かんながら

阿部敏郎の公式ブログです。

カテゴリ: 時間を超える

なにものにも囚われない素直な心。 そんな気持ちで毎日を生きたいね。 それは本来の僕達のありのままの姿だと思います。 成長とは、新しい資質を身につけていくと言うよりは、生まれながらに無条件に与えられている自分の本質に戻っていくことです。 向令孝 ... 続きを読む


なにものにも囚われない素直な心。
そんな気持ちで毎日を生きたいね。

それは本来の僕達のありのままの姿だと思います。

成長とは、新しい資質を身につけていくと言うよりは、生まれながらに無条件に与えられている自分の本質に戻っていくことです。


向令孝さんが雪安居入制大接心(せつあんごにゅうせいおおぜっしん)という行を終えられたようです。
向さんは一緒に「いまここ塾」を立ち上げた仲間です。

一週間にわたり一日3時間の睡眠のほかは、ほとんど坐禅三昧という行で、終えた今の心境はピカピカそのものみたいです。


それこそが僕ら皆の中に眠っている、ダイヤモンドのような本質です。


詳しくは向さんのブログに、今の心境が載っています。
http://imakoko.ti-da.net/


それから、「時間を超える その4」にHikariさんから頂いたコメントに、相手に近づくやり方として、何か相手が上手くいったことを認め、それを言葉で伝えるとありますが、とてもいい入り方だと思いました。
お世辞ではダメで、本当に見つけた良さを誠実に伝えたらいいと思います。

もし一歩が踏み出せないときは、夜寝る前にでも、その相手の健康や成功を祈ってみます。
最初は抵抗があると思うけど、それをやっても何も失くさないから。

そして心の準備が出来たら行動。
気軽にリラックスして・・・・ね。

人生に深刻さはいらないよ。



良い週末をニコニコ


このエントリーをはてなブックマークに追加

僕がこれから話す事はきわめて重要で、準備が出来ている人にとっては、人生を変えるくらいの力をもたらすかもしれない。 ただし、次のステップに進む前に、まずは覚悟を決める必要がある。 でないと、途中で放り出しちゃったり、やる前にあきらめちゃったりするか ... 続きを読む



