かんながら

阿部敏郎の公式ブログです。

カテゴリ: アセンション

昨夜、いまここ塾が終わり、母家で仲本さんと語らった後、家に帰ってぼんやりしていた。 人って不思議だな。 その人その人で味わいが違って、2人として同じ人はいない。 だから僕に100人の知り合いがいれば100通りの関係性が生まれていて、それはすべて独 ... 続きを読む


昨夜、いまここ塾が終わり、母家で仲本さんと語らった後、家に帰ってぼんやりしていた。

人って不思議だな。
その人その人で味わいが違って、2人として同じ人はいない。

だから僕に100人の知り合いがいれば100通りの関係性が生まれていて、それはすべて独自のものだ。

地球上に65億の人がいるのなら、そこには無数の関係性があって、それらは全部独自のもので・・・うわーーー、凄い!!



その時、あるビジョンが浮かんだ。



時間という縦糸と空間という横糸があって、それが巨大なタペストリー(織物)を作り出している。


そしてそのタペストリーには65億の小さな穴が開いているんだ。

ほんの少しずつだけど、穴の大きさや形が違っている。

そのほんのわずかな違いがお互いに影響しあい、全体としての光模様の豊かさや美しさを作っているんだ。



しかもその穴は生きていて、様々に変化しているので、その全体の美しさも生きている。

生きているというのは、新しい美しさが次々と生まれて、2度と繰り返さないということだ。



そしてさらに凄いのは、その穴から漏れている光は、たった一つの巨大な光だということ。

それぞれの穴にひとつずつの光源があるんじゃない。


光源はひとつだけなんだ。




この世の素晴らしさは、この世には2人として同じ人がいないのに、全ての人は同じ源を持って生きているってこと。

僕らはみんな、同じものだったんだ。



この宇宙大の美の饗宴は、まさに今も、超バランスを保ちながら輝き続けている。

もし今、自分の輝きがなくなってしまったと感じても、それは全体のバランスの中で必要だからそうなっているわけで、いずれ輝く時が来て、またその輝きは薄れていくだろう。



たとえ今どんな自分でも、その自分が巨大なタペストリーの巨大な美しさを担っているんだ。

この宇宙には何一つ無駄なものがないという言葉の意味が、少し分かった気がした。




僕たちがひとつのものだということを、みんなで気がつくこと。

それがアセンションということだろう。






このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも人間は歴史の中でずっと戦争を繰り返してきた。 戦争をしている時と、戦争の準備をしている時があるだけで、戦争という手段が人間社会から消えた事は一度も無い。 冷戦当時から変わらず各国の軍需費は伸びる一方。 毎日どれくらいのお金が、戦争と ... 続きを読む



そもそも人間は歴史の中でずっと戦争を繰り返してきた。

戦争をしている時と、戦争の準備をしている時があるだけで、戦争という手段が人間社会から消えた事は一度も無い。


冷戦当時から変わらず各国の軍需費は伸びる一方。

毎日どれくらいのお金が、戦争と戦争準備の為に費やされているんだろう。



前に聞いた話だが、世界中が年間に費やしている軍需費の、わずか3日分で60数億の人間の一年分の衣食住がまかなえるのだという。

それがどの程度の生活かわからないが、一年分ならその百倍の生活ということになる。

それだけで、働かなくてもいい世の中になる。

すでに地上にはそれだけの生産力と富が溢れているのだ。



え?そうしたらみんな働かなくなって、世の中の機能がストップするんじゃないかって?


とんでもない。

人間の心から争いや奪い合いという概念が消えれば、幸せは健全な形でもたらされる事になる。

人間に本来備わっている健全な幸せ感とは、他者の役に立った時、世の中の役にたった時に感じられるようにできている。

したがって生き延びる心配から解放された人間は、何か自分にできることで他者の役に立つことを始めるだろう。


それも義務からではなく喜びから行動することになる。



農業が好きな人、コンピューターが得意な人、歌が好きな人、人を癒したい人、それぞれが自分のできることを率先して始めていくだろう。


十分な生活が保障されたら人間が何もしなくなるというのは、毎日我慢して仕事をしている時の発想であって、実際は人間はそのようにはできていない。


過去ログ「ゲイル星とシェイル星」に描いたような、シェイル星世界の建設だ。



読んでいない人は、それを読んだあとで自分の理想のイメージを作り出してみてね。
http://abetoshiro.ti-da.net/d2006-10-21.html






この話はまだ続くのか?


