かんながら

阿部敏郎の公式ブログです。

カテゴリ: ラジオ

いつも応援ありがとうございます。 人気ブログランキングへ 精神世界ランキング 妹が生まれたのは僕が小学校の一年生の時でした。 第一印象は、「お猿さんみたい・・・」 小さくて、しわくちゃな生き物が母の胸に抱かれていました。 思えば、母はすで ... 続きを読む
いつも応援ありがとうございます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング


妹が生まれたのは僕が小学校の一年生の時でした。

第一印象は、「お猿さんみたい・・・」


小さくて、しわくちゃな生き物が母の胸に抱かれていました。

思えば、母はすでに40歳になっていたわけで、当時にしてみればかなりの高齢出産でした。


いまでもよく覚えているのは、毎朝台所から聞こえてくる母の包丁の音です。


その後、家族の朝食が終わると、忙しそうに妹をおんぶして、仕事に出かける母の姿も目に焼き付いています。


一番早く起きて、一番遅く寝る、それが僕の知っている母の日常です。


若いころから、家族の為、子供たちの為と言いながら、一生懸命に働いていました。

どんな人生だったのかと思います。

美輪さんの「よいとまけの唄」は、具体的な背景こそ違いますが、母の姿と重なるものがあります。


子供心に、親孝行しなくちゃと思って育ちました。


もし僕の家が裕福だったら、若くして上京した僕が、あそこまで頑張れなかったと思います。

人に騙されて、もう故郷に帰りたいと思ったこともありましたが、踏みとどまれたのは、家族に早く楽をさせてやりたいという思いでした。


家族に生かされてきたというのが実感です。


昨日は妹の53歳の誕生日でした。

まさに光陰矢のごとし。



子供の頃の父との会話を思い出しました。

「ねえ、人生って長い?短い?」


少し考えてから父は答えました。

「うん・・・長いような、短いようなだな」


そのことがよく分かる年齢になってきました。


今日もよい一日をお過ごしください。




応援クリック、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング



・・・・・・・・・


ちなみに、昨日母と妹と3人で撮った写真を、フェイスブックにアップしました。

よかったら覗いてみてください(^o^)

FaceBook

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日ラジオに質問が来ていたんだ。 読もうと思って横に置いておいたのが、時間がなくなってしまって読めなくなってしまった。 よく見かける名前だったし、きっとブログも読んでいると思うから、ここで僕の考えを言うね。 その人、今年に入ってから、左右 ... 続きを読む


昨日ラジオに質問が来ていたんだ。


読もうと思って横に置いておいたのが、時間がなくなってしまって読めなくなってしまった。

よく見かける名前だったし、きっとブログも読んでいると思うから、ここで僕の考えを言うね。



その人、今年に入ってから、左右両腕とも骨折しちゃったんだって。


こんなことが起きるのは、仏教で言う「因果応報」ですかって。

自分が過去や過去生で何かしたことの罰なのかって。



じゃ、今日はそんな話をしてみよう。







何故、あなたは両腕を骨折したのか。


答えは単に、「そのように起きた」ということ。

起きた出来事そのものの中には、嬉しい悲しいの感情も、いい悪いの判断も内在されていない。

それはただ「起きた」のだ。



でも僕たち人間は、あらゆることに意味をほしがる。

特に上手くいかなかったことや、不幸な出来事に対しては意味が必要になるんだ。


そして意味を作り出す。

「この出来事は自分に何を学べというのだろう」

「忙しすぎたから少し休めということかな」

「自分は運が悪いからこうなったんだ」

「これで厄払いが終わった」

とか、とか、とか・・・・


過去生の報いだとか、先祖の霊障だとか、霊能者が5人いれば、5通りの意味をくれるだろう。


そしてその言葉を信じれば、その人にとっての人生の一部になる。

そうやって人生が作られていく。



僕らの半生は、そんな意味づけの束のようなものじゃないかな。

出来事そのものは中立でも、そこにたくさんの意味や解釈をつけてきた。


同じ出来事や環境で生きたとしても、人によってまったく違うストーリーになる。



因果というのは、もともとは事象の相依性を表す仏教語で、「因縁果」と言って、すべての存在は単独で存在しているのではなく、さまざまな関係性の中で成り立っているという、諸法無我にも通じる存在理論なんだ。