僕がこれから話す事はきわめて重要で、準備が出来ている人にとっては、人生を変えるくらいの力をもたらすかもしれない。

ただし、次のステップに進む前に、まずは覚悟を決める必要がある。
でないと、途中で放り出しちゃったり、やる前にあきらめちゃったりするからね。



自分が傷つけられたと思ったときにとる態度は、すでに話したように

1 直接間接的に相手を責めたり、否定的な信号を送る。
2 正しいやり方を行動で諭し判らせようとする。
3 その相手と距離をとる。

通常の場合、人はそんな方法を取りながら、心の中に癒されることのない傷みを抱え続ける。


僕はあなたに通常を選んでほしくない。
奇跡の道を選んでもらいたい。


しかしその道は細くて馴染みがない。
だからこそ、まずは覚悟が必要になるんだ。


その覚悟とは、今までの自分のやり方は解決に結びつかなかったことを認めること。
自分を幸せにしなかったことを認めること。

そして、新しいやり方を選ぶと決意すること。

それが覚悟だ。

その不退転の決意を持てたら、すでに50%は成功している。
あとはやるだけだから。



次に何をするかと言えば、自分を傷つけたと思っている相手、恨みを感じている相手に、勇気を持って自分の方から近づいていく。

多くの場合、そんな相手に近づくどころか、距離をとったり隠れたりしているはずだ。
それを自分から近づいていく。

それをするのは怖いだろう。
それに相手に負けたような気がして悔しいかもしれない。

何故悪くない自分が折れるのか。
何故悪い相手にこちらから近づくのか。


その心の抵抗を断ち切って行動するんだ。

そして近づくだけでなく、その相手があなたを通して、安心や愛や勇気や幸せや、ポジティブな感覚を持てるように、心から温かく接していく。

さらに相手がそれを受け取れるような状態を作るんだ。


最初は相手も戸惑うかもしれない。
拒否反応を示すかもしれない。
裏があるのではと訝しがるかもしれない。

相手の反応は関係ない。
あなたがそうするかだ。

一度でダメなら、また適当な時期を見てもう一度それをしていく。

すでに覚悟をしているので、もう戻ることはできない。

それを繰り返すことで、少なくともあなたは確実に成長していく。
そして相手とは違う土俵に存在することを感じ、過去の傷が癒されているのを発見するだろう。

その時、奇跡が起こる。

あなたの傷が癒えたのと同時に、相手のあなたに対する態度も変わっている。

しかし相手の態度が変わるか否かは、すでにあなたにはどうでもいいことだ。
あなたにとって大切な作用は、あなた自身が癒され幸せを感じていくことなのだから。


その幸福感は長年あなたが待ち望んできたものだ。

その感覚が欲しくて、仕事をし、恋愛をし、頑張って生きてきた。

その感覚が欲しくて、未来に様々な計画を立て、欲しい物を手にいれようと頑張ってきた。

その感覚を「いまここ」で手に入れたことで、いつか幸せになるために必要だった時間がいらなくなる。


それが「時間を超える」ということだ。



恨みがあなたにしがみついていたのではない。
あなたが恨みにしがみついていたのだ。

その理由は、心の底で、自分が成長してしまうのを恐れていたから。
新しいステージに進むのを恐れていたから。


あなたの恨みが大きければ大きいほど、それはあなたが成長するための推進力になるだろう。




時間とは・・・自分を癒すためのもの。

時間とは・・・自分を成長させるためのもの。

時間とは・・・時間の無い世界に入るためのもの。

時間とは・・・いまここで幸せであるためのもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここまでの話が深く心に浸透した人、よく分からなかった人、いろいろだったかもしれないけど、これからも様々な角度から話を展開していこうと思っているので、またいつの日か「あっそうか」となるかもしれない。 僕はこういう話をしているときが一番生き生きしている ... 続きを読む


ここまでの話が深く心に浸透した人、よく分からなかった人、いろいろだったかもしれないけど、これからも様々な角度から話を展開していこうと思っているので、またいつの日か「あっそうか」となるかもしれない。

僕はこういう話をしているときが一番生き生きしているのが分かる。
きっとこれが天職なんだろう。

今日中に「時間を超える」シリーズを終わらせる予定だよ。


おそらくアップは夜10時か11時頃になる予定。

楽しみに待っていてくれる人への報告でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

遅ればせながら「三丁目の夕日」のDVDを見て・・・泣いた泣いた。 きっとこう展開するんだろうなって予想がついて、そのまま裏切らないで盛り上げてくれる、こういう映画好きだなぁ。 あー面白かった。 さて昨日の続き、僕らの心の底に巣食っている「恨み」 ... 続きを読む


遅ればせながら「三丁目の夕日」のDVDを見て・・・泣いた泣いた。
きっとこう展開するんだろうなって予想がついて、そのまま裏切らないで盛り上げてくれる、こういう映画好きだなぁ。
あー面白かった。



さて昨日の続き、僕らの心の底に巣食っている「恨み」。
これをどう処理するかって話。


もし誰かに対してムカついたり、許せない気持ちを持ったらどうする?

一番やりがちなのが、その本人に直接伝えたり、怒ったり、あるいは間接的にそのことをわからせて反省させようとしたりする。

間接的にわからせるとは、相手の前で落ち込んでみたり、不機嫌な態度を取ったり無視したりして信号を送り、いかにこの私を傷つけたか気づくように仕向けることを言う。

そして相手がそのことに気づいてくれて、罪悪感のひとつでも感じてくれたら自分が少し楽になれるような気がするんだ。


でもこのやり方で相手が謝ったり反省したりする事はめったにない。

相手は相手で自分が攻撃されたと感じて、自分を正当化し、逆にあなたを責めたり、軽蔑したりするのが落ちだ。


次のやり方はもう少し大人だ。
言葉や否定的態度で伝えるのではなく、正しいやり方を見せることで相手に悟らせようとするのだ。
いかに自分が間違っていたかを、こちらの行動で教えてあげようと言うわけだ。

