かんながら

阿部敏郎の公式ブログです。

2016年03月

今日は匿名でさんからの質問 >いまだに疑問なことがあります。 >覚醒体験をした人の多くが「とてつもなく眩しい光に包まれ」とか、「至福状態」とか「恍惚状態」になるとか表現します。 >このような体験は普通の日常では体験できないものであり、未体験者にとって ... 続きを読む
今日は匿名でさんからの質問


>いまだに疑問なことがあります。

>覚醒体験をした人の多くが「とてつもなく眩しい光に包まれ」とか、「至福状態」とか「恍惚状態」になるとか表現します。

>このような体験は普通の日常では体験できないものであり、未体験者にとってはとっても素晴らしいく気持ちの良い状態なのではないか?とその状態を目指したいと煽られます。

>阿部さんも上記のように表現されていましたが、どうしてこれを「普通のありふれたこと」というのでしょうか?



至高体験は何の前触れもなく突然訪れます。

言葉では表現できない至福感に圧倒され、時間と空間のない光の中で、すべてが一つであったことが顕になります。

人生で大切にしてきた宝物が、ゴミにみえるくらいの圧倒的な体験です。


このような体験は生涯一度きりです。

なぜならこの瞬間に起きたことは、それまで凝縮していた意識が、瞬時にして宇宙大に広がったときの感覚だからです。

それまでの凝縮が強ければ強いほど、その瞬間の開放感は激しい快感となります。

このような瞬間をひとたび味わうと、また同じ体験を求めて旅が始まりやすいのですが、同じ体験は二度と起きません。

なぜなら、すでに一度拡散したエネルギーはもとには戻らないからです。


その宇宙的感覚は、本来の存在の地平であり、誰をも生かしている「普通のありふれたこと」です。

覚醒体験者が報告する至高体験は、普通のありふれたことに帰る瞬間の体験であり、その後はずっと普通のありふれたことの中にいます。

至高体験を求めて修行する人がいますが、そのような体験がなくても、少しずつ凝縮が溶かれていくケースもあり、真理に至るために必ずしも必要なことではありません。


至高体験を悟りの証明にすることもできません。

反対にこのような体験は、記憶として所有され、自分を飾る新しい勲章になってしまいがちです。

これを精神の物質主義と呼びます。


このような体験を求めれば真実から遠ざかります。

本来は誰もが同じ地平にいますし、それ以外であったことはないし、変えなくてはいけないことも、達成すべきこともないのです。

すべての探求が終わったとき、あなたが「普通のありふれたこと」と呼ぶ、あるがままの「これ」があります。


まさにいま生活で、目の前のすべてが「これ」なのです。

「これ」しか存在していません。

その中には、あなたの思考や感情や感覚も含まれています。

そして見えるもの、聞こえる音、そのすべてが「これ」です。


「これ」を完全に受け入れ、「これ」と一つになれば、それが探し求めていた全てです。


その後も人生は続いていきます。


無条件の愛を表現し、おだやかな微笑みを浮かべ、静かに生きるなどとは思わないでください。

エゴを克服し、超能力を発揮し、高次元のパワーを手に入れるなんて思わないでください。


何も変わりません。

いままでどおり、あるがままにあるだけです。


ひとつだけ違いを語るとすれば、深刻さが消えていること。

気楽さの中にいるということでしょうか。


なにかに成ろうとせず、いまある「これ」に寛ぐ。

ドラマチック性に欠けて面白くないように見えますが、ここにしか真実はありません。


おかえり♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

引き続きゴールデン次郎さんから昨日寄せられたコメント。 >毎日毎日,瞑想して,「これ」とか「それ」ってもっと壮大なものと勝手に決めてました。 まったくもってその通り。 伝統が仰々しく伝えて来た真理は、笑っちゃうくらい当たり前のことであり、修行の有無 ... 続きを読む
引き続きゴールデン次郎さんから昨日寄せられたコメント。

>毎日毎日,瞑想して,「これ」とか「それ」ってもっと壮大なものと勝手に決めてました。


まったくもってその通り。

伝統が仰々しく伝えて来た真理は、笑っちゃうくらい当たり前のことであり、修行の有無とも関係なく、ましてや霊格だとか、前世だとか、男だとか女だとか、生まれも生い立ちも、職業も身分も、そんなことには全く関係ないことだったのです。

