いますでにあるものを感謝したとしたら、どれくらいたくさんあるだろう。

僕自身も忘れがちなことなので、少し整理してみようと思う。


きっと100年前にタイムスリップしたとしたら、いまの生活がどれほど便利になったかがわかる。

電気もガスも水道も、止まってしまったときに初めてその有難さに気づく。


その昔は世界におびただしい数の奴隷がいたし、不当な権力による搾取はいまとは比較にならないものがあった。

それらも、いまの生活を失って初めて分かることだろう。


今朝起きた時、世界から奴隷制度が消えていることに感謝した人はいただろうか。

有無を言わせぬ圧制から解放されていることに感謝した人はいただろうか。

どれだけ多くの人達が、いまのような世界の実現を夢見て人生を送ったことか。


このように言うと、

「確かに昔よりはマシになったこともある。

でもこの問題はどうする?」

という思いが湧いてくる。


これがマインドの特性だ。

マインドは決して満足することがない。


マインドは、すでに与えられているものには無自覚で、足りないものを見つけて不幸や不安を覚えるようにできているから。


7194_sample

結論はこうだ。

マインドと共にいる限り、幸福を感じることはできないということ。

足りないものや、もっと幸せにしてくれそうなものに向かって、永遠に走り続けることになる。

これも大切な機能だけど、この機能に取りつかれてしまうと幸福感はいつも先延ばしだ。


足を止めて、いますでに与えられているものを数えてみようか。

水、空気、電気、ガス・・・服、靴、メガネ・・・電車、バス、スマホ、時計・・・


そんな一つ一つに「ありがたいな」って思う習慣が身についたら、自分を取り巻くムードがずいぶん変わっていくだろうね。


今日一日だけでも、時間を見つけてやってみようか。

すぐに忘れてしまうと思うけれど、そしたらまたやってみよう(^^)


・・・・・・・・・・・・


【お知らせ】

先日、瞑想を習いにいらした方が

「来るまではとても不安でした。

どんなところで何をするかと思って・・・

でも来てみたらとっても安心しました」

って。


たとえば現場風景の写真を載せるとか、僕の側にそういう工夫があったらいいね。

瞑想を習慣づけることも生きるのを容易くしてくれるからお勧めです。


初めての人には一番使いやすいハートマントラ瞑想をご指導しています。

年内は、東京、博多、大阪で開催します。


日程等、詳細はコチラから。

http://imacoco.ti-da.net/e8556274.html