人は夢を見るために生まれてきたのかもしれない。

夢と言っても希望のことではなくて、夜に見る夢でもなくて、こうして生きていること自体を夢と言っている。


何のことかピンとこない人もいるだろうけど、本当のリアリティはいつもいまここにあって、それはいいとか悪いとか解釈する以前にただあるがままにあるわけ。

ところが人はそのあるがままを解釈し、そこに記憶を投影したり、想像したり、いろんな思いを持って物語を作りだして生きているわけです。

その思いの物語を夢と呼んでいる。


『いまここはどこにも向かっていないのに、物語の中の自分は未来に向かって生きているつもりでいます』


この言葉が腑に落ちるには、徹底的に「いまここ」を体験するしかない。

その体験は「いまを生きる」というのとは違う。

そんなものはちっとも「いま」じゃない。

時間としてのいま、夢の中のいまに過ぎないから。


言っていることわかる?


わからなくても話を先に進めるね。


本当は何も起きていないんだけど、思いの中ではいろんなことが起きている。

上手くいっているとかいないとか、幸せだとか不幸だとか、いつかああなりたいとか、誰それは自分よりも上等だとか劣っているとか、とにかくいろんなことが渦巻いていて、その思いの世界を少しでも向上させようとするのが大方の人生なわけ。


その全部を夢と言うわけです。


少し分かった?

えっ?分からない?


それはね、この情報も夢の中で読んでいるから。

すでに多くの判断が持ち込まれている。



で、話を戻すと、人は夢を見るために生まれてきた。

夢が悪いって言っているんじゃないよ。

ただ、夢を見ているという事実を指摘しているだけ。


だから思いきり夢を見ればいい。


たとえ一生夢を見たとしても、あなたは夢の中の登場人物の自分じゃなくて、夢を見ている何らかの存在だから。

その存在は、見ている夢がどんなに残酷でも、苦しくても、まったく影響されていない。


このことは夜見ている夢と同じこと。

どんな酷い夢でも、目が覚めてみればあなたは何も傷ついてないでしょ。

それと同じ。

楽しい夢も、悲しい夢も、覚めてみれば大して違いはない。夢は単に夢なのだから。

だからどんな人生も、本当は大して違いはないわけ。

夢の中では、大層な違いを感じるけどね。




そんな夢の中に釈迦みたいなのが出てきて、目覚めについて語りだす。

なぜかと言うと、夢はその特性として、やがては悪夢になるようにできているから。

その悪夢の中で人はみんな苦しみを抱えて生きているから。


たしかに楽しいこともあるけれど、その背後にあるのは一連の欠乏感や欲求不満。

そうなってしまう理由は、夢を見ているのがマインドだからだ。

マインドは判断や否定というメカニズムでできているから、幸せになんてなるはずがない。


もしあなたの隣で悪夢にうなされている人がいたら、起こしてあげたくなるでしょ?

それがブッダたちがやってきたこと。

慈愛だとか、菩薩行だとか、そんな大したことじゃなくて、ただシンプルに起こしてあげたくなる。



もう一度言うけれど、夢を見たまま死んだとしても何か失うわけじゃないし、失敗したわけでもない。

ただ言えるのは、もし目覚めたとしたら、目覚めないほうが良かったとは決して思わないってこと。

リアリティは、喜びと安堵でできているから。


昨日からオープンキャンパスを公開して、禅サンガにおいでよと言っているのは、禅サンガはあなたの夢に向かって、それは夢だと言い続けている会だから。

夢にとっては何の得もないけれど、こんな話に何かを感じるとしたら、目覚めの準備ができてきているってこと。

怖くないよ。

夢のほうがよっぽど怖い。

僕はすごい会だと思う。


オープンキャンパスで公開している動画の中で、特に最初の動画はつい先日のWeb講演の模様だけど、あれも何度も見てもらいたいコンテンツの一つです。

450-20120714011324261

サンガへのお申し込みは30日まで。

早く申し込んでくれた人には感謝の気持ちでプレゼントがあります。

と、最後は宣伝になってしまったけれど、今日一番言いたかったことはこの部分(笑)


また時間を見つけてオープンキャンパスに来てください。

見るたびに違った理解が起こるかも。


オープンキャンパス



・・・・・・・・・・・・


【お知らせ】

話は変わって、こちらはナマの阿部とナマの雲黒斎に会う機会。

言いたいことは一つだけれど、相棒が変わるとまた味が変わってくるから面白い。


10月29日

阿雲の呼吸(東京)

詳細とお申し込みはコチラから


二人でやっているブログも面白いですよ。

降参のススメ