大げさな権威が真理から我々を遠ざけてきたことが少しでも伝わればと思って、出すぎた真似もしてきました。

そんな時代が長すぎて、多くの人が自分にはまだ準備ができていないと誤解しています。

本当はみんながブッダなのに。


EMIさん

>腑に落ちた事、理解出来ない事、どちらもどうでもよくて 

>ただ、もう既に これで 最初の最初から これなので探しようがない。

>これは宝物や宝探しでは無くて 普通の事すぎるから難しい。

>でも普通でいいんです。普通だけど それが奇跡でミラクル。

>探そうとすると隠れてしまう。 これしかない。という確信があるだけ。


最初の最初からこれなので探しようがない。

その通りです。

しかも一度も失われたことがないから、あることに気がつかない。

いまもあるのに、人は「これってどれだろう」って探し始める。

そしてまた永遠に取り逃がしていく。


どうやって言葉で示したらいいものか。



話は全く変わりますが、昨日の夕方コンビニから電話がありました。

僕が財布を忘れていると言うのです。

財布の中に電話番号が記されたものがあって、それでかけてくれました。

免許証からクレジットカードから保険証から、大切な物が全部入っていたので助かりました。


でも海外ではこんな風にはいかないでしょうね。

日本の良さって当たり前になっていて、気づかないことが多いと思います。


もし世界中の財力が日本に集まったとしたら、日本人はどうするでしょう。

独り占めするでしょうか。

他国に分けるとしても、まずは日本がふんだんに頂いて、残りを分配するでしょうか。

どう思いますか?


僕は、日本人はそうはしないと思います。

もちろん自分たちのことも考えますが、たぶん必要以上に欲張ることはせず、最も援助が必要な国から始めて、なるべく公平に分配しようとするのではないでしょうか。

これが普通の日本人感覚です。

そういう感覚を持つ国って少ないと思います。


これからの世界に、日本の果たす役割は極めて大きいという点で一致した人がいました。

遺伝子工学の村上和雄博士(筑波大学名誉教授)です。

村上さんとは、まことに奇妙な縁で結ばれていたことが後に判明するのですが、歴史観やこれからの世界観にも共通するところが多々ありました。

とても楽しく話ができたのを覚えています。


村上さんとのコラボ講演会の第一回目の模様を、スピタメ!にアップしました。

この時は「笑い」が人体に及ぼす影響を中心に話が展開しました。

一昨年、虎の門ニッショーホールで収録した動画です。

笑い満載で、腹がよじれること間違いなし。


スピタメ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の話はとても重要なので、ざっと流し読みをするのではなく、時間がある時にじっくり読んでみてください。 ノンデュアリティ(非二元)について、様々な角度から解説してきましたが、最初に伝えておきたいことは、このメッセージを解ったと思っている人は、根本的な ... 続きを読む
今日の話はとても重要なので、ざっと流し読みをするのではなく、時間がある時にじっくり読んでみてください。


ノンデュアリティ(非二元)について、様々な角度から解説してきましたが、最初に伝えておきたいことは、このメッセージを解ったと思っている人は、根本的なところの的を外しているということです。

と同時に、徐々に解ってくるのも事実であり、それはとても大切なことです。


ここまでの文章で、すでに矛盾が出ていますね。

それくらい一筋縄ではいかない世界の話です。

では難解なのかといえばそうではなく、逆に、あまりにも当たり前すぎて見逃してしまう何かです。


このメッセージは、他の深遠なる真理のすべてを含み、全てを超え、唯一無比の絶対的真理であり、このことに比べたら、あらゆる経文も、あらゆる聖典も、なにもかもが人間のイマジネーションに過ぎなくなります。

こういう表現をしてしまうと、また余計な反応を引き起こしてしまいますが、人生のすべてをかけて断言しておきます。


僕がこのメッセージに最初に出会ったのは30年前になります。

アドバイタというヒンズーの伝統でした。

その中の逸話に、とある修行者の話があって、彼は生涯にわたり「二ではない(アドバイタ・ノンディアリティ・非二元)」という言葉しか発しなかったそうです。

そして怪しい奴として捕らえられ、あらゆる尋問に対して「二ではない」と答え続け、殺されてしまったというのです。


「二ではない」という言葉の意味は、「一」のことなのですが、「一」と言ってしまうと次の「二、三、四・・・」が連想されてしまうので、絶対的に一しかないという表現として「二ではない」となるのです。


