人類全体が、いまあるがままのものを見失って、ありもしない明日に取り憑かれているのは、まるでマジックのようだ。

というより催眠術かもしれない。

みんながそうだから、誰もそのことを疑わない。


たまたまいまここに目覚めた者が、「夢から覚めよう」と声をかけても、それさえも明日の目標になってしまう。


なぜこれほど明らかな真実を、人類規模で見失うことができたのだろうか。

すっかり眠りこけていると、自分が眠っていることに気が付かない。

人類全体が催眠術にかかっているなどと言えば、大言壮語にしか聞こえない。


真理はあるがままに、いまも目の前にあって、いままで一度も隠されたことがないのに、真理に対する書物は山ほどある。

きっと人は、あるがままの真理より、真理について語る方が好きなのだろう。


あるがままをあるがままに見ることができたら、それがゴールだ。

そのゴールは最初から与えられていたので、スタート地点でもある。

いままでに一度も隠されたことがないのに、一度も気がつかないで死んでいくなんて。


まずは、この人生が幻滅しか与えてくれないことを見抜くこと。

意味を後付して、人生に意義があるかのように思いたくても、それらが独りよがりの慰めだということを見抜くこと。

少し過激な表現になってしまったけれど、人生が無意味であることを見抜くことが基本的な第一歩になる。


このアプローチに徹底しようとした仏教は、西洋では厭世主義(ペシミズム)に見られてきたけれど、実際にはこの道しかなく、最も誠実な教えだと思う。

しかし仏教さえも、人生の意義を深めるための道具にされ、素晴らしい明日を約束してくれる教えになってしまった。

一般受けはしないけれど、まずは人生に幻滅し、明日への希望が一切絶たれることが必要なのだ。

その時初めて、あるがままのいまに目を向けるチャンスが訪れる。


この夢が、目覚めたくなるくらい悪夢になったとき、それが仏の膝元だ。


もうこのあたりで、いいんでねえ?

十分に悪夢だと思うけどな・・・



人生に希望はない!!


あはは、言い切ってみればなんだか爽やかでしょ?


さあ、ご一緒に


「人生に希望はない!!!」


はい、真理へのチケットを差し上げます。

やっと、あるがままのいまに目を向けることができるようになりました。

皮肉なことに、ここには求めていた全てがあります。


苦しみが消えた世界にようこそ。


真理! (天地真理じゃない)

汝の名は「至福」