またいつかゆっくり説明するけれど、とても奥が深い考えなんだよ。



それを俗説にしたのが「因果応報」というもの。

これは語るべき価値もない。

いつの時代も、深遠な教えを簡略化して、世間を惑わす人たちが後を絶たないんだね。



さて、腕を折ってしまったあなた。


どのように考えるのもあなた次第だよ。

どのように考えるかがあなたの人生を創り出していく。

だとしたらどんな人生にしたい?


1ついえるのは、感情も自分で選択していて、どんな感情を選ぶのかも自分次第。

いま人生で何が起きていようと、どんな自分でいるかは自分で選べるんだ。





そんな生意気なことを言っている僕。

おそらく僕なら、「ちぇっ」っと一言、捨て台詞を言って終わりかな(笑)



それとも天に向かって

「お前のせいだ!!」って怒るかもしれない。


え?そんなことしたら罰が当たるって?

そう考えるのもその人の考えで、そうやって人生が創られていくんだよ。




ま、じたばたしても同じ人生。

「気楽にいこうね」







今夜も「いまここ塾」やっています。

一週間の心の荷物をおろしに来てね。

20:00から、中城村、吉の浦会館です(895-6994)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝は「新・願望実現」の続きを書こうと思っていたんだけど、昨日番組に寄せられた相談メールをふと思い出して、あの時はうまく言いきれなかったことをまとめてみようかと思う。 メールは、中3の娘さんと二人暮しの母親からのもので、娘が中2から不登校になって ... 続きを読む


今朝は「新・願望実現」の続きを書こうと思っていたんだけど、昨日番組に寄せられた相談メールをふと思い出して、あの時はうまく言いきれなかったことをまとめてみようかと思う。


メールは、中3の娘さんと二人暮しの母親からのもので、娘が中2から不登校になってしまい、話しかけても話もできない状況が続いていて、心配で胸が押しつぶされそうで、どうしたらいいのかというものだった。


メールだけでは、そうなった原因も、娘さんの性格もなにもわからないし、こうしたらいいなんていう決まったやり方があるわけでもなく、解決方法は思いつかなかいけど、ただひとつ思ったのは、まずこの母である女性の苦しみを少しでも和らげてあげたいということだった。





この女性を胸が押しつぶされそうなくらい不安な気持ちにさせている原因のなかには、中学や高校くらい出ていないと、この子の人生はどうなってしまうだろうということがあるだろう。

せめて人並みにある程度の教育を受けるのが子供の幸せに繋がると考えるからだ。


僕はそうは思わない。


最低限の読み書きと、買い物ができるくらいの計算能力があれば、社会生活は行えると思うからだ。


それにこの先は、社会や経済のシステムが大幅に変化すると思うので、今までの常識(高校くらい出ていなければ)がそのまま通用するとは限らない。


読み書きのほかに大切な要素があるとすれば、どんな社会の変化にも自分を見失わないで、自分の判断ができるように、自信を持たせてあげることだと思う。


だからたとえ中学にこのまま行かなくなってしまっても、この子が人生を生きる力を得ていく道はいくらでもある。



そして母親に対して言えば、目の前の子は自分の子供であるのと同時に、この先自分の人生を自分で作り出していく、独立した一人の人間だということだ。

人生とは、それぞれに与えられた環境や能力という条件を使いながら、道に迷ったり、過ちをおかしたりしながら、傷つき悩みながらも成長していく、先の見えない旅のようなものだと思う。

親心としては、わが子をできるだけ安全に無難に人生を歩ませてあげたいと願うだろうが、もし人生の目的が魂の成長にあるのなら、むしろ困難を多く生きたほうがずっと効果的だ。