これもうまくいくことは少ない。
そもそも人は、自分が悪かったなんて思う事は稀で、何かがうまくいかないときや対立したときは、自分以外の相手が問題を持っていると考えるのが普通だ。

せっかくおとなしく教えてやっているのに、まだわからないの?
そうやって最初のやり方にもどってしまうこともしばしばだ。


たいていはこんなやり方の後で疲れ果て、相手との距離をとって相手から隠れてしまったりする。

そして「恨み」だけが残ると言うわけだ。


「恨み」は僕達を幸せにしない元凶で、恨まれている相手よりも、恨んでいる自分自身を傷つけている。
相手はいつもこちらのことを考えているわけではないのに、「恨み」を持った自分は四六時中その想いにつきまとわれ苦しむはめになる。

その感情は様々な不快感を生み出し、その苦しみから逃れたくて、ますます相手や周囲に批判的になり、自分は正しいのにという想いを膨らませ、悲劇の主人公を演じ始めることもある。


ついには自分の見方だけが唯一のものだと思いこんで、ますます狭い世界の中に閉じこもってしまう。


そんな経験が重なると、そのうち何に怒っているのかも忘れて、不機嫌な感情だけが残り、幸せや安らぎを見失った状態で毎日を過ごすことになるのだ。

人はそんな心の状態から逃れたくて、目に映る美しいものや憧れを自分に引き付けたくなり、そうすることが心を晴れやかにしてくれると信じ、あれさえ手に入れば、これさえ手に入ればと、外側の世界で奮闘し始める。

でも残念ながら、外側のものが内側の心を満たすことは出来ない。
その二つは存在している次元が違うからだ。


そしてやがて、幸せでない状態が普通の状態になってしまうのだ。


これを特別な人の特別な経験だと思ってはいけない。
まさに我々がはまり込んでしまった、ごくありふれた状態なのだ。


幸せな心の状態にもどるには、自分で自分を癒していくほかない。

そのもっとも早道が「許し」だ。
昨日話したように、歪んでしまった自分の見方を、理解の光で修正するのが一番手っ取り早いのだが、それができないとしたら、次に使うのは「勇気の剣」だ。

なんだかドラクエみたいになってきた。

ここまでの話はとても大切なので、できるだけわかるまで読んでね。
もったいぶるわけじゃないけど、この続きはまた少し後で書くから。


シャワー入って、DVD今日までだから返してくる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

さ、それじゃ今朝の続き。 いつも「今」なのに、いつも今幸せを感じている人はどれくらいいるだろう。 「今を生きる」って言うけど、幸せでなきゃ今を生きられない。 だって幸せでなければ、幸せになるための時間が必要になるから。 そうやって人間は「未来 ... 続きを読む


さ、それじゃ今朝の続き。


いつも「今」なのに、いつも今幸せを感じている人はどれくらいいるだろう。

「今を生きる」って言うけど、幸せでなきゃ今を生きられない。
だって幸せでなければ、幸せになるための時間が必要になるから。

そうやって人間は「未来」という幻想を創り出す。
今日という日が、未来の幸せのために使われてしまう。
いつか、いつか、いつの日か・・・
いつか幸せになるって考えれば、今の惨めさを我慢できるからね。


でも残念ながら、どこまで行ってもいつも「今」なんだなこれが!
このトリックに気づけば、人生観は180度変わるよ。

そして生きる事がもっとシンプルで容易くなる



さて、話を戻そう。

僕達が今幸せを感じれない理由は、ストレス、不安、心配、病、怒り、悩み、嫉妬、後悔、罪悪感、自己嫌悪などたくさんあるけれど、そんな諸々の苦しみの底に眠っているのが実は・・・ジャジャ~ン!!・・・「恨み」っていう感情なんだ。


