この記事は、アンドレギャニオンの「めぐり逢い」でもかけながら、ゆっくり読んでみてくださいな。





愛があれば、自分を証明する必要はなくなります。

愛だけで十分です。


愛がないと人は自分を証明するために多くのことを目指します。


政治を志し権力を得ようとする人もいます。

有名になって賞賛を得ようとする人もいます。


もっとお金を持って

自慢できる異性を所有して


世界的な企業家に

名のある学識者に

覚者に

聖者に

一流の○○に

尊敬される人に


すべては愛の代用品。


このような話が、幻想に浸かった社会から蔑視されるのは、幻想の中には愛がないからです。

愛はすべてを超えています。


3084833f

そして人の多くは愛が何なのかも見失ってしまった。

愛を知りたければ、もの心つくまえの幼児の瞳を覗けばいい。

人は例外なく愛として生まれてきたのだから。


頭の論理を重視した文明が見失ってしまったものがあり、それが世界規模の問題を作りだしています。

しかもその問題を、愛を忘れた人が解決しようとして、どれほどの時が経ったことか。


僕たちには世界を変えることはできないけれど、自らの中に愛を見つけることはできます。


いままでに、外側の世界を探して愛を見つけた人はいません。

いままでに、自分の内側深く入っていって、愛を見つけられなかった人もいません。



今朝、何気にテレビニュースを見て、そんな風に思いました。