幸せならそれもよし、困難ならそれもよしだ。


ここまではラジオでも話せたように思う。




話し足りなかったこととしては、もしかしたらこの女性は、片親であることをハンデと考え、自分が父親の役割もしなければと考えてきたのではないかということだ。


もしそうだとしたら、それは単に形式であって、イメージに過ぎない。


中途半端な父親なら、いないほうがずっとましなケースも多いのだから。


子供は、誰でもいいから自分を愛して受け容れてくれる人間が一人いれば、健全に育つ。

それは実の親である必要さえない。


とかく僕らは周囲と比べて、ある程度他人と同じ条件でないと幸せになれないように思うが、それは間違っている。

幸せの形は人の数だけあって、それはその人を取り巻く条件とは関係が無い。


心の持ち方だ。


今の苦しみにも意味があるとしたら、そんなことを学んで母娘共に自信を持って独自の道を歩む、そんな強さを学んでいるのかもしれない。


ちょうど子供から大人に変わっていく、多感な時期の娘さんなので、ある日突然気持ちが楽になって、学校に行き出したり、母親と話し出したりという可能性もあるかもしれない。


しかし、たとえこのまま学校に行かなくなっても、一般に思われているほど心配はいらないと思う。



誰がくれたメールかも分からないが、できることならその人のそばに行って、「大丈夫だから」って何度でも何度でもわかるまで言ってあげたい。



僕はそのように思っています。





このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は旧暦の2月15日。 今夜は15夜だ。 満月のパワーを受けて、今夜から始まる生放送「青春ど真ん中」 ROKで19:00スタート 沖縄県の人はお聞き逃しなく。 番組への応援メッセージも待っています。 abe@rokinawa.co.jp ... 続きを読む
今日は旧暦の2月15日。

今夜は15夜だ。


満月のパワーを受けて、今夜から始まる生放送「青春ど真ん中」


ROKで19:00スタート


沖縄県の人はお聞き逃しなく。



番組への応援メッセージも待っています。

abe@rokinawa.co.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはよう、寒いね。 朝起きた時あまりに寒いから、ここはいったいどこかと思った。 春なのにね・・・・ 4月から新番組が始まるよ。 毎週月曜日の午後7時から8時 「阿部敏郎の青春真っ盛り」(仮) 放送局はラジオ沖縄。 間違え ... 続きを読む


おはよう、寒いね。

朝起きた時あまりに寒いから、ここはいったいどこかと思った。



春なのにね・・・・




4月から新番組が始まるよ。


毎週月曜日の午後7時から8時

「阿部敏郎の青春真っ盛り」(仮)



放送局はラジオ沖縄

間違えないでね。




新しもん好きの僕は、ウキウキしてますニコニコ


生放送だから、メールで参加してね。



このエントリーをはてなブックマークに追加

嬉しい! ただただ嬉しい! さっき番組が始まった時はメールが数通しか来ていなかったから、 「僕も落ち目だ。もうおしまいだ」って泣きを入れたら、 一気にドバって・・・ 感謝です また生きる力が湧いてきたよ。 みんなありがとう! ... 続きを読む
嬉しい!
ただただ嬉しい!

さっき番組が始まった時はメールが数通しか来ていなかったから、
「僕も落ち目だ。もうおしまいだ」って泣きを入れたら、
一気にドバって・・・

感謝ですぐすん

また生きる力が湧いてきたよ。

みんなありがとう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

さあ始まるよ。話したいことは4時間分。それを凝縮して30分で密度の濃い番組を届けよう。したがって下ネタやってる場合じゃない。でも結局・・・ははは、楽しんでやらせてもらうね! ... 続きを読む
さあ始まるよ。話したいことは4時間分。それを凝縮して30分で密度の濃い番組を届けよう。したがって下ネタやってる場合じゃない。でも結局・・・ははは、楽しんでやらせてもらうね!
このエントリーをはてなブックマークに追加