で野垂死していくとしても、それが神の思し召しならばそれでいいじゃないか。


そう思った日から、流れ流れていまの生活があります。

あの時の勇気はいまも失われていません。


この先、人生がどこに向かっていくのか、思召すまま、流れのままにです。


それは、何も考えないのとは違います。

その時その時の思考も、衝動も、神という源泉から沸き起こってきていることを知っているということです。

自分が考え、自分がやっていたという感覚から、すべては起きているという感覚になっただけです。


考えは湧くけれど、考える自分は存在しません。


そしていまも、起きることが起きているのです。


あなたも同じだよ。


気楽に行こうね。


気楽に悩んで、気楽に落ち込んで、気楽に傷つこう(^^)/


大丈夫、神は神様だから、任せてごらん。




いつも支えてくれてありがとう。

おかげで新しい人がこのブログに出会っています。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村


・・・・・・・・・


仙台での講演会、たくさんのお申込みありがとうございます。

今回は天然ブッダの向老師をお連れします。

人生観の根幹が変わるような話を聞きに来てください。


5月9日16:30開演です。

詳細はコチラから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

来てくれてありがとう。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 今日もアンドレギャニオンのめぐり逢いを流しながら書いています。 あなたも同曲を聴きながら読んでみてください。 こうして静かに在る時間は、ただ現象があるだけで、いままでに ... 続きを読む
来てくれてありがとう。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村



今日もアンドレギャニオンのめぐり逢いを流しながら書いています。

あなたも同曲を聴きながら読んでみてください。



こうして静かに在る時間は、ただ現象があるだけで、いままでにどこにも行っていなかったこと、そして実際には何も起きていなかったことを教えてくれます。

いろんな人が通り過ぎて、いろんな感情が通り過ぎて、いろんな景色が、いろんな出来事が通り過ぎていったけど、いまもこうして、いまここに在ります。


ここにある「いまここ」は、30年前の「いまここ」と全く同じものです。

動いていないし変化していません。

これからも永遠に同じものです。


何をしても、しなくても、「これ」はここにあります。

ここには全部がそろっていて、無いものがありません。


皮肉なことに、求めたものだけが無いものになります。

だってないと思っているから求めるのだから。


この宇宙的ジョークの中で、今日もたくさんの夢が絡み合うのでしょう。

そして、何も起きないのです。


いい夢見ようね(^^)




人気ブログランキングへ


にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、禅アカデミーにアップされた向さんの動画メッセージは、「ただする」というタイトルでした。 ちなみに数日おきに、僕と向さんが順番で配信しています。 「ただする」というのは、行為をあれこれ考えながらするのではなく、ただするのです。 ただお茶を飲 ... 続きを読む
先日、禅アカデミーにアップされた向さんの動画メッセージは、「ただする」というタイトルでした。

ちなみに数日おきに、僕と向さんが順番で配信しています。


「ただする」というのは、行為をあれこれ考えながらするのではなく、ただするのです。


ただお茶を飲む。

ただ洗い物をする。

ただ歩く。


何をするかではなく、どんな状態でするかを大切にします。


同アカデミーの沖縄サットサンで、ある女性が

「料理をしているとき、それをしている自分がいなくなって、ただ行為だけがありました」

と分かち合ってくれました。

向さんも、まさにそれこそが自他一如の「ただする」ということだと喜んでいました。


このところ何度も伝えているノンデュアリティ(非二元)も、まさに同じことです。

行為はありますが、行為者がいません。

ただことが起きているのです。


このような状態は、日常の中でふいに訪れます。

僕だけでなく、誰の身にも起きていることです。

しかしあまりにも当たり前すぎて、そこに価値を感じないので、見過ごしてしまう人が多いのです。

当たり前のものには価値を感じないのですが、「ここ」にあらゆる人が求めているすべてがあるのです。


「ただする」


この禅的アプローチを生きれば、ストレスが溜まることはありません。

ちょっとこの感覚を日常の中で試してみてください。




最近クリックしなくなったかもしれませんが、たまにはいかがですか?


人気ブログランキングへ


にほんブログ村


・・・・・・・・・・・


ワンネス・非二元・アドバイタ・全体意識・ノンデュアリティ・さとり・目覚め・・・・・・

様々な言葉で語られてきた、ただひとつの真理があります。

いま欧米では大きな関心が集まりブームになっているそうです。


しかしおひざ元の日本では、はるか昔から「禅」という伝灯の中で、粛々と継承されてきました。

そして神がかりな特別なこととしてではなく、日常の世界に取り入れてきたのです。


禅の知恵を学ぶというのは、本当の自分を学ぶことであり、本当の自分を学ぶというのは、自己の不在を見抜くことです。

そのとき「いまここ」が出現します。


この一点を伝えるために、僕たちは20年間にわたり活動を共にしてきました。

今回は初めて東北の地にお邪魔します。

仙台講演会のお申し込みを開始します。


向老師&阿部敏郎 講演会

2015年5月9日

16:30~19:00


最初に向老師が、次に阿部敏郎が、そして最後は2人の対談になります。


会場等の詳細はコチラから。

このエントリーをはてなブックマークに追加