違う言い方をすれば

「これしかない」

となります。

僕は「これしかない」という言葉のほうが実感できます。

そしてこの一言に秘められた、途方もなく深い真実を感じます。


実はこのブログでは最初からその世界を伝えようとしています。

なるべく多くの人に解ってもらうために、そして拒否反応が起きないように、小出しにして伝えてきました。


とは言うものの、僕自身は、完全にその気配に包まれる時間帯もありますが、現象に埋没する時間帯もあり、肉体を持っている以上は、これが限界なのだろうと思ってきました。

それが一年前、自分のそれまでの想像を超えた人物との出会いがあり、認識が変わり始めたのです。

国内外に多くのメッセンジャーが存在しますが、ここまで徹底した人を他に知りませんでした。

しかし、そのルックスや、現れや、個性が、真理体現者(実際にはそのような者の不在)のイメージとは程遠く、僕が独断と偏見で一人の人物に傾倒したと思った人達もいて、さりげなく他のメッセンジャーを僕に紹介したり、推薦したりしてくれました。

多くのメッセンジャーがいて、そこに響く人達もいて、それでいいのだと思います。

ただ、阿部はこのように感じているというだけの話です。


いい歳をして、若い女にとち狂ったと思った人もいました。

そのように見せてしまったのは僕の不徳のたまもので、せっかくの機会をこのようなことで遠ざけてしまったとしたら残念なことでした。


ここでハッキリと言っておきます。


僕は・・・



熟女ファンです。


どうでもいい話になってしまいましたm(_ _)m


さて、ゴールデン次郎さんからのコメントです。


>世界中で悲惨な出来事が起きているというのに、ノンデュアリティでは、それは2元の世界でただ起きることが起きているだけという解説で本当にいいのでしょうか?


という趣旨の指摘があり、その延長で、

>ノンデュアリティーの活動指針、目的が、「趣味嗜好,自己満足」なのか、「解説」なのか、「世界人類の救済」なのか、一度明確に言葉でお聞きしたいです。

と続きます。


まず最初に伝えたいのは、この真実によってしか根本的救済はないという確信が活動の背景にあります。

人類は夢の中で生きていて、しかも誰ひとり自分が夢の中にいることを知らず、そのような状態の中でこのメッセージが正確に伝わるのは極めて稀です。

なぜ稀かと言えば、人々は自分の夢を強化してくれるメッセージに惹かれますし、このメッセージさえも夢の中に取り入れてしまうからです。


マスター達の役割は一つしかありません。

それは夢から覚めることのサポートです。


世界人類の救済という考えも夢の一部です。

しかし結果的に、目覚めだけが世界人類を救済することが出来ます。

そして関心は、救済しかありません。



今回のサットサンを通して、新しい現象が生じていました。

やっと正確にメッセージが届きだしたという現象です。

一年近い時間がかかりましたが、ここから一気に加速していくと思います。


いままでに参加して消化不良だった人は、そこも通過点として必要なことであり、これからはもっと強い気づきに繋がり、あなたの人生観を根底から変えてしまうことでしょう。

いまここの「これしかない」という言葉の意味を深く理解することになります。

そして祝福に包まれるのです。


>世界中で悲惨な出来事が起きているというのに、ノンデュアリティでは、それは2元の世界でただ起きることが起きているだけという解説で本当にいいのか?


ノンデュアリティのメッセージを掻い摘んで所有すれば、あなたのような疑問が湧いてきて当然です。

起きることが起きているだけというのは真実ですが、悲惨な出来事に対して当てはめようとすること自体が、夢の中にいることを示しています。

「当てはめようとすること自体が夢の中にいる」

この言葉が解れば、あなたはとても真実に近づいています。


人は夢の中にいながら、自分が夢の中にいることを知りません。

夢がすっかり現実になってしまっているからです。


だからと言って、悲惨な出来事自体が幻想だと言っているのではないのです。

悲惨というのは解釈だとか、そんな話ではありません。


真実は、いまモニター画面を見ているという事が起きていて、頭の中にあれこれと考えが巡っている、それだけです。

真実は、いつも「いまここ」にあるのです。

そしてその真実こそが、あなたが物心ついてからずっと求めてきた唯一のものです。


それはいつの日にか達成されるものではなく、まさにいまある「これ」です。



「これしかない」


このエントリーをはてなブックマークに追加

いま僕は好きなことをやっています。 気づきを人と分かち合うことが大好きなのです。 自分が経験して、これはと思ったものがあれば、とことん勉強して、それを仕事にしてきました。 好きこそものの上手なれは、本当だと思います。 他の言い方をすれば「天職」 ... 続きを読む
いま僕は好きなことをやっています。