このエントリーをはてなブックマークに追加

ねえ・・・もしね・・・人間から時間という感覚が消えたら、 ものすごくいいことが起きると思うんだ。 明日や将来が無くなれば、みんな「いま」を生きだすよね。 「いま」の中には不安や心配はない。 不安や心配は未来のものだから。 人間に時間感覚 ... 続きを読む



ねえ・・・もしね・・・人間から時間という感覚が消えたら、
ものすごくいいことが起きると思うんだ。



明日や将来が無くなれば、みんな「いま」を生きだすよね。

「いま」の中には不安や心配はない。
不安や心配は未来のものだから。


人間に時間感覚があったせいで、未来への不安や心配が生まれた。
それがさらには隣の国を滅ぼしたり、必要以上の食料や金品を蓄えたりすることに繋がっていった。


したがって、人間に時間感覚があるうちは決して争いはなくならない。



だからジョンレノンは歌ったんだ。

imagine all the people
living for today...

世界中の人が、もし今日という日だけを生きていたら・・・・争いは無くなるって。



もし時間が消えたら、あとはみんなで楽しむことしか残っていない。
毎日がお祭りだ。


もし戦争が無くなったら・・・

それはこの世が一挙にパラダイス化することにつながる。

それは全人類にとって、とんでもなく幸せな世の中だ。


それは想像を超えている。

あー書きたい!!!
でもその前に、仕事。



また後でね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

銀河の片隅に、文明を持った二つの惑星があります。 ゲイル星とシェイル星という、まるで双子のような星です。 二つの星はそれぞれに高度な知的生命体(人間)が住んでいますが、その文明は大きく異なっています。 ゲイルと呼ばれる星では、人々はお互いを警 ... 続きを読む



銀河の片隅に、文明を持った二つの惑星があります。
ゲイル星とシェイル星という、まるで双子のような星です。

二つの星はそれぞれに高度な知的生命体(人間)が住んでいますが、その文明は大きく異なっています。


ゲイルと呼ばれる星では、人々はお互いを警戒しあっています。
自分以外は皆、油断できない存在です。
いつ襲い掛かってくるか、いつ騙されるかわかったもんじゃありません。

人を信じる事が出来ないので、自分の本当の顔を決して見せることはありません。
たとえ相手が味方だろうと、それなりの仮面を付けて接しています。
心を開いたり信頼したりすることなど滅多にありません。


相手より優位に立つ事が、自分の価値の証明だと思っているので、足を引っ張りあったり、批判しあったりすることが日常化しています。


本当は誰も心からの幸せなど感じていないのですが、自分だけはうまくいっているような顔をして生きています。
だからいつまでたっても問題の本質が見えてきません。

この星の住民に蔓延している態度は欺瞞です。


そして毎日、多くの罪なき動物達が虐殺されています。
動物達には魂はない、たとえあったとしても自分達より大きく劣っていると本気で信じているのです。

怯える彼らを容赦なく無惨な方法で殺し、皮を剥ぎ、肉を削ぎ、その肉を人々は我先にと貪ります。

綺麗なドレスを着た婦人が、子供の肉は柔らかくて美味いと言って微笑んだり、タキシードを着た紳士が、血のしたたる生肉を新鮮だと言って自慢したりします。


この星ではマヌーという金属が何よりも大切にされます。
何故ならば、それを使えば何でも手に入れる事ができ、人を支配することさえも可能だからです。
多く持つものは尊敬され、持たない者は軽く見られます。

したがって人々は、それを手に入れるために奔走し、時には人を騙したり、殺したりする事だって起こります。


それが国規模の奪い合いになれば、適当な理屈をつけて相手国に攻め入り、大量に人を殺害し略奪します。
しかもそれを正義だと言い張ります。
そんな正義の殺し合いは、数限りなく繰り返されてきました。

残酷なゲイル星人の殺害方法はますますエスカレートし、たった一回の爆発で皆殺しに出来る爆弾まで発明され、いつ使われてもおかしくない状況の中で、皆が恐れ慄きながら生活するようになりました。


さらには自分達さえ良ければいいと思っている彼等は、星の豊かな緑や地下資源を使いたい放題に使い、いまやゲイル星自体が瀕死の状態になっています。

ここまで愚かなことをやっているのに、この星の住人達は、自分達は優れた素晴らしい生命体だと信じているのです。



さてもうひとつ、シェイルと呼ばれる星があります。

この星には法律も警察もなく、支配するものも支配されるものもいません。

人々は、皆が自分の分身だということを理解しているので、自分を大切にするのと同様に人を大切にします。

したがって奪い合うことはなく、与え合う事が日常化しています。
奪うより与えたほうが幸せであることを、あたりまえのように皆が知っているからです。

仕事もやりたい人がやりたいことをやっています。
人に喜んでもらいたいという気持ちが基本にあるので、社会に必要なのに誰もやっていない仕事があれば、我先にと喜んで受け持つために、常に全てのニーズが満たされています。


