キリストは、僕たちが神の子であることを教えてくれた。


それは釈迦も同じだ。



だがキリストの教えは、限りなく優しく愛に満ち、そして言葉使いが易しい。

その詩的な美しさは釈迦も敵わないほどだ。


なぜ二人は同じ事を言うのでも、これほどの違いがあるのだろう。




時代背景や文化風土の違いもあっただろうが、最も大きい理由はこうだ。



彼らの言葉は、彼らが自分の弟子に語った内容を弟子達が思い出して記したものだ。

キリストに集まってきた使徒達は、漁師や農夫が中心で、教育を受けた者はほとんどいなかった。

教育を受けていたのは、キリストを売ったとされるユダと、疑り深いといわれたトマスくらいのものだろう。

無学ではあったが彼らは純朴で純粋な人たちだったようだ。




僕たちが何か自分の知識を人に話す時は、自分本位に話すのではなく、聞いている人にわかるように話をするだろう。


だからキリストの話にはたとえ話や易しい表現が多いのだ。

それは学問的な話になりようがない。




一方、釈迦に集まってきた弟子達は、当時のインドを代表する知識層、今でいう東京大学の学長クラスだった。

その人たちが相手であれば、緻密な理論を自由自在に操る事ができただろう。


さらに仏典の多くは、釈迦が直接話したものだけではなく、後世になって多くの突出した宗教家達が、次々とその理論を完成させていったものだ。

仏教が哲学的なのはそのためだ。




しかし、よくよくその両者を味わってみると、ひとつなる真実が浮き上がってくる。


それは言葉を超えた、経験的に理解すべき境地であり、まさに「いまここ」で我々を生かして止まない大いなる力への信頼だ。



それをキリストは「思し召すままに」と表現し、釈迦は「南無」と表現した。


キリスト教文化で育ち、インドで学んだビートルズは「Let it Be」と歌った。



僕たちは守られている。

何が起きても、僕たちが大いなるものとひとつである事実は変わらないのだから。



そのことを理解し感謝することが、僕たちに与えられた唯一の仕事だろう。







今夜はそれをするのに最もふさわしい夜だ。