気づきを人と分かち合うことが大好きなのです。

自分が経験して、これはと思ったものがあれば、とことん勉強して、それを仕事にしてきました。


好きこそものの上手なれは、本当だと思います。

他の言い方をすれば「天職」と言うこともできます。


天職かどうかの見極めは、

まずは、そのことが好きであるということ。

そして自分は人よりも、そのことを上手くできるという密かな自信があること。

世の中で一番ということではなく、一般的な人よりも得意という意味です。


そのようなものは努力が苦になりません。

だから努力(本人はそう思っていない)を惜しまずに、結果として人よりも上達するのです。

さらには、やっている途上で、もっとこうしたらいいのではないかという新しいアイデアが出てくるようならば、それはほぼ天職と言ってもいいでしょう。

同じようなことに関心を持つ人に、そのアイデアを提供できたとしたら、それはすでに独自の仕事になっています。

それによって、喜んでくれる人がいてくれたら、そんなに嬉しいことはありませんね。



いいなァ阿部さんは好きなことで生活できて、と思う人がいるかもしれませんが、実は何事にも嫌なことは付いてまわります。


たとえば僕の場合なら、一方的な誹謗中傷を受けたり、揶揄されたりしてきました。

いくら苦しむことが減ったとしても、やっぱり人間だから嫌なものは嫌です。

そうされたら心の痛みを覚えると分かった上で、あえてそれをするのですから、人間には残酷な面があると思います。

僕自身にもそのような面があるので、やった者たちを責める気はありませんが、まさに人は自分の鏡だと思いました。


誰かが悪感情を抱いて、意図的に事実を歪めて発表すると、それに追随する者が現れます。

その数が増えてくると、いつのまにか曲げられた事実が真実となり、コイツは攻撃してもいいんだというような風潮が生まれ、バッシングに激しさが増してきます。

言われていることが事実かどうかには関心がなく、善悪二元論の立場から悪者を懲らしめるのです。


おそらく社会では、このようなことが日常茶飯事に起きているのでしょう。

当事者になれたことで、少し視野が広がったように思います。

報道される有名人の不祥事も、文字通りには受け取らないようにしています。


にも関わらず、こんな悪い人が、こんな悪いことをしたという記事を目にすると、世の中にはひどい人間もいるものだと、つい鵜呑みにしている自分もいたりします。

たとえそれが匿名で責任を取らない人の発言であっても、どこかで信じてしまう人間がいる以上、やはり言葉は暴力になりうるし、他人の社会生活を阻害する道具にもなると思います。


このような一連の出来事は、自分や他人の心の闇を見ることに繋がりました。

この二元の世界では闇があるからこその光なのですが、闇を闇として放っておかないで、生きやすくしていくのも人間の知恵です。

それが「愛と瞑想」の知恵だと思っています。


来月の講演会は、愛と瞑想についての話と共に、人間が持つ心の闇のカラクリと対処法についても話していきたいと思います。

自分自身や家族のことなどで、手に負えないと思っている人もいらしてください。


こうやって嫌な出来事も、ちゃっかり自分の仕事につなげていくのだから、やっぱりこれが僕の天職なのでしょう(笑)


・・・・・・・・・・・


4月の講演会


大阪  4月17日(日)


東京  4月24日(日)


詳細は上記都市名をクリックしてください。



それから4月3日の引き寄せとノンデュアリティのイベント。

キャンセルが出たそうなので、ご紹介します。

詳細・お申込みはコチラから。


このエントリーをはてなブックマークに追加

僕たちは、何かにつけて色々な考えを持ちます。 しかしその考えは、優しい気持ちの時と、意地悪な気持ちの時では、まったく違っています。 考えというものは、とても不確かなものなのです。 いつもチェックすべきは、まさにいま、優しい気持ちでいるかどうか。 ... 続きを読む
僕たちは、何かにつけて色々な考えを持ちます。

しかしその考えは、優しい気持ちの時と、意地悪な気持ちの時では、まったく違っています。

考えというものは、とても不確かなものなのです。


いつもチェックすべきは、まさにいま、優しい気持ちでいるかどうか。

どんな立派な考えより、優しい気持ちが大切だと思います。

それは特定の対象に向かうものではなく、ありとあらゆるものに向かいます。

優しい気持ちって何?って、頭を使いだすとしたら、いまはそこにいないということです。



みんなが優しい気持ちを持てば、世の中の大半の問題は消えてなくなることでしょう。

何故ならそれは、個々の心の中の問題がなくなるからです。



優しくできない時もあります。

出来事に巻き込まれてしまったり、心の中に怒りが溜まった時などです。

そんなときは、相手が不幸になることを望むことさえします。


でも優しい気持ちの時は、すべての人が幸せであることを望みます。


やっぱり、どんなに正しい意見より、優しい気持ちが大切だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日のWeb瞑想会。 始まる前からカメラを付けっぱなしにしていて、風呂上りに裸で部屋を動き回り、しっかり配信していました。 安心してください、履いてましたよ。(下だけ) でも見た人達は、まことにお気の毒でした。 数日前、家に瞑想を受けに来てくれた ... 続きを読む
先日のWeb瞑想会。