「恨み」を手放す、すなわち「許し」という作用こそが幸せへの鍵だよ。


それによって、自分本位の見方や、不平不満や、あれもダメこれもダメといった手厳しい批判から解放されて、愛とやすらぎを感じる事が出来る。


だから多くのヒーラー達は「許し」という行為に重点を置くんだ。


そして「許し」というのは、許せない相手に寛大な気持ちを持つとか、我慢するとか、目をつむるとかいうことじゃないんだよ。

そんなことはできないし、できたつもりでも心の底ではまだ許しちゃいない。


「許し」とはね、傷つけた人はいないって理解すること。

ありゃ、ちょっと話が難しくなっちゃったな。

自分が誰かに傷つけられたっていう、間違った解釈を手放すこと。
一方的な見方を改めることなんだ。

こんなひどいことをされたんだから怒って当然だというような正当化や、悪いのは周囲だという被害者意識や、自分は正しいのにという頑なさから自由になることだよ。

そうやって真実を理解していけば、歪んでしまった一方的な見方を改める事が出来る。


歪みが正されれば、そこに見えるのは愛に溢れた自由な世界。
それこそが宇宙の本当の姿。
バラバラに見えていた断片が一つに統合されて、僕達が本来ひとつのものだっていうことが見えてくる。


その状態が「幸せ」と呼ばれるものだよ。


この話がうまく理解できなかった人には、もっとわかりやすい実践的な方法もある。
まだ話したいことはたくさんあるけど、次の機会にするね。
今夜か、明日か、必ず書くから。

今日のブログはまるで「いまここ塾」だね。



最後まで読んでくれてありがとう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはよう。 沖縄も急に涼しくなったね。 風邪などひかぬように気をつけましょう。 さて今朝の話は、幸せに生きる秘訣シリーズその3・・かな・・・4か5か・・・まっいいか。 幸せになるためにはどうしたらいいんだろう。 お金持ちになって、大きな家を ... 続きを読む


おはよう。

沖縄も急に涼しくなったね。
風邪などひかぬように気をつけましょう。

さて今朝の話は、幸せに生きる秘訣シリーズその3・・かな・・・4か5か・・・まっいいか。


幸せになるためにはどうしたらいいんだろう。

お金持ちになって、大きな家を建てて、素敵な恋人作って、シェイプアップして、顔を整形して、出世して、尊敬集めて、有名になって・・・・

多くの人は、そんな考えで生きているよね。
いつか○○○になれたら、○○○が解決したら幸せになれるって。


でも今自分が欲しいと思っているその状態を、実際に手にしている人たちが幸せになっているかって言うと・・・そうとは限らない。

みんな体裁があるから、世間の中では涼しい顔して、問題なくスムーズに生きている顔しているけど、実際はж★ЩФ■Дがーんぐすんムキーうわーんガ-ンだったりする。



もちろん中には幸せな人もいるけど、きっとその人は、それを手にしていなくても、それなりに幸せを感じていると思うよ。

幸せって外側の条件じゃなくて、内側の心の状態と深いかかわりがあるからね。


それに「いつか」幸せになろうって言ったって「いつか」なんて日は永遠に来ない。
だっていつも「今」だもの。

明日だって、明日になってみれば「今」だよ。


今までもずっと今だったし、これからもずっと今だよ。
僕達は今以外に存在した事は一度も無い。

もし今じゃない時があったらぜひ教えて欲しい。

「阿部さん、今は今じゃないよ」ってびっくり!


「今」しかない。
ということは今幸せであることしかないわけだ。



なのに、今幸せを感じてないとしたら、そこには何か理由があるんだよ。

心の深い理由がね。

その代表格は・・・

もったいぶるわけじゃないけど、長くなっちゃったから一旦休憩。

このエントリーをはてなブックマークに追加