どんな仕事でも、働くことは義務ではなく、喜びなのです。

働いても自分だけが何かを手に入れることはありません。
ゲイル星のマヌーのような金属は、あったとしてもそれは皆のものであり、それを持ったからといって、何かがよくなるわけではありません。

人間はこの星のリーダーであることを自負し、あらゆる生き物を愛と調和の中に組み入れ、それぞれがバランスよく共存していけるシステムを完成させました。
自分達の科学の発展を、殺すためではなく、あらゆる命を慈しむ方向で使用してきたのです。


家族のような単位もありません。
全員が親子兄弟や恋人のようなかかわりを持ち、互いに愛し合い、認め合い、気が合えば二人きりで暮らすこともあり、いつまでも二人で暮らす魂たちがいたかと思うと、そこでの学びを終え、より自分の成長に効果的な環境を求めて旅立つ者たちもいます。

いずれにしても争うことはなく、事はスムーズに展開していきます。


子育ては主に年長者の仕事です。
最も知恵のある者達が、新しい命に対して十分な愛と教育を担っています。
子供一人に対して何人もの養育者がいるために、どんな子供も溢れんばかりの愛を受けて育ちます。


この星の主な行事は祝祭事です。

存在を祝い、大宇宙の叡智を祝い、歌や踊りが至る所で繰り広げられています。

笑い、喜び、信頼、愛、自由、感謝がこの星の主な感情で、それは住人達の間を縦横無尽に行き交っているのです。

したがってとうの昔にストレスや病は克服され、平均寿命も千歳を超えていますが、みな若々しくエネルギーに満ち溢れています。


全てがひとつであることを理解しているので、死や消滅など存在しないことを知っていますが、今の身体を十二分に楽しんだら、死という名の休息に入り、また新たな冒険の旅の準備をします。

そうやってますます愛に溢れた魂に成長していくのです。


え?そのうちゲイル星人に攻撃されて滅ぼされないかって?

シェイル星は個人の発見や発明を瞬時に皆で共有してきたので、飛躍的な速さで科学が発達してきました。
しかも魂の向上にともない、惑星全体が荒々しい物資次元を超越していて、ゲイル星人からは透明で見る事さえ出来ません。


ひとつとっておきの秘密をお教えしましょう。

実はゲイル星人もシェイル星人も、同じ能力を持った同じ存在なのです。

ただ存在の基盤に愛のエネルギーを選んだか、恐れのエネルギーを選んだかの差が、これほどの違いとなって現れたのです。


そして最後にもうひとつ、とっておきの秘密です。

今ゲイル星の一部に変な噂が飛び交っています。
ゲイル星暦2012年12月22日に、多くの魂がシェイル星に移り住むというのです。

でもほとんどのゲイル星人達は、見えないシェイル星の存在さえも信じないので、単なる戯言として相手にしていません。


実際には移り住むのではなく、ゲイル星がシェイル星の状態に近づく準備が始まろうとしているのです。

その先導の役目は、危機に瀕したゲイル星をなんとかしなければという使命感を持った魂達が担っていくことになるでしょう。
そしてその力に感応するかのように、多くの魂たちが目覚めの時を迎え、ゲイル星そのものの波動が大きく動き出すのです。


そしてそれはもう始まっているのかもしれません。



おしまい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、毎日のようにワクワクしている自分がいます。 それは自分がもっと成長していきたいという思いが膨らんでいるからであり、そのきっかけになったのがアセンションという考え方です。 だからでしょうか、最近になってアセンションに対する様々なインスピレーショ ... 続きを読む


最近、毎日のようにワクワクしている自分がいます。

それは自分がもっと成長していきたいという思いが膨らんでいるからであり、そのきっかけになったのがアセンションという考え方です。
だからでしょうか、最近になってアセンションに対する様々なインスピレーションが訪れるようになりました。

アセンションとはある時期が来たとき、準備ができている魂は、より高い次元に移行していくというものです。

でも僕の直感は、いま巷でまことしやかに言われているものとは若干違います。


ちょっと考えてみてください。

もしあなたが不衛生で危険に満ちた貧困街にいたとして、そこにリムジンカーが「お迎えに参りました」と言ってあなたを連れにきたとしたら、あなたは自分だけその車に乗り込みますか。