始まる前からカメラを付けっぱなしにしていて、風呂上りに裸で部屋を動き回り、しっかり配信していました。


安心してください、履いてましたよ。(下だけ)

でも見た人達は、まことにお気の毒でした。


数日前、家に瞑想を受けに来てくれた人の中に、この現場を見た人がいて、どうしようかとハラハラしたそうです。

だったら切ればいいのに、そういうのって目が離せなくなるんですよね。

怖いもの見たさ(笑)


いつもは500人くらいの人でやっているWeb瞑想会。

これが本当に半端なくパワフル。

そのうち一般公開して大人数でやってみましょう。

我々の意識が、各々の体の中に閉じ込められているわけではないことを、体験的に実感できます。


皮膚の内側が自分で、皮膚の外側が世界だという観念が消えた時、人は何を思うのか。

そういえば量子力学の保江教授が、皮膚を剥いで抱き合えば、自分が宇宙だったことが分かるって言っていたけど、そこまではしたくない(笑)。保江さんとのコラボも面白かったな。


愛のあるセックスも、そういう感覚をもたらしてくれますよね。

どこまでが自分で、どこからが相手か分からなくなる。

愛のないセックスはただのレスリングだけど、愛は人を存在の高みに引き上げてくれる力があります。


で、何が言いたいのかというと、瞑想と愛は全く違う入り口から同じ次元に入っていくということ。


愛が深まれば瞑想的になるし、瞑想が深まれば愛を見出します

大ざっぱに言えば、東洋は瞑想の道を、西洋は愛の道を奨励してきました。

いまそれが統合されようとしていると感じます。

このブログもさらに瞑想的に、さらに愛にあふれる場になれたらと願っています。


来月、「愛と瞑想」というテーマで講演してみようと思います。

また我が家でやろうと思いましたが、悲しいかな20名しか入れない。

久しぶりに会場を借りて東京と大阪でソロ講演会をしてみます。


もうすぐ春ですね。


・・・・・・・・・・・・・・


大阪

4月17日(日)


東京

4月24日(日)


詳細は上記都市名をクリックしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

>脳死状態になると、わたしがいのちという意識(あのなんだか変わらないような、永遠そうなやつ)はどうなるのですか? >(あのなんだか変わらないような、永遠そうなやつ) ここが僕的にはヒットでした(笑) 言いたい事はよくわかります。 内なる永遠の存在は、認 ... 続きを読む
>脳死状態になると、わたしがいのちという意識(あのなんだか変わらないような、永遠そうなやつ)はどうなるのですか?

>(あのなんだか変わらないような、永遠そうなやつ)



ここが僕的にはヒットでした(笑)

言いたい事はよくわかります。

内なる永遠の存在は、認識する自分が無くなっても存在しているのか。

だとしたら、どうやってその存在を知るのか。

という意味ですよね。


もちろん我々を生かしている存在が消える事はありません。

と言うよりはその存在自体が我々そのものであり、我々こそが永遠の存在です。


それは内側だけでなく、外側のあらゆる現象も作り出しています。

いまあなたの目の前に広がる全ても、その存在の表れです。


さてあなたはそんな外側の現象を、自分がいるから認識できていると思っているかもしれません。

しかしそれは間違いです。

自分が消えても認識は残るからです。


認識という言葉が最適かどうかは別として、現象を認識しているのは自分ではなく、現象自体が認識しているという感じです。

それをほんの少し後に、脳が情報として処理し解釈しているにすぎません。


これは自分という感覚、菜穂さん流に言えば自己というエネルギーの凝縮が消えた時にはっきり分かります。

すべては、ただ在るということが。


それでも、「いったい何がそれを認識しているのか」という疑問は消えません。

なぜなら、我々は見るものがいて見られるものが認識できているという考えから離れられないからです。


分離した何かが対象を認識しているのではないことが分かると、本当の自分はあらゆる現象そのものであり、永遠の存在だということが分かります。

これが救済の瞬間となります。


知的にはいくらでも捏ね回して難しくする事ができますが、実はこの唯一の真実は極めてシンプルで明らかな事です。


・・・・・・・


大和田菜穂さんのブログには毎日素晴らしい詩が綴られています。

彼女から表れ出ている存在は、これからの時代、多くの人の道標になっていく事でしょう。

https://alreadyis.wordpress.com

このエントリーをはてなブックマークに追加