それとも、家族や友人が住むその街を、より癒したい、より住みやすくしたいと願いますか。


すべての存在は我々の一部です。
気づいた人の使命は去ることではなく、再生に協力することだと思うのです。


子供達や孫達の時代に、よりよい地球やよりよい社会を残すために、まずは自分自身が成長していく、それが本来のアセンションの意味だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日曜日の朝、今日はこんな話から始めてみようか。 毎日毎日、目の前をいろんなシーンが現れては消えていくよね。 まるで映画みたいだ。 それを僕達は人生と呼ぶ。 そこに何が映ったかは、思われているほど重要じゃないんだよ。 重要なのは、それをどう解釈 ... 続きを読む



日曜日の朝、今日はこんな話から始めてみようか。


毎日毎日、目の前をいろんなシーンが現れては消えていくよね。
まるで映画みたいだ。
それを僕達は人生と呼ぶ。

そこに何が映ったかは、思われているほど重要じゃないんだよ。
重要なのは、それをどう解釈したかだ。

映ることは選べなくても、解釈は選べる。

その解釈が人生を創り出している。
その解釈が自分の人間性を決めている。


同じ世界を見ていても、そこが悪意に満ちた危険な場所なのか、優しさに溢れた愛すべき場所なのか、それは見る側の見方の違いだ。


すごく簡単な例で言えば、
風呂で身体を洗って垢が出たとき、それは汚いことなのか、綺麗になったことなのか。

子供が初めて反抗したとき、生意気になったのか、大人になったのか。

失職したとき、それは家庭崩壊の危機なのか、それとも家族がひとつになるチャンスなのか。



これからも起きることが起きていく。
それ以外は決して起きない。

それを仏陀はタタータと呼んだ。


その起きたことをどう受け取るかで人生が作られていく。


マイナスにしか解釈できないときや、被害者になっているときは、心が病んだときだ。

健全な心は全ての現象にプラスの側面を見つけ出す。

その心の状態を「幸せ」「充実」と呼ぶのだろう。



いつもそのことだけは忘れずに生きていこうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週のラジオでも触れたけど、最近時間の速度がどんどん速くなっていて、従来の24時間が今は実質16時間くらいにしか感じないらしい。 この傾向は益々強まり、2012年12月22日にはゼロになるって?! その時物質界の次元が上昇し、物質を超えたエーテル ... 続きを読む


先週のラジオでも触れたけど、最近時間の速度がどんどん速くなっていて、従来の24時間が今は実質16時間くらいにしか感じないらしい。

この傾向は益々強まり、2012年12月22日にはゼロになるって?!

その時物質界の次元が上昇し、物質を超えたエーテル界(一説には物質世界にいながらにして高い次元を意識する世界)に移行し、そこでは愛と調和に基づいた人間社会が形成されるらしい。


その作用をアセンション(次元昇華)って言うんだって。
え?またですかびっくり!
1999年7の月で懲りたはずなのに、またそんなこと言うとですか?


僕なんか、さらに前の1987年9月に起こるといわれた富士山大爆発が恐くて、ひとりNYに避難した恥ずかしい前歴があるだけに、年月日を指定されるとそれだけで拒否反応がある。

でも今、巷ではまことしなやかに囁かれているわけよ。

その時、アセンションできる魂とできない魂がいて、霊的な理解が深かったり波動が高い魂は上の世界に行けるけど、現世主義、唯物主義、自己中心的魂は取り残されて、今よりさらに荒々しい波動の世界で修行のやり直しさせられるんだって。

本当にそうなったらあなたは上に行けそう?行けなさそう?

こういうブログや哲学・思想カテゴリーに興味を持つような人は行けるのかな?

僕自身はどうかな・・・ここでは生意気言っているけど、自我に振り回されている時のほうが多いし、今までやってきた事が全部ばれたら無期懲役くらいになりそうだし。


実はこの話を聞いたとき、自分の中で思った事があるんだ。
もし万一僕が選んでもらえるようなことがあっても、ご辞退しようって。

ここに残ったほうが成長が早そうだし、なにより残されるっていうことは霊的理解が浅いわけで、そういう人たちがいてくれないと、スピリチュアルヒーラー・エンジェルメッセンジャー・ハイヤーセルフティーチャー・プチブッダとしての活動ができなくなっちゃうもんね。

僕自身も学びながら、僕以上に助けを求める人たちと共に暮らすことにする。

神さま~!!聞いてるか~!!
僕は行かない!!


でもこういう警告のおかげで魂を磨こうとする人が増えるのは素晴らしいことで、この手の流言は歓迎します。



さて、ラジオ収録行って来よっと。
今週が最後で、来週からはオンエアーの時間が金曜夜9時半に変わるよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加